露メドベージェワ「大胆な紐ドレス姿」投稿ににじむ複雑心境 | FRIDAYデジタル

露メドベージェワ「大胆な紐ドレス姿」投稿ににじむ複雑心境

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

自身のインスタグラムアカウントで反戦メッセージを投稿し世界的に話題を呼んだ、2018年の平昌五輪で銀メダリストのロシア・女子フィギュアスケート、エフゲニア・メドベージェワ。この度、「大胆すぎる紐ドレス姿」を公開し、話題を呼んでいる。「美しすぎる!」「キレイ」「これはアツい」といった称賛のコメントが殺到している。

戦争が続く中、本当の心境はいったい…(本人のインスタグラムより)

「昨晩について」

そうコメントした投稿で、レストランでのひと時を楽しんでいる自分の写真を公開した。メドベージェワは胸元が大胆に開いた大人っぽいドレスを着用。そのうえからジャケットのようなものをはおっている。

メドベージェワは片肘と片胸をドカンとテーブルにのせ、うっとりした表情を見せている。ファンにはたまらない写真だ。一体このあとメドベージェワはどんな夜を過ごしたのだろう。

メドベージェワは1999年ロシア・モスクワ生まれで、父はアルメニア人、母はロシア人。3歳ころからフィギュアを始め、2016年、2017年と世界選手権を2連覇。無敗の絶対女王として君臨していたが、彗星のごとく現れたアリーナ・ザギトワが快進撃を続け、平昌五輪では銀メダルに終わった。

メドベージェワは日本のアニメやジブリ映画が好きなことでも知られる。とくに「美少女戦士セーラームーン」の大ファンで、2016年のドリーム・オン・アイスにて、セーラームーンのコスプレで演技を披露した。

そんな中で、メドベージェワは、ロシアのウクライナ侵攻への抗議を匂わす文章をインスタに掲載し、世界的な話題を呼んだ。メドベージェワがインスタのストーリーズ機能を使って投稿した真っ黒な画像。その黒い画面に「悪い夢のように、一刻も早く全てが終わることを願っています」とのメッセージを添えた。これには、世界中から称賛の声が集まった一方で、身の危険はないのかと心配する声もあがった。

その後、戦争に関する発言を一切しなくなったメドベージェワだが、名指導者エテリ・トゥトベリーゼ氏が主宰したツアー「チャンピオンズ・オン・アイス」に参戦した。メドベージェワ以外にもアンナ・シェルバコワ、アリーナ・ザギトワなどのメダリストがこぞって参加した。

言論統制をしているロシアでは自由に意見を言うことは難しい。しかしこういった形でも、メドベージェワの身の安全が確認できることはファンにとっては嬉しいだろう。しかし、心の底から人生をたのしめないような物憂げな感じも、この投稿からは伝わってくる。いや、それは考え過ぎだろうか…。

いずれにせよ、早くこの戦争が終わり、自由にメドベージェワが発信できる日がきてほしい。

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事