総額10億円でW加入も2軍低迷…巨人・井納&梶谷「背信の今」 | FRIDAYデジタル

総額10億円でW加入も2軍低迷…巨人・井納&梶谷「背信の今」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
20年12月にDeNAから巨人へW加入した井納(左)と梶谷。残念ながら戦力になっていない(画像:共同通信社)

メッタ打ちだった。

6月30日にジャイアンツ球場(神奈川県川崎市)で行われた、楽天との2軍戦。巨人・先発の井納翔一(36)は、9被安打6失点とまったく良いところなく4回でノックアウトとなったのだ。

「井納はボロボロです。6月23日の1軍でのDeNA戦では5回途中から登板したものの、暴投を含む4球連続ボールで1死もとれず降板。原辰徳監督からは、即2軍降格を言い渡されたんです。

この試合でニッポン放送の解説をしていた谷繫元信さんは、辛辣なコメントを残しています。『井納の野球人生が終わりに近づくような4球だったと思いますよ』と。井納はチーム最年長投手。2軍でも結果を出せないとなれば、谷繁さんの言葉通り引退も現実味を帯びてきます」(球団関係者)

井納がDeNAから巨人へFA加入したのは、20年12月だ。当時メジャー移籍が濃厚とされていた菅野智之の穴を埋めるローテーションの柱として期待され、推定年俸は2年総額2億円。しかし巨人では1勝もあげられず、2軍生活が長くなっている。

「井納はああ見えて緊張しがちな性格なのか、注目される場面で結果を出せない傾向があります。人気球団の巨人では、なおさらでしょう。DeNAで通算50勝をあげた実力を、発揮できていません。本人も相当悩んでいますよ」(同前)

復帰のメドすら立たず

日本代表として世界の舞台に立ったこともある井納だが……(画像:スポーツアフロ)

井納と同じタイミングで、DeNAから巨人へFA移籍した野手がいる。4年総額推定8億円で加入した梶谷隆幸(33)だ。

「梶谷は、今季1試合にも出ていません。昨年10月に椎間板ヘルニア、今年5月に左ヒザ半月板の手術を行いましたから。復帰のメドすら立っていないんです。

梶谷の獲得には、当初から反対の声がありました。確かに走攻守3拍子そろった好打者ですが、ケガが多く、身体は満身創痍で満足にプレーできるか不安視されていたんです。度重なる手術で、不安が現実になってしまいました」(スポーツ紙記者)

梶谷は巨人で、リードオフマンとして期待されていた。

「そのため昨季は似たタイプの西川遥輝(日本ハムから楽天)の獲得が見送られたと聞いています。梶谷は複数年契約で、あと2年は巨人にいますからね。しかし実際には、まったく戦力になっていない。総額10億円でW加入した井納と梶谷は、完全に『お荷物』になっています」(同前)

7月2日に史上最速でマジック53を点灯させた首位ヤクルトとの差は、開くばかり。井納と梶谷は、低迷する巨人の足かせになっているようだ。

  • 写真共同通信社 アフロスポーツ

Photo Gallery2

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事