千葉真一 遺産相続手続きで発覚した「偽造借用書」と「遺品盗難」 | FRIDAYデジタル

千葉真一 遺産相続手続きで発覚した「偽造借用書」と「遺品盗難」

享年82 所属事務所社長が実名告発

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
在りし日の千葉と子供たち。前列左から真剣佑、樹里、眞栄田郷敦(まえだごうどん)(22)。確執が噂されるが意思疎通はできている

一枚の借用書が波紋を呼んでいる。

作成者は「前田禎穂(さだほ)」。昨夏、新型コロナウイルスによる肺炎で急逝した千葉真一(享年82)の本名だ。借金の額は1300万円とある。何より衝撃だったのは、長男の前田真剣佑(まっけんゆう)(25・現在の芸名は新田真剣佑)が貸し主だったことだ。千葉の所属事務所『アストライア』代表の鈴木哲也氏が告発する。

「千葉さんの遺産を整理するにあたり、『債権者は届け出てほしい』と代理人がアナウンスしたところ、真剣佑の代理人を務める弁護士がこの借用書を送ってきたのです。昨年9月末ごろのことです。たちまち、『実の親に借用書を書かせる子がいるだろうか』『千葉さんを尊敬していた真剣佑がそんなことをするはずがない』と関係者は紛糾。借用書に千葉さんの直筆サインが入っていたことから、本物かどうか、所属事務所の代表である私が確認することになったのです」

下の写真がその「借用書」だ。鈴木氏は「一目で千葉さんのサインじゃないとわかった」という。写真は、事務所に残っていた千葉直筆のサインである。たしかに筆跡が違う。

「借用書に書かれたサインには見覚えがあった。千葉さんの取り巻き、X氏の筆跡によく似ているのです。借用書に〈君津の家にある家財等を担保と致します〉と書かれているのを見て、恐ろしいシナリオが頭に浮かびました。X氏が借用書を偽造し、千葉さんの遺品を奪おうとしているのではないか、と」(鈴木氏)

鈴木氏がそう訝(いぶか)るのには理由がある。

「遺産相続のために目録を作らなければならないのに、取り巻きたちが『形見分け』していることが、SNSの投稿でわかったのです。千葉さんが暮らしていた君津の家からは映画『戦国自衛隊』で着た衣装など、貴重な遺品がゴッソリとなくなっていました」

千葉の死後、君津の家には「X氏の息のかかった人物」(鈴木氏)だというY氏が居住。遺産を限定承認することを決めていた長女の真瀬樹里(まなせじゅり)(47)と弁護士立ち会いのもと、目録作成のためにY氏の家財道具と千葉の遺品を選別する作業が進められた。

「そこでY氏は、耳を疑うようなことを口にしました。君津の地下倉庫に撮影で使った模造品のピストルがあったのですが、そのピストルにY氏の所有であることを示すシールが貼られていたのです。樹里さんが『このピストルは私が小さいころから自宅にあったものです』とクレームを入れると、Y氏はなんと『X氏から〝金目のものは何でもシールを貼っておけ〟と言われているんです』と返答したのです。その場に私は立ち会っていませんが、証拠が残っています」

件(くだん)の借用書は提出から約1ヵ月後に、何の説明もなく取り下げられたという。

X氏を直撃した。

――千葉さんは真剣佑さんに借金をしていたのですか。

「していました」

――千葉さんは何のために借金を?

「ほとんどが映画関係だと思います」

――取り下げたのはなぜですか。

「債権者リストに自分の名前が載るのが嫌だったから。千葉さんにいくら借金があるのか、計算するために提出しただけで、返してもらうつもりはなかった」

――鈴木氏は「借用書のサインは千葉本人のものではない」と言っています。

「実物を見たけど、違和感はなかった。あれは千葉さんが書いている」

――鈴木氏は「Xさんの筆跡に似ている」とも言っています。

「過去に『X、代わりにサインしとけ』という場面が多々あったから、鈴木が勘違いしているだけ。今回は代筆していない。鈴木こそ、千葉さんに1000万円近く貸していることになっているけど、借用書はあるのか」

――Y氏に「金目のものにシールを貼っておけ」と指示していた、と聞きました。

「そんなことは言っていない。いま、初めて聞いた。Y氏に確認する」

鈴木氏がため息をつく。

「債権の有無は弁護士が証拠を確認しないと認められませんから、X氏が口を挟むことではないです。暴露系ユーチューバーのガーシーが真剣佑を攻撃したとき、名前が挙がっていたのも千葉さんの取り巻きでした。私が百パーセント正当だとは言いませんが、少なくとも彼らは樹里さんや真剣佑のまわりから排除すべき人間だと考えています」

昭和の大スター、千葉真一の輝きが眩(まぶ)しかったぶんだけ、闇も深いのである。

千葉が暮らしていた千葉県・君津市内の邸宅。現在、新生JACが合宿所として利用しているという
1月22日に東京・増上寺で開催された「お別れの会」で展示されていた遺品の一部。映画の衣装等も飾られていた

『FRIDAY』2022年6月10日号より

  • PHOTO山田宏次郎(邸宅)

Photo Gallery4

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事