新たに義母の白骨遺体…5歳児遺棄の同居女性「戦慄の洗脳」疑惑 | FRIDAYデジタル

新たに義母の白骨遺体…5歳児遺棄の同居女性「戦慄の洗脳」疑惑

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
再逮捕された石井容疑者。同居者を洗脳していたのだろうか

床下から新たな遺体が発見された――。

埼玉県警は6月6日、柿本歩夢ちゃん(当時5)の顔を平手打ちにし両脚を持って逆さづりにするなどの暴行を加えたとして、母親の柿本知香容疑者(30)と無職・石井陽子容疑者(54)を再逮捕した。2人は今年1月、石井容疑者と内縁関係にある丹羽洋樹被告(34)らとともに歩夢ちゃんを畳に投げつけ虐待。同居する埼玉県本庄市内の民家床下に遺体を埋めたとして、3月にも逮捕されている。

県警が公表したのは、両容疑者の再逮捕だけではない。戦慄の事実も明らかになった。

「現場検証で、床下から新たに高齢女性の白骨化した遺体が見つかっていたんです。死後、少なくとも3年は経っているとか。DNA鑑定の結果、石井容疑者の義母とみられます。

近隣住民によると、義母は石井容疑者から虐待を受けているようだったとか。『殺される!』『押し入れに閉じ込められる!』と叫びながら、裸足で逃げ出す姿がたびたび目撃されています。石井容疑者らが自転車で探すただならぬ様子に、住民が警察へ通報したこともあったそうですが、石井容疑者らは『おばあちゃんは認知症で徘徊しないようにしている』などと話していた。義母の姿は、5~6年前からパタリと見なくなったそうです」(全国紙社会部記者)

叱られる様子をスマホで撮影

石井容疑者は、19歳の時から結婚離婚をくり返している。義母は、元夫の母親だという。

「石井容疑者のもとには、不思議と人が集まっています。柿本容疑者と歩夢ちゃんが本庄市の民家に来たのは21年1月です。柿本容疑者は夫と別居後、近隣の友人の家に身を寄せたが上手くいかず石井容疑者らの家にたどり着いたとか。直後から歩夢ちゃんを閉じ込めた雨水用タンクを叩いたり、ネコ用ケージに監禁するなどの虐待が始まっています。

近くの飲食店には、4人でよく来店していたようです。食事風景は異様でした。丹羽容疑者が1、2時間も歩夢ちゃんを説教していたとか。自分たちだけ食事をし、歩夢ちゃんには何も与えずにです。石井容疑者は黙々と食べ続け、柿本容疑者は叱られる歩夢ちゃんをスマートフォンで撮影することもあったと聞いています」(同前)

警察の捜査などで疑われるのが、石井容疑者の洗脳だ。

「トラブルを抱えた人の話を熱心に聞き、信頼を得る。その後、自分がどれだけ裕福で恵まれた人間であるか、『アナタを幸せにできるか』を説き、思い通りに相手を操るそうです。中には、大金を無心された人もいます。石井容疑者の周囲には、歩夢ちゃんや義母の他にも行方不明になった人たちがいるそうです」(同前)

警察は民家を掘るなどして、さらなる被害者がいないか捜査を進めている。

  • 撮影蓮尾真司

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事