お騒がせ『爆問』太田光にまたも選挙特番を頼むTBSの深刻な内情 | FRIDAYデジタル

お騒がせ『爆問』太田光にまたも選挙特番を頼むTBSの深刻な内情

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
今夏に行われる参議院選挙の特番でスペシャルキャスターに任命された『爆笑問題』の太田光。前回の衆院選に続き、2度目だが…

夏の参議院選挙に向け、各政党が着々と準備を進める中、テレビ各局も「選挙特番」へ向け、臨戦モードに入っている。

そんな中、いち早く司会者を発表したのがTBSだ。『選挙の日2022 私たちの明日』のスペシャルキャスターに、昨年10月の衆議院総選挙に続き、お笑いコンビ『爆笑問題』の太田光が就任することが明らかとなった。

「太田さんといえば、前回初めて総選挙特番でのキャスターを務めたのですが、小選挙区で落選した自民党の甘利明氏に対して『ご愁傷様でした』と発言。また、同じく自民党の二階俊博氏にも『いつまで政治家を続けるつもりですか?』と質問し、ネットなどでは“失礼だ!”と炎上してしまいましたね」(スポーツ紙記者)

当然、TBSにも視聴者から多くの苦情の声があったが、世間の反応とは反対に、局内での評価は高かったという。そこにはTBSの悲しい事情があるようだ。

「’17年の衆院選、’19年に行われた参院選ともに、選挙特番の視聴率でTBSは断トツの最下位でした。それが、太田さんがキャスターを務めた前回の衆院選は、結果的にビリだったのですが、ブービーのフジテレビといい争いをしたのです」(TBS関係者)

炎上覚悟の上、今回も話題性のある太田を起用したというのだが…。

「本来であれば、局内のエースである安住紳一郎アナがキャスターを務めればいいのでしょうが、昨年から司会を担当している朝の情報番組『THE TIME,』が惨敗。とても中心に据えられる顔じゃない。

とにかく、選挙特番は各局が同じニュースを扱うので、テレビ局のパワーが如実に数字に表れてしまう。そういう意味では、熾烈な戦いなのです」(テレビ局関係者)

太田の脇を固めるのは、『Nスタ』のホラン千秋と『ゴゴスマ』の石井亮次。総合司会は『Nスタ』でホランとコンビを組む井上貴博アナと『NEWS23』の小川彩佳が担当する。

「衆院選と違い、参院選はタレント候補も数多く出馬します。新人だけでも『必殺シリーズ』で有名な中条きよし氏や元『おニャン子クラブ』の生稲晃子さん。さらには芸人の水道橋博士など、バラエティーに富んだメンバーがそろっているうえ、暴露系ユーチューバーとして注目の“ガーシー”こと東谷義和さんも参戦する。そんなひと癖もふた癖もある彼らと太田さんの絡みは、いい意味で注目を浴びるんじゃないですかね」(前出・TBS関係者)

“悪名は無名に勝る”とはまさにこのこと。TBSとしては、太田の炎上も計算の内ということか――。

  • 写真Pasya/アフロ

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事