泥沼裁判の人気演歌歌手「和解決着」で新曲準備中 | FRIDAYデジタル

泥沼裁判の人気演歌歌手「和解決着」で新曲準備中

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

2017年に日本レコード大賞の新人賞に輝いた人気演歌歌手・中澤卓也が、元交際女性Aさんに婚約不履行で800万円の支払いを求められている裁判について、6月10日付で和解が成立していたことが1日、明らかになった。

和解調書によると、被告の中澤が原告のAさんに対し、200万円の支払いを命じられている。都内に拠点を置くある弁護士はこう明かす。

「婚約破棄における慰謝料の相場は50万円から300万円と言われています。パートナーとの関係性、浮気や不倫行為の期間の長さによって金額は変わってくるのですが、200万円の支払いを命じたということは、裁判所が原告側の主張をおおむね認めた、と考えてよろしいのではないでしょうか」

昨年9月からはじまった今回の裁判。原告の女性Aさんは、中澤の間に婚約関係があったものの、結果的に婚約を破棄されたこと、Aさん以外の複数の女性とも男女関係を持つなどの交際を知り、弄ばれたことによる精神的苦痛を訴えた。対する中澤は一貫して「婚約関係はなかった」と主張してきた。

しかし今回の和解の内容を見れば、裁判所がAさんの主張をおおむね認めた模様だ。6月10日、代理人弁護士とともに東京地裁に出頭した中澤はどんな気持ちで和解内容を受け入れたのだろうか。

出会った頃はこんな結末は考えていなかっただろう。2018年ごろに出会った中澤とAさんは遠距離恋愛で交際し、2019年3月にAさんは妊娠した。しかしデビューまもなかった中澤は子供を養う経済力に不安を感じ、Aさんに対して中絶を求め、Aさんもその求めに応じた(結局、中絶の手術予定日に流産が判明したため、流産の手術に切り替わった)。

その後、2人は結婚を前提にした交際を始め、中澤の所属事務所社長が2人の同居、入籍の為に縁起のいい日を占い師に相談。昨年4月7日が入籍日の最有力候補にあがった。Aさんが「中澤と婚約している」と考えても不思議のない流れだ。

しかし、この期間に中澤は先輩の演歌歌手、西田あいとも男女関係に発展していた。2021年6月、中澤と西田の二人が男女関係にあったことをAさんが中澤の携帯電話を見て発見。感情的になったのか、Aさんは中澤と西田と思われる女性との性的関係を思わせる、LINEの生々しいやり取りのスクリーンショットをネット上に投稿したのだ。

さらにAさんは、中澤が西田以外の女性Bさんと男女関係をもち、当時未成年だったCさんに性的画像を要求していた事実も知った(Bさん、Cさんの証言については4月12日付でFRIDAYデジタルで報じている)。こんなやりとりが重なり、2人の関係がこじれたことによって、裁判に発展した。

2021年6月ごろ、SNS上にあがった中澤と西田のやりとりと思われるスクリーンショット。Aさんがこのやりとりを発見したことが裁判をおこす引き金になった

5月23日、東京地裁で行われた最終弁論でAさんと中澤は“直接対決”。法廷でも、中澤は一貫して、「婚約関係はなかった」と主張した。

中澤の証言を覆す元所属レコード会社社員の証言

出廷したAさんや、Aさんの父親代わりでもある勤務先の会社社長が「中澤が令和2年(2020年)9月24日に結婚の挨拶に来た」「昨年4月7日の入籍で話が進んでいた」「結婚することは決まっているので『婚姻届を書いておこう』ということで(中澤から)必要情報を聞いて書き込んだ」と主張したが、中澤は「明確には結婚とは言っていない」と繰り返した。

さらに中澤は、Aさんが婚姻届を書き、内容を確認するために写真でやりとりしたことについては「原告(Aさん)が自分で満足するためのものだったのか、としか思えない。今回の写真以外にも(結婚情報誌の)ゼクシィの付録についていたものなども見せられていたので、その延長線上だったのかなと思っていました」と証言した。

Aさんに対する気持ちが冷めた理由として「僕は原告(Aさん)には好意はありましたが、(歌手という)特殊な仕事ですし、いろんな準備をしてそういう(結婚の)気持ちがあるなら、と思っていましたけど、連絡が取れなくなったり、急に別れ話をされたり、そういうことが多々あったので…」と証言。

さらに、昨年6月、裁判の引き金になったLINEのスクリーンショットをAさんにSNS上にあげられた行為を引き合いに出し、「携帯を見られたのは(昨年6月が)2度目でした。過去にも1度あったので、そういうことを考えると(これ以上関係を続けるのは)どうなのかな、と思って……」と明かした。

FRIDAYデジタルが法廷でのやりとりとは別に、中澤が昨年10月まで所属していた元レコード会社を直撃すると、社員のひとりから重大な証言を得た。

「昨年2月26日、中澤の事務所の方から声がかかって、都内で食事をしました。その時に(中澤)本人の口から『結婚します』という報告がありました。その席で『どうやって発表するか』という方法まで相談もあったんです。お相手の女性の名前は出ませんでしたが、お住まいや年齢からして、今回裁判をおこしたAさんで間違いありません」

このことは、一部の演歌関係者の間では周知の事実となっていたといい、中澤が裁判所で「婚約関係はなかった」と言い張れば言い張るほど、その矛盾が際立ってしまうのだが……。

中澤は裁判長から「原告との交際が続いている間に原告以外と性的関係を持ったことは事実なのか。あなたに非があるという理解でいいですか?」という質問に「全然関係ない女性を傷つけてしまった、という点については申し訳ない」と詫びたが、結果的に訴訟に発展したAさんに対しては、最後までお詫びの言葉は出てこなかった。

2019年8月、中澤とBさんとのLINEのやりとり。会えない時は性的画像を求めてきたという

中澤は今後、どうやって再起するのか。和解で決着した2週間後の6月25日、中澤はツアーをスタートさせていた。演歌界に身を置く関係者は眉をひそめる。

「事務所の社長が、水面下で中澤の新曲を自費で出す準備を進めているようです。裁判の結果が出る前から『辞めさせるべき』とか『冷却期間を置いて、出直したほうがいい』という声もあった。今回裁判にまで発展して、中澤君がやってしまった行動を反省して出直すチャンスだったのに、その期間を置かずに歌わせるとは……。何事もなかったかのように歌手活動を続けることで『演歌界はそれが許されてしまう業界』だと思われてしまうと、恥ずかしいですね」

6月25日にスタートしたツアーにつけられたタイトル『陽はまた昇る』に、自分の今の境遇を重ねているとするならば、中澤はまず歌を歌う前にやらなければいけないことがあるのではないだろうか。

2枚とも中澤からCさんのもとに送られてきた、LINEの中身。「●●●見えるように」「●●●触ってるとこ」の部分は伏せ字にしてあるが、女性器を示す言葉が書かれていた

Photo Gallery5

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事