常陸太田市女性監禁死体遺棄事件 容疑者「スマホに残された映像」 | FRIDAYデジタル

常陸太田市女性監禁死体遺棄事件 容疑者「スマホに残された映像」

二度の逮捕歴がある一方、別荘を所有し大手企業に就職して女性と同居生活 SNSで出会った女性に手錠をかけて……

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
容疑者は所有する別荘を、数年前まで本宅として使っていた。家庭菜園やバーベキューを楽しんでいたという

「容疑者は別荘の地下室で被害女性に手錠をかけ、2時間にわたって監禁しました。容疑者のスマホには、手錠で拘束された女性と容疑者が一緒に写っている画像や動画が残されていました。遺体は監禁されていたと見られる場所から約1㎞離れた山林で発見されましたが、衣服を身につけていませんでした」(捜査関係者)

都内在住の新野(あらの)りなさん(23)が行方不明となり、茨城・常陸(ひたち)太田市の山林で、遺体で発見された事件。逮捕監禁容疑で逮捕された三瓶(さんぺい)博幸容疑者(33)と被害女性はSNSで知り合い、ツイッターでやりとりを重ねて合流したという。

「新野さんが行方不明になった5日、水戸駅前で三瓶容疑者の車に乗り込む姿が防犯カメラに映っていました。容疑者は『会うのは2回目だった』と供述しています」(別の捜査関係者)

監禁の現場となった別荘は水戸駅から車で1時間ほど離れた場所にあり、本宅は神奈川県南足柄市にある。容疑者は同居女性と〝二拠点生活〟を送っていた。

「1〜2ヵ月に一回ほど、週末にやってきて雑草取りや庭の掃除をしていました。女性はここ最近見かけなかったんですが、今年に入って一度見ました。『妻です』と紹介されたこともある」(別荘の近隣住民)

容疑者が女性といる姿は、南足柄市の本宅の近隣住民にも確認されていた。なお、容疑者は同市に拠点を置く『富士フイルム』の子会社に勤務していた。同社に聞くとその事実を認め、こう回答した。

「’17年12月から在籍していて、逮捕後に警察から連絡があり、退社扱いになっています。社内でのトラブルはなく、真面目な勤務態度だったと聞いています」

だが、その前に三瓶容疑者には二度の逮捕歴がある。’16年12月、茨城・ひたちなか市で警察官に暴力を振るって逮捕され、’17年1月には同市で’16年5月に女性を襲ったとして、強制わいせつ致傷容疑で再び逮捕されている。その最中で、容疑者は’16年11月に件の別荘を購入。神奈川に居を移し、大手企業に就職したのは’17年12月だから、とても事件を起こした後とは思えない暮らしぶりだ。

「手錠は合意のものだった」と供述する三瓶容疑者。彼の車のドライブレコーダーには、遺体発見現場付近に向かう映像が残されていた。山林へ向かう10分ほどの道中、彼は何を思ったのだろうか。

21日、東京・富坂署から送致される三瓶容疑者。遺棄の関与については否定し、取り調べでは黙秘を続けているという

『FRIDAY』2022年7月8日号より

  • PHOTO蓮尾真司(三瓶容疑者) 中平 良(別荘)

Photo Gallery4

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事