「人生に嫌気」…ネカフェ立てこもり犯の「虚飾まみれの人生」 | FRIDAYデジタル

「人生に嫌気」…ネカフェ立てこもり犯の「虚飾まみれの人生」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
高校時代のアルバムには「ボクのポルシェ」というおどけた言葉とともにトラクターを操縦する姿が

「うるせぇ、このヤロー!」

インターフォンを通じて警察が人質の安否を尋ねても、男は声を荒げるばかり。具体的な要求もない。だが明け方に自らドアを開けると、突入した捜査員に身柄を抑えられた――。

埼玉県川越市にあるインターネットカフェに男が入店したのは、6月21日午前中のこと。同日夜10時頃、22歳の女性アルバイトが掃除していた個室に押し入ると、彼女を人質にして、内側からカギをかけて立てこもった。男はカッターナイフを1本持っていた。

「女性が戻ってこないことを不審に思った別の店員が、110番通報したんです。駆けつけた警察官らの誘導で、店内にいた約20人が避難。男は警察の説得に応じませんでしたが、約5時間後に身柄を確保され、逮捕監禁容疑で現行犯逮捕されました。女性は軽いケガをしていましたが、命に別状はないそうです」(全国紙社会部記者)

逮捕されたのは、住所・職業不詳の長久保浩二容疑者(42)だ。警察の調べに対し「人生に嫌気がさした」「事件を起こし刑務所に戻りたかった」と話し、容疑を認めている。

「長久保容疑者は、12年11月にも愛知県豊川市で立てこもり事件を起こしています。豊川信用金庫のある店舗で、客や職員5人を人質に13時間にわたり籠城しました。当時の野田佳彦首相の退陣を要求していたのです。逮捕された後、13年4月に懲役9年の実刑判決を受けます。出所したのは今年4月のことです」(同前)

「ヤクザの運転手をしている」

6月23日に送検された長久保容疑者
12年11月の立てこもり事件で逮捕された際の長久保容疑者

『FRIDAY』は、12年に起きた愛知県内の立てこもり事件を詳細に取材していた。当時を知る全国紙記者が語る。

「長久保容疑者は各地の更生施設を転々としていたようで、そこで『自分は幼い頃に両親に捨てられた』などと話していたようです。その話が流れ、当時はワイドショーなどでコメンテーターが『そうした家庭環境が事件の原因ではないか』などと訳知り顔で話していました」

そこで当時、実際に本誌記者が地元である山梨県北杜市を訪れると、これがまったくの虚言であることが判明した。実家は多少古びているものの、広い庭もある、大きな二階建ての家だった。近隣住民はこう語っていた。

「浩二君はあの家で生まれ、学校を卒業するまで住んでいました。なんら変わったところのない、普通の子どもでしたよ。ご両親も真面目そうな方で、お父さんは地元の製作所に勤めていました。4人兄弟で、浩二君は一番上。おじいさんも一緒に住んでいました」

「幼い頃に両親に捨てられた」どころか、家族はおろか、祖父まで一緒に暮らしていたのである。

長久保容疑者は農業高校に進学。卒業アルバムを見ると「ボクのポルシェ」というおどけた文句をつけて、トラクターに乗る長久保容疑者の写真が載っている。ソフトテニス部にも所属していたようで、当時の写真からは、近隣住民が語る「なんら変わったところのない普通の子ども」という言葉通りの印象に映る。

転機は県内の大学に進学した直後にあったようだ。当時の取材で、長久保容疑者の知人はこう語っている。

「大学の同級生と19歳でデキ婚したんですよ。中退しアパートで新婚生活を送っていたんですが、ほどなくして離婚しました」

その後は、地元の友人とも疎遠になったという。しかし、「虚言癖」は相変わらずだったようだ。知人の言葉を続ける。

「(愛知の事件から)10年前に町で会った時には『ヤクザの運転手をしている』と、吹聴していました。それが本当なら地元で話題にのぼるはずなんですが、その話を他の人から聞いたことがありません」

愛知の事件の数年前から窃盗や詐欺事件を起こし、服役と出所をくり返していたという長久保容疑者。今年4月に出所したにもかかわらず、今回またしても立てこもり事件を起こした。

「刑務所に戻りたかった」という言葉は本音だったのかもしれない。しかし、その身勝手な動機で一般の人を巻き込むなど、言語道断である。

12年11月、愛知県内の信用金庫で長久保容疑者の身柄を確保した直後の写真
  • 撮影佐藤茂樹 蓮尾真司

Photo Gallery5

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事