六代目山口組の武闘派組織「野内組」幹部怪死事件 | FRIDAYデジタル

六代目山口組の武闘派組織「野内組」幹部怪死事件

ヤクザと警察が血眼になって追う「ポーランド人グループ」の存在 大阪・心斎橋で70㎝のビルの隙間に挟まった遺体が発見 鍵を握るのはビルに入る酒場で起きたケンカ

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

大阪では名の知れた武闘派ヤクザが怪死を遂げ、極道社会が騒然としている。弘道会系野内組の幹部の遺体が、5月13日、大阪・心斎橋のビルとビルの隙間で発見されたのだ。隙間はわずか70㎝。まさしく怪死である。

野内組幹部の遺体が発見されたビル。遺体発見の5日前、左のビルのバーでトラブルがあったと見られる

「亡くなったのは、野内組の関将孝(48)という幹部です。ビル関係者が13日の午前9時20分頃に通報し、駆けつけた警官がビルの隙間で血を流して倒れているのを発見した。頭部の損傷が激しく、間もなく死亡を確認。被害者はビル5階の踊り場から落ちたと見られています。損傷が暴行によるものか、ビルから落下した際のものかは捜査中です」(全国紙大阪府警担当記者)

岐阜に本拠を置く野内組の野内正博組長は、弘道会若頭を務める大物だ。六代目山口組きっての武闘派として知られ、高山清司若頭から目をかけられている。暴力団情勢に詳しいノンフィクション作家の溝口敦氏が語る。

「あくまで分裂抗争の決着がついた後の話ですが、野内組長は七代目候補として浮上するほど、知力・経済力・武力を持った人物です。抗争でも名前がよく出ますし、重要な局面での交渉も高山若頭から任されている。今後の分裂抗争においても、野内組が暴力的に神戸山口組の傘下組織を攻めていく可能性は十分にあります。それだけに、幹部がああいった形で死んでいたことは非常に意外でした」

怪死事件発生当初は、神戸山口組による襲撃ではないか、との憶測も飛び交った。実際、5月8日には、大阪府豊中市にある神戸山口組系宅見組の入江禎(ただし)組長の自宅に乗用車が突っ込む事件も起きている。

だが、事件の真相はどうやら抗争とは別のところにあるようだ。亡くなった関氏の知人が語る。

「関さんはもともと六代目山口組系『極心連合会』の幹部でしたが、’19年11月に極心が解散したタイミングで野内組に移ったと聞いています。拠点は大阪市内で、主なシノギは守り代。面倒を見ている飲食店やクラブでトラブルがあったときには、若い衆には任せず、いつも自分が出張って解決していました。ボーイにチップを渡して『頑張れよ』と声をかけるようなVシネ俳優のようなヤクザだったので、みんなから慕われていましたよ」

そんな人望のある人物だったが、若い衆が頭を悩ませていることが一つだけあったという。

「酒癖がメチャクチャ悪いんです。クラブでトイレに立ったかと思ったら別の客と喧嘩しているなんて日常茶飯事。とにかく酒を飲むと気性が荒くなり、誰彼かまわずふっかけていた。その暴れぶりは、大阪のヤクザ界隈でも有名でした」(同前)

遺体発見の5日前、関氏は事件のあったビル内の外国人バーで飲んでいたという。野内組の関係者が語る。

「知り合いと二人で店を訪れていた関さんは、3人組の外国人グループと口論になったそうです。店内で揉(も)めるわけにはいかないので、グループと関さんが外へ。しばらくして店に戻ってきた外国人グループに、知人が関さんの所在を尋ねると、『逃げて行った』と説明したらしいです。携帯電話を店に置いたまま、関さんの行方がわからなくなった。そして5日後、ビルの隙間に挟まっているのが発見されたのです。関さんがバーでトラブルになったのは、ポーランド人のグループと見られています。組の関係者はいま、このポーランド人たちを血眼になって追っています」

酒場の喧嘩が原因ということであれば、このポーランド人グループが神戸山口組のヒットマンである可能性は低いだろう。とはいえ、事件の真相が明らかになるまで、六代目山口組内は緊迫した状況が続きそうだ。

約70㎝のビルの隙間で発見されたと報じられた。遺体は血まみれで、発見後すぐに死亡が確認された
5月19日に大阪府内で行われた野内組幹部の通夜。組葬は条例で禁止されているため、家族葬で執り行われた
5月上旬、東京に現れた弘道会の竹内照明会長。傘下の組員らが外国人グループを追っているとされる

『FRIDAY』2022年6月10日号より

  • PHOTO濱﨑慎治(4枚目)

Photo Gallery4

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事