東京駅に現れた六代目山口組・司忍組長の「圧倒的な存在感」 | FRIDAYデジタル

東京駅に現れた六代目山口組・司忍組長の「圧倒的な存在感」

通行客も思わずたじろぐほどの迫力が…

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
東京駅に姿を現した司忍組長。通行人の男性も思わずのけぞっていた

6月2日の午後15時過ぎ、東京駅の八重洲中央口付近では背広姿の私服警官たちが周囲を警戒していた。鉄板入りとみられるブリーフケースを持つ若い組員の姿もあった。あまりに物々しい光景に通行人も「一体誰が来るんだ」と足を止めていた。

午後16時少し前、屈強な男たちに囲まれて、一人の男が駅構内から出てきた。六代目山口組の司忍組長である。司氏はグレーの背広に黒のネクタイ、サングラスというファッションだった。誰が来るのか待ち構えていた通行人も、その迫力に思わずのけぞっていた。

迎えの車に乗り込む司組長。後ろの車には竹内氏が乗った

八重洲口には六代目山口組の竹内照明若頭補佐が、少し前から待機していた。司氏を出迎える目的だったとみられる。司氏と竹内氏は迎えの車に乗り込み、走り去った。

東京駅で司組長を迎えた竹内若頭補佐

なぜこんな平日の昼間に司氏は東京駅に現れたのか。

「この日、76歳で亡くなった住吉会の関功代表の葬儀が千葉県富里市で開かれました。そこに向かうために新幹線で上京し、車で向かったのだと思います」(捜査関係者)

関功会長の葬儀会場となった共和一家の本部

2日の夕方、千葉県富里市にある共和一家の本部前は多くの組員たちで賑わっていた。建物の前には「関功 儀 葬儀式場」と書かれた巨大な立て看板が置かれている。共和一家は関氏の出身団体であるため、ここで葬儀が執り行われたようだ。

夜19時半頃、そこに2台の車がやってきた。そこには司氏と竹内氏が乗っていた。やはり東京駅に現れた目的は弔問だったとみられる。しかし、わずか10分ほどで司氏と竹内氏は会場から出てきた。すぐにまた車に乗り込み、走り去っていった。

葬儀会場を後にする竹内若頭補佐

この「スピード訪問」はいったいどういう理由だったのか。

「5月上旬に極東会の松山眞一元会長が亡くなった際、葬儀は『会葬』ではなく『家族葬』という形になりました。これは各団体の多くのトップが葬儀に現れることで、襲撃が起きるリスクを考慮した警察からの働きかけがあったと言われています。山口組と住吉会は関氏が会長に就任するまでは没交渉でしたが、以降は友好関係を続けてきました。司氏としても長年の関係から、この義理場は欠かすことができない。

しかし、長時間滞在すれば、警察が住吉会に『注文』をつける可能性がありますし、もちろん襲撃のリスクもあります。そうした中でも、なんとか葬儀には出席したい。そういった流れの中で、『スピード訪問』という形になったのではないでしょうか」(全国紙記者)

葬儀会場を後にする司組長

5月上旬には神戸山口組のナンバー2の自宅に車両が突っ込む襲撃事件が発生した。抗争は再びヒートアップし始めている。

  • 撮影濱﨑慎治

Photo Gallery6

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事