小室さん夫妻の質素な暮らしぶりは「没落日本の象徴」と嘆かれる訳 | FRIDAYデジタル

小室さん夫妻の質素な暮らしぶりは「没落日本の象徴」と嘆かれる訳

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

「皇籍を離脱したとはいえ、元お姫様が住むアパートメントとしては質素すぎて…。今の日本を象徴しているような気がします」

そう話すのは、NYの不動産会社で主にブルックリンの物件を扱っている秋山富美子さんだ。どういうことなのだろうか…。

「NYの一般的なアパートの家賃は 5000〜9000ドルが相場なので、非常に質素です」とNY在住の日本人(写真:アフロ)

夫妻の住むアパートは、相場よりかなり低価格

「眞子さんがNYに来た当初は、こちらでもちょっと報道されていました。けれどあまりにも地味で目立たないので、最近は話題に上りません。日本では税金を使って贅沢をしていると言われているようですが、ふたりが住むアパートの家賃は4500ドルくらい。NYである程度セキュリティ等がしっかりした物件は5000〜9000ドルが相場なので、非常に質素です」

アパートのあるヘルズキッチンは、治安もそれほどよいわけではない。レストランが多い地域なのでコロナ禍のシャットダウンではゴーストタウン化し、ホームレスが激増したエリアだ。

「どちらかというと子どもを育てるのに様々な困難がある場所。事情をよく知らなかったのか、たまたま便利で安かったから借りたのか…。NYの家賃相場は総じて高いです。高層の新築アパートでフルサービス付きとなると、別のエリアだったら6000ドルはします」

先日も秋山さんがマンハッタンにも通勤が便利な住宅地として人気のブルックリンで2バス・2ベッドルームの物件を4800ドルで出したところ、安さに惹かれて300件もの問い合わせが来たという。

NYでは貸す側として、店子に家賃の40倍の年収があれば安心材料になる。4800ドル(約63万円)の物件に住むなら、単純計算で年収19万ドル(約2500万円)以上が必要。家賃63万円を安いと感じる年収2500万円超えがゴロゴロいるというのは、日本では考えられない状況だ。

結局この物件は5500ドルまで値が上がり、借り手が見つかった。NYでは今、ミレニアル世代(1980〜1995年生まれ)のIT技術者がいちばんお金を持っていると言われている。この物件の借り手もミレニアル世代のIT関係者で年収40万ドル(約5200万円!)。パートナーの女性は教育関係で年収は10万ドルと、どちらも日本人から見れば破格の高額所得者だ。

1割の人が7割の富を持つといわれるアメリカ。貧富の差は激しく、年収の平均値を出すことは難しい。それでも普通の社会人が結婚して2インカムになれば、この程度の家賃は払えるということなのだろう。

「大卒の社会人1年生でも、最低で年に5万ドル(約650万円)。それ以下だったら、求人しても誰も来ないでしょう。ミドルクラスなら6万ドル(約780万円)はもらえると思います」 

インフレの影響もあり急騰するニューヨークの家賃

いちばん稼ぐ年齢でも、日本人はNYでまともなアパートを借りられない!?

「賃金構造基本統計調査」によると、令和2年度、日本全体の年収中央値は「3,967,314円」。ピーク時55〜59歳の平均年収でも「5,041,200円」。いちばん稼ぐ層の平均がNYの大卒初任給を下回っている。

また、日本の社会人2年生(500名)に「30歳時点の目標年収」を聞いたところ、平均は525万円で、これもNYの新卒年収を下回る(ソニー生命2022年3月調査より)。

もはや経済大国の面影はどこにもない日本。一体いつからこんなことになってしまったのか。

「私がNYに来たのは’86年。バブルの始め頃です。当時は“NYは日本に比べて、なぜこんなに何もかも安いんだろう”と思っていました。日本の友達は何をしても儲かっているみたいだし、日本が羨ましかった。 

それが“あれ? 日本よりこっちのほうが高いかな”と思い出したのは15年ほど前。多分その頃からデフレが始まっていたんですね。その後も日本のデフレは延々と続き、今はもう、完全に逆転してしまいました。日本に帰省した時に食事に行くと、こっちの半額くらいかな? と感じます」

長いデフレに寄り添うように、賃金は一向に上がらない。OECD加盟国の賃金伸び率を見てみると、他国が賃金を伸ばす一方で、日本はまるで地を這うようなありさまだ。少子高齢化で働き手が減っている上に非正規雇用が増えているのだから、平均賃金は上がらなくて当然といえるだろう。

これを見たとき、冗談抜きでコロナの感染者数だと思った。感想は以上(OECD 平均賃金調査より算出/期間工.co.jpによる調査より)
30歳の目標年収が525万円というのも悲しければ、ピーク時でさえその目標に全然届いていないのも悲しい…(出典:令和2年賃金構造基本統計調査 (6) 雇用形態別にみた賃金/期間工.co.jpによる調査より)

仕事のクオリティに見合う収入を望むのは贅沢なのか?

「今、旅行に行きたい国はどこか」と各国で聞くと、日本は人気ランキング1位だという。理由は「日本が素敵だから」ではない。「安いから」だ。昔、日本人が東南アジアなどを旅行して安いと感じたあの感覚で、日本に旅行したい人が増えている。 

「ただひとつ違うのは、安いけれどクオリティが高いということ。それが日本のプライドだと思うんです。眞子さんの家賃が今の日本を象徴していると感じるのはその点にあります。日本はお姫様が4500ドルの家賃のアパートに住むぐらい質素な国です。あのご夫婦は地味で目立たなくて、多分ものすごく周りにも気を遣っていて、パパラッチなんかもあまり来ないだろうし、貸し手にしてみたらいい住人だと思うんですよ」

低賃金で高水準の仕事をこなす質素で地味な日本人。逆に言えば、クオリティに見合うだけの賃金をもらっていないということになる。

「日本の若い人は外資系に入ったほうがいいですよ。終身雇用もいいけれど、他に行ったらお給料が倍になるのに転職しないのはもったいない。特殊な技術があるならどんどん外資系の企業に転職し、自国の会社を見捨てていけば、日本の会社も少しは企業努力をするようになるかもしれません」

いつまでも経済大国だの終身雇用だのといった過去にとらわれていると、この泥沼から抜け出すことはできないだろう。

NYに住む日本人は小室夫妻の暮らしぶりに、没落状態の今の日本を照らし合わせて見ている。

秋山富美子(Akiyama Fumiko)1986年よりNY在住。レストラン経営、飲食業のマネージメントなどを経てニューヨーク最大手の不動産会社に入社。約10年間、不動産業に携わっている。

秋山富美子(Akiyama Fumiko)さんのHPはコチラ

■期間工.co.jp「【2022年】日本の平均年収・年収中央値は?職業年齢別の給料比較」はコチラ

  • 取材・文井出千昌写真アフロ

Photo Gallery4

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事