木村沙織「衝撃的に仲良すぎな姉妹ショット」にファン感激! | FRIDAYデジタル

木村沙織「衝撃的に仲良すぎな姉妹ショット」にファン感激!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

元女子バレーボール日本代表選手の木村沙織が、自身のインスタグラムアカウントに「美しすぎる姉妹ショット」を公開し、大きな話題を呼んでいる。「仲良し姉妹、素敵です」「仲がいいですね」「可愛いすぎ」といったコメントが殺到した。

元バレーボール選手の妹とのツーショット!(本人のインスタグラムより)

木村は「まったく同じ洋服買った」という文章とともに、元バレーボール選手で妹の美里さんとの仲良しツーショットをアップした。鏡越しに撮影したとみられる写真で、木村はグレーのトレーナーに金の指輪をたくさんつけている。マスク越しの優しい笑顔が木村らしくてとっても癒される。妹の美里さんはネイビーのニット姿だ。両手でピースをしておりとってもかわいらしい。

さてこの写真で気になるのは、やっぱりその身長差だ。ファンから「身長差がすごい!」といったコメントがみられた。妹の身長は161センチで、姉は185センチと、20センチ以上の差がある。しかし、姉妹そろって圧倒的に美しい……。

木村は17歳にして日本代表に初招集され、アテネ五輪では「スーパー女子高生」として注目された。その後も絶対的エースとして日本代表を牽引し、ロンドン五輪では銅メダルを獲得。リオ五輪では女子インドアバレー選手として初めて4大会連続の五輪出場を達成した。圧倒的美貌から現役引退後は「東京ガールズコレクション」のランウェイにも登場。東京五輪でもコメンテーターとして活躍した。

現在は大阪にて、家族でカフェバーを経営している。昨年10月には開店2周年を記念したお店のオリジナルTシャツを発売し、話題を呼んだ。自ら、Tシャツを着てインスタなどで、体をはって宣伝していた。

妹の美里さんは1991年生まれ。下北沢成徳高校卒業後、姉も所属していた東レ・アローズに2010年に入団。2018年に勇退した。

引退後も仲の良さを見せる木村姉妹から、これから目が離せない……!?

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事