新宿・歌舞伎町の「売春公園」に若い女性が立つ理由 | FRIDAYデジタル

新宿・歌舞伎町の「売春公園」に若い女性が立つ理由

通称〝交縁〟で立ちんぼする女の子たち

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
夜の大久保公園周辺には、スマホ片手に立っている女性が複数人いる

「この界隈のことを記事にしたいから色々教えて欲しい? やだよ時間ない。えー、ご飯奢ってプラスでお金渡すから?そうだなあ……ご飯代プラス5000円ならいいよ」

ミヅキと称する20歳の女性は、筆者の声かけに警戒しながらも、そう応じてくれた。

6月上旬の平日夜8時頃、西武新宿駅から徒歩2~3分ほどに位置する大久保公園と、その真向かいの大久保病院の間の路地で、ミヅキはスマホをいじりながら立っていた。

大久保公園付近で援助交際をしているミヅキ(仮名)

同じ通りには彼女の他に若い女性が5~6人と、30~50代を中心とした中年男性が20〜30人ほど見られる。ときおり中年男性の一部が、女性たちにひそひそと声がけしているーー援助交際の持ちかけだ。そしてそのまま2人で通りを後にする光景も見られる。ミズキは次のように言う。

「もともと友達がこのあたりでウリをしていて、ウチは去年の秋からここに立ち始めてる。今日は全然お客さん引けなくて絶望してた(笑)」

もともとこの大久保公園を囲む四方の道路や、その奥にある健康施設ハイジア周辺の一帯は、以前から「立ちんぼスポット」して知られ、コロナ禍に入る前には白人や中国人女性の姿もあった。

それがここ最近、あたり一帯を「交縁(こうえん)」という造語が飛び交い、若い日本人の女性の立ちんぼが増えている。手慣れた様子で声を掛ける男もいれば、なかなか踏ん切りがつかない様子で大久保公園の木の柵にもたれかかっている男もいる。

「大久保公園で援交するから、略して『こうえん』」ーー。ミヅキはそう造語の由来を語るが、この名称がいつ頃から流通するようになったかは定かではない。

それでもTwitter上で「交縁」と検索すると「ホ別1.5NS→2NN」「黒髪清楚 G1.5 撮影有」のように、援助交際の情報や値段を報告するツイートが引っ掛かる。中には買った相手が未成年だったことを謳うものもあった。

「NS」は「ノースキンで外出し」、「NN」は「ノースキンで中出し」、「G」は「ゴム着用」の隠語で、隣の数字は交渉金額を示している。なかには上記のツイートのように、女の子を撮影したり、最初に提示された金額から上乗せして“オプション”の交渉も行われているようだ。

「ウチは最後まで(挿入あり)でゴムつけて、ホ別(ホテル代別料金)で1時間1.5(万円)。最初に路上で交渉する際は、『Gでホ別1.5』って伝えておいて、ホテルに着いてから『やっぱりもうちょっと欲しいんだけど…』って伝え、ゴムなしにするか、時間を1時間半に延ばして、2万円に値段をあげたりしてる。

女の子によってはNS1で行く子もいるよ。値段を安くするぶん、時間を短くして回転率をあげる作戦なんだろうけど、私は疲れるからそこまでできない(笑)」

女の子によって金額は多少の幅があるが、この一帯ではミヅキのように1.5~2万円で本番アリが平均的な相場だという。女の子側としては直でお客を取って効率よく稼ぎたいという子が多く、買う側としても比較的安価で顔を見てから交渉できることで、市場が成り立っているそうだ。

「ウチは平均週に2~4日、18~24時前までいて、1日の上がりは平均6~7万円。月換算で言うと稼ぎは50~70万円ぐらい、全盛期だと月100万円稼いだこともあるよ。路上で声をかけてくる人以外にも、個別でやりとりしている人に『今日いるよ』と営業するから、多い時で1日5人ぐらい会っているかな。

交縁に立つ前は、歌舞伎町のデリヘルやコンカフェで働いていたこともあったけど、今が一番コスパよく稼げる。デリヘルは待機の時間もあったり雑費が引かれるので9時間で日給6万円ぐらい、コンカフェは夕方から朝まで働いて2万円弱だったからね」

より良い稼ぎを求め、交縁を拠点にするミヅキ。実家暮らしということもあり、通りに立ち始めた去年の秋頃は月20~30万円ほどの稼ぎで満足していたそうだ。そこから次第に通りに立つ頻度が増えたのは、「メン地下(メンズ地下アイドル)」への「貢ぎ癖」が加速したからだと語る。

「これまでは月に50万円貢ぐのを目標にしていたんだけど、今はそれが最低水準になってる。推しのアイドルとは1000円で1枚チェキが撮れて、その間に1分間喋れるんだけど、それとは別で月50万円使うと1時間デートできて、100万円だとより長時間連れ出せる特典があるんだよね。昨日は5万円使っちゃった。

自分の生活費は食事や化粧品など最低限に抑えて、あとは全額推しに貢いでる。あほらしくて絶望を感じる時もあるけど、一度上限を超えたら下げれないし、推しが可愛いから仕方ないんだよね。大体このあたりに立っている若い女の子もホストとかに貢いでいる子が大半だと思うよ」

しかし、貢ぐ額がかさんでいく一方で、最近では思うように稼げない事情を口にする。

「GW明けぐらいから平均1日3人引ければいいぐらいで、稼ぎは5万円ぐらいに減ってる。最近は交縁に男性も増えてきたけど、大半はスマホをいじって声をかけてこない人ばかり。

あと常連の男性も多いけど、そういう人は物珍しさから、普段あまり来ていない子や新参者に流れていく。ここに立つ期間が長ければ長くなるほど新鮮味もなくなって、お客も引きづらくなっていくのかも。Twitterでも情報が出回るし、このまま稼ぎが微妙ならもう一度デリヘルに戻って、裏オプで本番して直引きしようかな……」

界隈の人通りが増えれば、男性側も女性側も競争が激しくなる。交縁に出入りしている人たちはSNSでの交渉も多く、顔写真や個人情報がネットに晒されれば、歌舞伎町だけでなく社会的に居場所を失うリスクを背負っているわけだ。そして言わずもがな、何らかの犯罪に巻き込まれる可能性もある。警察や行政のメスが入るのは時間の問題だろう。

一方で、危険を孕んだ盛り場は淘汰されては跋扈し、新たな形態が生まれるのが歌舞伎町の常だ。また場所や造語を変えて、界隈は姿を変えていくのかもしれない。

  • 取材・文林英雄

    ライター。1995年、東京都生まれ。ネットメディアを中心に、ノンフィクション、マネー、芸能など幅広く取材。

Photo Gallery2

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事