佐藤栞里 ロケで見せた有吉も絶賛の「圧倒的な愛され力」 | FRIDAYデジタル

佐藤栞里 ロケで見せた有吉も絶賛の「圧倒的な愛され力」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
ロケでの佐藤栞里

「いてくれるだけでいい」

『有吉の壁』(日本テレビ系)でMCを務めるお笑いタレントの有吉弘行にそう言わしめ、今や番組になくてはならない存在となった佐藤栞里。

これまで『有吉の壁』で7年、『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)、『王様のブランチ!』(TBS系)で5年。『1億人の大質問!? 笑ってコラえて!』(日本テレビ系)では9年近くもレギュラー出演を続けており、

「佐藤の存在無くして成立しない」

と、いずれの番組でもスタッフからの信頼は絶大だ。

「『1億人〜』にアシスタントとして出始めた頃は、MCの所ジョージの隣でただ笑っているだけの佐藤に『なんであんな子が?』『どうせ事務所のゴリ押し』といった批判的な声が多かった。ですが、同番組の人気コーナー『朝までハシゴの旅』で一気に人気、そして知名度が上がりました。

泥酔した高齢のおじいさんと朝まで飲み明かし、下ネタに大笑いするその屈託のなさに、おじさん、おばさん視聴者は完全に心を掴まれたのです」(バラエティ番組制作関係者)

佐藤の魅力について、同番組の中で所は次のように最大の賛辞を送っている。

「あなたは純粋だから『この番組のおかげ』とか言ってるけど、それはキッカケにすぎなくて、全部自分のおかげだから。プロデューサーとかディレクター、俺がどうのとか関係ないから。全部あなたの魅力なの!」

だからといって、ただ純粋、天然というだけで大ベテランの心を掴んでいるわけではない。

共演者だけでなく佐藤の人気はスタッフの間でも高いようだ…

「彼女はその日やるべきこと、話すタイミング、トラブルの解消法など、さまざまな状況に対応できるように事前に書き記したノートを現場に持参しています。そのノートを埋めるために、ロケ現場には必ず事前に足を運び、移動のコースを回りながら本番をイメージする。

そういう努力の積み重ねを所さんや有吉さんはちゃんと見ているのです。MCだけではなく、共演者、スタッフからも好かれるのは当然だと思います」(芸能プロ関係者)

先日、体調不良のためアシスタントを休養した『有吉の壁』で、佐藤の代役を務めたお笑いコンビ『パーパー』のあいなぷぅは、

「有吉さん、判定お願いします!」

の判断を仰ぐお決まりのセリフを出すタイミングがわからないと終始、困惑。ネットには、改めて佐藤の能力の高さを評価する言葉で溢れた。

本誌が今年2月に『ヒルナンデス』(日本テレビ系)ロケ撮現場で佐藤を見かけた際も、その片鱗を垣間見ることができた。佐藤の他にお笑いコンビ『チョコレートプラネット』の二人、西川貴教が浅草の街ブラロケを行なっていた。

小柄な男性三人の中にあって、頭ひとつ背の高い佐藤は遠目にもよく目立つ。だからではないだろうが、佐藤はとにかく通行人から声をかけられる。

「演者は常にスタッフに囲まれているのですが、栞里さんは右を向いてニコリと笑って頭をペコリ。左を向いて頭をペコリと、声をかけてくれる通行人にひっきりなしに会釈していました。

撮影中、自分が映っていないところでは周囲に気を配り、近づいてくる見物人に頭を下げながら両方の手の平を見せて注意を促すような仕草もしていましたね。あんな気遣いをされたら、そりゃ共演者だけでなく、スタッフまで“栞里ちゃんLOVE”ですよ(笑)」(番組関係者)

ただ笑顔が可愛いだけじゃない。佐藤の“愛され力”は、努力の積み重ねによって培われてきたものなのだ。

  • PHOTO足立 百合

Photo Gallery2

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事