ガーシーch・東谷義和氏 綾野剛事務所が法的措置も攻撃するワケ | FRIDAYデジタル

ガーシーch・東谷義和氏 綾野剛事務所が法的措置も攻撃するワケ

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
綾野剛やその事務所を執拗に攻撃している暴露系ユーチューバー『ガーシーch』の東谷義和氏(YouTubeチャンネルより)

6月16日に放送された『報道ステーション』(テレビ朝日系)で行われた参院選党首討論が話題になっている。NHK党の党首・立花孝志氏の発言が打ち切られ、途中退席したのだ。

「安全保障の論議をしている際、立花氏は突然、番組プロデューサーから“テーマから逸脱した発言する発言をしないように”という手紙をもらったことを明かしたんです。

ですが、司会の大越健介キャスターが“発言を止めてください”といい遮ったのです。それに怒った立花氏は“有難うございます”と言い残し、自ら退席しました」(スポーツ紙記者)

立花氏が党首を務めるNHK党からは、暴露系ユーチューバーの“ガーシー”こと東谷義和氏が出馬予定だ。彼が攻撃している俳優の綾野剛について立花氏は前日にツイッターで、

《明日、立花孝志がテレビ朝日の生放送に出演します(中略)あたしは綾野剛の淫行について言及する予定です》

と宣言していた。

綾野らが所属する『トライストーン・エンタテイメント』がネット上のガセ投稿に法的手続きを行っていると発表している。念頭にあるのは、東谷氏のユーチューブチャンネル『ガーシーch』で綾野の女性問題を次から次へと投下していた。

同社は公式サイトで、

《現在、インターネット上で弊社及び弊社所属タレント等の名誉を毀損し業務を妨害する事実無根の投稿が複数なされております。弊社はこのような虚偽の投稿を決して容認できません。従って然るべき法的手続等の対応を行っております》

と声明を発表。これに東谷氏はツイッターで、

《テレビ局やスポンサーに言われてやってんのわかるけど、これは一番あかんやろ こんなペラ1枚の否定文で誰が納得すんの?笑笑》

と動じぬ構えだ。

法的措置を全面に押し出した理由については、6月26日にスタートする綾野主演のTBS系ドラマ『オールドルーキー』が控えていることが挙げられる。

「TBSの看板『日曜劇場』の枠。前クールは二宮和也さん主演の『マイファミリー』が好評を博した。その良い流れを切るわけにはいかない。スポンサー側のプレッシャーもあるのだろう。法的措置をチラつかせることで、放送期間中のネガティブ投稿を防ぎたい狙いがあると考えられる」(テレビ局関係者)

ただ、相手は攻撃すればするほど燃え上がるガーシー。近しい関係者によれば

「裁判になったらなったで、まだ出していない証拠を出せばいいだけ」

と主張しているという。

一方で不可解なのが、真偽不明のガーシーの暴露を業界全体がある程度“容認”している点だ。

本来、芸能界の“暗部”は表には出てはいけないもので、煌びやかな世界観を損なう恐れがある。それこそ力のある業界団体が声明を発表するなりしてもおかしくない。

「それが今も静観を決め込んでいる。ガーシーの性格を考えて刺激したくないのだろうが、あまりにも第三者すぎる」

そう語るのは中堅芸能プロ幹部だ。

他方で、これまでガーシーが追及してきた俳優やタレントを並べてみると、前出のトライストーン所属の俳優や城田優、新田真剣佑、などの独立系事務所が多い。直近でもジャニーズ事務所を離れた元SMAP中居正広に対し、親密だった元フジ局員が大麻所持で逮捕されたことを受け警告を発している。

「以前から大手プロダクションの所属タレントの“爆弾”は少なかった。あったとしても、綾野剛さんや城田優さんらのネタに比べればかわいいもの。意図的に大手プロのスキャンダルを避けているように見える」(同・芸能プロ幹部)

例えば、前出のトライストーンは小栗旬や綾野、田中圭ら人気俳優を擁し、芸能界で大きな影響力を持つが、事務所自体の歴史は浅い。古参の大手プロダクションの立場にたてば

「トライストーン俳優の席が空けば、座りたい」

と思うのは当然だ。あるワイドショー関係者は、

「個人事務所や小規模プロダクションの俳優やタレントが狙われている印象を受けます。芸能界は弱肉強食で“新参者”には厳しい世界。ガーシーは大手プロダクションの関係者と連絡を取り合っているともいわれており、そうしたことも関係しているのかもしれません。真偽はともかく、そういわれて納得するぐらい狙い撃ちされている」

と話す。

『ガーシーch』のチャンネル登録者はおよそ123万人。収益化が解禁され、一説には月収は「4500万円以上」といった報道もある。

本人は7月10日投開票の参院選に出馬するそうだが、ネットを通じた選挙戦になる見込みだ。当選の暁には

「政治家と芸能界の癒着を追及する」

と息巻いているが、果たしてどこまでできるか――。

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事