ロンブー田村淳「 ツイッターで誹謗中傷する人に取材希望」の深意 | FRIDAYデジタル

ロンブー田村淳「 ツイッターで誹謗中傷する人に取材希望」の深意

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
SNSでの誹謗中傷に苦言を呈した『ロンドンブーツ1号2号』の田村淳

6月2日、お笑いコンビ『ロンドンブーツ1号2号』の田村淳がツイッターを更新し、その内容がネット上で様々な議論を呼んでいる。

《Twitterをストレスの吐口として使ってる人へ…その使い方で人生が好転した成功体験を持ってる方がいましたら、是非とも取材させてください。コメント欄に取材希望と書いてください!こちらのスタッフから連絡差し上げます。ご協力宜しくお願いします》

という内容だ。

淳といえば、5月8日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で誹謗中傷してくるアンチと対話するためだけの携帯電話番号を持っていることを明かしていた。アンチが現れるとDMで“アンチ用電話番号”を教えて直接会話するという。

“コミュニケーションをとる時に罵詈雑言から入るのはおかしいですよね”と諭せば、アンチはたいてい謝罪するそうで、そこからは打ち解けた関係になるというから驚きだ。

《僕はアンチなんてみんな仲間だと思ってます》

と豪語する淳の胆力はスゴい。一方で、どうしてそこまで真剣にアンチに向き合うのかも気になってくる。

「淳さんは最近、報道・情報番組によく出演する中で、ネット上の誹謗中傷がどれだけ大きな問題となっているかを知っている。そのなかで、社会を理解するためにも、ツイッターで不平不満ばかり言っている人が、一体どんな人生を歩んでいるのかということを知りたくなったのでしょう。

自身も有名人ということで、心無い投稿をされることもあるはず。そうしたアンチの書き込みに少し辟易したのかもしれませんね」(スポーツ紙記者)

その投稿の返信を見ると“取材希望”と書いている人もいたが、

《直接言えないイライラとか不満とかを呟くことで、ものすごく楽になりました》

という意見もあるので、こうした考えに淳がどう向き合うのか、今後注目が集まるだろう。

淳はアンチと対話することもあるが、あまりに誹謗中傷がひどいユーザーには、ブロックやミュート機能も使うようだ。“反対意見と誹謗中傷は違う”とツイッターで苦しんでいる人へ呼び掛けた。

先月末にはツイッターに

《僕に何を求めてるのか知らんけど 僕は清廉潔白ではない… 僕にそれを求めてる人は清廉潔白なのか? 僕は他人にも清廉潔白を求めない》

と書き込んだ。SNSの書き込みで心を痛める人は一般人だけでなく芸能人にも多い。

1日には、俳優や音楽家らでつくる『日本芸能従事者協会』が心の悩みをメールで臨床心理士に相談できる窓口「芸能従事者こころの119」を開設。こちらではハラスメントや誹謗中傷などに心を悩ましている芸能人やスタッフのために対応するという。

淳のようにアンチと向き合おうとしている芸能人ほどではないだろうが、普通にスマホを使うだけでも様々な情報が飛び交い、精神が疲弊する時代だ。心が疲れたときはSNSから少し離れるというのも重要ではないだろうか――。

  • PHOTO島 颯太

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事