木下優樹菜「朴優樹菜」否定動画のウラに“3億円裁判”の影響か | FRIDAYデジタル

木下優樹菜「朴優樹菜」否定動画のウラに“3億円裁判”の影響か

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
過去から言われていた説をYouTubeチャンネルで否定した木下優樹菜

突然の告白だった。ユーチューバーの木下優樹菜が6月15日、自身のユーチューブチャンネルで「『朴優樹菜』についてお話しします【ユキナの告白】」と題した動画を公開。長年、ネット上でウワサされている本名「パク・ユキナ」説に初めて言及した。

結果から言ってしまえば、これはデマ。木下は

「生粋の下町生まれ、下町育ちの江戸っと子の木下優樹菜でございます!」

と語り、日本国籍を証明するパスポートを映した。勘違いされた原因は木下が芸能界デビュー前、東京・渋谷の『109』にあったブランド『MOUSSY』の店員をやっていたころ、雑誌の取材で自身の名前を書く際に、

「字が汚くて、『木下優樹菜』をテキトーに書いちゃった。そしたら字のクセで『朴優樹菜』と判別された」

からだという。

動画で木下が怒りを表明した理由は、韓国に対する一部ネット民のあまりに卑劣な考え方に異を唱えたかったからだ。

「よく『なんで否定しないの?』って言われるけど、私には韓国人の女友達がいるし、韓国ドラマ大好きだし、BTSにもハマって…。『韓国人じゃない』って否定するの、めちゃくちゃ失礼じゃない!? バカにしてんの! 意味わかんない」

木下の反論はしごくまっとうだ。そんな彼女の主張にコメント欄には

《共感できます》
《一気にファンになりました》

など、木下の姿勢を称賛する声が上がった。

動画では交際中のJ2大宮・MF三幸秀稔との“ラブラブぶり”を匂わせる場面も。毎週のように大宮アルディージャの応援に行っているそうで、“大宮の歌”を熱唱。木下は

「いいよね。最高だよね。頑張れ大宮」

とポーズを決めたが…。

「過去にずっと話題になってきたことについて、これだけ怒りを込めて言及したにもかかわらず、そこまでバズりはしませんでした。彼女の中に、これは『広くみられてほしい』という思いがあったはずだと思いますが…。

彼女のユーチューブチャンネルは昨年10月の1発目が480万回再生、同11月の2回目も210万再生を記録しましたが、その後は急降下。最近は数万回~15万回前後で推移しています。今回の動画も37万回再生(21日現在)と100万回には到底及ばない数に、ショックを受けているのではないでしょうか」(スポーツ紙記者)

そこには、タレント時代から続く木下ならではの“個性”が影響している可能性があるという。

「タレント時代から変わらぬヤンキー調の“タメ口”に不快感を覚える人が多いのは事実です。ただ、それが彼女の“個性”ですからね。それを辞めてしまうと、逆に彼女の熱狂的な支持者たちが離れてしまう危険性はあります…」(同・スポーツ紙記者)

木下をめぐっては、一連の“タピオカ裁判”は昨年10月に終結したものの、もう一つの“美容フェイスマスク裁判”は現在も係争中。‘19年にタピオカ騒動が起きた当時、木下は美容フェイスマスクのイメージキャラクターを務めていた。

騒動の影響で同商品のイメージが悪化したとして、木下は当時の所属事務所とともに、販売元の化粧品メーカーから昨年4月に約3億円の巨額賠償を求められ提訴された。

「提訴から1年が経過していますが、原告と被告は全面的に争っていて、判決時期は見通せません。仮に賠償命令が下れば、木下さんにとっては打撃になるでしょう」(ワイドショー関係者)

ユーチューブでは苦戦続きの木下。だが、ITジャーナリストによれば、彼女なりの打開策があるという。

「過去に公開したセクシーなネグリジェ姿や、露出度の高い服でコミカルに動くショート動画2本はどちらも20万回再生を超えるスマッシュヒット。これが何を意味するかと言えば、木下さんは“長く喋らない方がいい”ということなのかもしれません。ちょっとお色気のあるショート動画を作るのはそれほど難しくないでしょうし、長々と話さなくてもいい。この路線の動画を何本も上げていけば、爆発的な再生回数にはならなくとも、ファン層は徐々に広がっていくのではないでしょうか」

ユーチューブも伸び悩み、木下にとっては我慢の時間が続きそうだ。

  • PHOTO小川内孝行

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事