”永野芽郁似”の元タカラジェンヌ男役が「女性に戻るまで」の苦悩 | FRIDAYデジタル

”永野芽郁似”の元タカラジェンヌ男役が「女性に戻るまで」の苦悩

「東の東大、西の宝塚」永遠のフェアリーたちのセカンドキャリア

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

宝塚歌劇団99期生、雪組 陽向春輝の名でタカラヅカを駆け抜けた、大原万由子さん。7年間在籍し、2019年2月に24歳で退団した彼女はいま、積極的にオーディションを受け『僕のヒーローアカデミア』など2.5次元の舞台を中心に活動の場を広げている。今年の9月からは舞台『鬼滅の刃』への出演も決定した。退団後、女優の道を選び、悩んだのは、「女性の演じ方がわからなかった」。どのような苦労があったのだろうか。

プロテニスプレイヤーを目指した少女時代

大原さんのInstagramの写真を見ていると、やわらかい雰囲気の女性らしい表情が多い。インタビューしてみると、太陽のように明るく、タカラヅカ時代の名前の由来がわかるような気がした。話しているうちにくるくるとかわる表情は、人を惹きつける力がある。

もともと大原さんはなんとプロテニスプレイヤーを目指していたそうだ。テニスをきっかけに出会った両親が、3歳から硬式テニスのスクールに通わせてくれたことがはじまり。なにごとも頂点を目指すべきという彼女のポリシーから、プロテニスプレイヤーになるべく努力を重ねた。中学生になる頃には、テニススクールをかけもちし、テニス部にも入部するというテニス三昧の日々を送っていた。

当時は起きているほとんどの時間をテニスに費やしてきたが、どこか冷静に自己分析していたようだ。中学3年生を迎える頃には、自分の成績や周りの選手の実力を見て、プロにはなれないと判断したのだ。

幼いころからテニスへの憧れと同時に胸にしまってあった、女優への夢が開花する。高校1年生になる春、ドラマ『アテンションプリーズ』を観たことで、大原さんの夢ががらりと変わることになる。

「このドラマの真矢ミキさんに憧れて、動画検索をしたら、宝塚歌劇団の動画にたどり着いたんです。それまでは、真矢さんがタカラヅカ出身だということも知らなかったのですが、動画を見た瞬間に、〝ここに絶対入りたい!〟と思ったんです。もっと言うと〝真矢ミキさんになりたい〟と」

タカラヅカに入りたいと決意してからの行動は早く、それまで通っていたふたつのテニススクールを辞め、学校のテニス部にも退部届を出した。さっそく、タカラヅカ受験用の塾を見つけ、入塾させてもらえるように母に頼み込んだ。入塾時にはまだ宝塚歌劇団の公演を生で観たことがなかったというから驚く。入塾してから数か月後に、初めて生で観劇した時には、目指す世界が間違いなくこの場所であると確信したそうだ。

しかし、バレエや声楽もゼロからのスタート。そこからは週5回のレッスンに通い、高校1年生の2月、1年足らずで合格した。テニスで培ったストイックな姿勢が役立ったのだろうか。

宝塚時代の大原さん

男役の立ち姿の“お約束”

現役時代は元気はつらつ!といった、明るいキャラクターで人気を集めた大原さん。

「明るさだけが取り柄だったので、ラインダンスの前の呼び込みをする、ソロで歌い踊るロケットボーイの役をずっとやりたかったんです。退団の1年前にそれが叶いました。途中挫折もありましたが、その役をもらえたことで、諦めずにやってきてよかったなと思いました。その時にもうここではこれ以上輝けることはないだろうと思って、退団を考えたんです。

真矢さんになりたいと入ったタカラヅカでしたから、トップスターになれないんだと悟った時はもちろん悔しさもありましたが、ならば早く違う道を切り開かなければ、と焦り出したんです」

退団後すぐ、3か月の間、百貨店での化粧品の販売を経験。売り場でじっとしているのが苦手だと感じ、やはり、芸能の仕事をやっていこうと再出発をする。レッスンをしながら、アルバイトをして生活することを考え、大手牛丼チェーンで働いたことも。

「違う選択をしたな、と思い、こちらも3か月で辞めました(笑)」

その後は舞台を中心に芸能活動を始めた。2019年12月からミュージカルの舞台に立ち始めた。それからは小劇場で上演されるストレートプレイの舞台にも前向きに取り組んだ。その時にはじめて知った、一般的な「小劇場」に驚きを隠せなかったという。タカラヅカでいう小劇場というと、1000~2000人規模の梅田芸術劇場ホールや日本青年館での公演を指す。しかし、一般的な小劇場の規模は1/10で100~200人のキャパシティ。客席との距離も近く、表現方法を変える必要があった。

もうひとつ、変えなければならないことがあった。それは、これまでの男役から女性の役に挑戦する上での、立ち振る舞いについてだ。音楽学校の試験を受ける前から、大原さんの目標は真矢ミキさんだったため、何度も男役のイメージを思い描き、上級生からの教えも受けたことで、年々、求められる男役に近づいていった。引退後、女性らしい振る舞いがどのようにしたら身につくのか戸惑った時期があったとか。

「男役は立ち姿が特徴的で、両脇は卵一個分開けて、太ももも閉じない仁王立ち。長年、舞台上でもプライベートでも常にこの立ち方だったので、なかなか抜けなくて……手の出し方とかも、女性らしさがないと指摘されることもありました」

本来女性なのだから、「女性に戻る」という表現は語弊があるかもしれないが、宝塚の世界の話。そのきっかけとなったのがアイドルとの共演とミスコンへの出場だった。

撮影:長濱耕樹

「かわいいって正義なんだ」

「昨年の夏と秋に2度、ミュージカル『オープニングナイト』という舞台で高校生役を演じました。メインキャストにアイドルの方がたくさんいて、そこで多くを学んだんです。彼女たちの芝居やダンスの表現を見ていたら、自分を見せるのが本当に上手で。

私はそれまでは明るく、面白い自分が売りだと思っていて、すっぴんで大きなケーキにかぶりつく!とか、素の自分をさらけ出して見てくださる皆さまが笑えるのが表現だと思っていました。でも、自分がこれからどんな女優になっていきたいのかを考えてSNSでの発信の仕方も変えないといけない、と思いました。写真もこだわって載せるべきだと。そこから研究したんですよ。母にカメラマンになってもらって、1カット載せるのに100枚ほど撮ってもらった中から選んでます。

共演したアイドルの方たちはセリフを言う時も、歌う時も絶対に美しいんです。私は発声を意識すると鼻が膨らむんです。一瞬もヘンな顔がないように鏡を見ながら話したり歌ったりする練習をしました。表現の上でそれもすごく大切なことなんだなと思いました」

同じ作品の秋公演のあと、大原さんは「ミスブライダルモデルグランプリ」という大会に挑戦した。ドレスの魅せ方、歩き方、ブーケの持ち方などの立ち振る舞いに至るまでの、女性らしいしなやかな動きを徹底的に練習し、年末に行われた関東地区大会で、みごとグランプリに輝いた。

「8kgの減量をしたんです。男役でがっしりとついた筋肉を落として、女性らしいシルエットに変えました。本当は健康のためにはよくないですけれど、あえてこの時は、食べないダイエットをしました」

たしかに少し前の写真を見ると、別人のように見える表情もある。彼女自身、痩せられたからつながった仕事もあったと思うほど、周りの反応も変わったそうだ。

「知名度もないのに、女優と名乗るのはおこがましいと思っていた自分もいたのですが、そんなことを思っていても何も始まらないんですよね。飛躍していく方法は何だろうと考えるようになりました。女性らしさや、どういう仕草が客観的にかわいく見えるかを研究するようになって。かわいいって正義だなって思うので、これからも努力します(笑)。もちろんその上に実力向上も目指します!」

『僕のヒーローアカデミア』も『鬼滅の刃』もオーディションで出演を勝ち取った。その裏には、毎日欠かさないジム通いとウォーキング、そして休みの日にはダンス、ボイスレッスンをかけ持ちで行った。「絶対に合格する」という強い意志のもと、これほど稽古している人はいないと思えるくらい自信がもてるような努力があったのだ。

「いまの目標はメインキャストで舞台に出演するということです。そして、いつか、真矢ミキさんと共演できる日が来るようにがんばります!」

今後の出演作品も続々と決定している、大原万由子さん。常に目標に向かって自分自身を磨き上げてきた彼女は、ここからさらに高みを目指すのだろう。

【出演情報】

鬼滅の刃 其ノ参 無限夢列車

演劇ユニットブッカーズ旗揚げ公演『サンブンノイチ』

2019年の退団公演の時。当時、まだ24歳だった
「両脇は卵一個分開けて、太ももも閉じない仁王立ち」。宝塚歌劇団在団時のプライベート写真も、つい男役の立ち姿になっていた。
公園の遊具でおどける
トップスター望海風斗さんと♡
★撮影:長濱耕樹
撮影:長濱耕樹
撮影:長濱耕樹
撮影:長濱耕樹
  • 取材・文上紙夏歡

    (うえがみ なつか)ライター/ビューティープランナー。ルミネtheよしもとにて、吉本新喜劇の女優として出演していたという、異色の経歴をもつママライター。多くの雑誌やWEBで美容から旅行、インタビュー記事などを執筆している。また、化粧品などの商品開発を手掛けるほか、生放送のTV通販番組にも出演中。
    趣味は台湾ドラマ鑑賞で、特技は中国語(HSK5級)。台湾との二拠点生活を夢見ている。

Photo Gallery11

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事