職員女性が告発!日本フットサル連盟の「壮絶パワハラ&セクハラ」 | FRIDAYデジタル

職員女性が告発!日本フットサル連盟の「壮絶パワハラ&セクハラ」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
5月11日、「フットサル連盟(Fリーグ、女子リーグ)に対する業務改善の申し入れについて」と題するnoteが添付されたtwitter。noteには、申し入れのきっかけからあえて公表した理由について8000文字以上にわたって詳細に書かれている

5月11日、一般社団法人・日本フットサル連盟(JFF)に勤務していた女性が同連盟の業務改善を求める文書をウェブサイト『note』に記し、Twitterを通じてすぐに拡散された。わずか数分でリツイート数は1400を超えた。タイトルは「私は死にたかった」。同じ職場にいた人から受けたセクハラ、パワハラに加え、過剰労働の影響で流産してしまった事実まで記されている。このたび、書いた当事者・高橋明美さん(仮名)がFRIDAYデジタルの取材に応じた。弁護士を立てて同連盟に意見書を提出しているが、納得いく回答とは程遠く、このまま話し合いが平行線をたどった場合、JFFを相手に損害賠償を求める訴訟に発展する可能性も出てきた。

フットサルW杯ではあの「レジェンド」も日本代表に

高橋さんがかつて勤務した日本フットサル連盟(JFF)は日本サッカー協会の傘下にあり、1977年に「日本ミニサッカー連盟」として発足。室内で行われる5人制サッカーが「フットサル」に変わった翌年の1995年から現在の呼称に変わった。

日本代表は1989年から始まったフットサルワールドカップ(W杯)に通算4度出場。元サッカー日本代表の三浦知良(現・JFL鈴鹿)が参戦した2012年W杯でおさめたベスト16が最高戦績だ。フットサルの全国リーグ「Fリーグ」で元Jリーグの選手がプレーするケースも増え、2010年W杯で日本代表として活躍した松井大輔も昨年からYSCC横浜に加入した。

サッカー界とのつながりが年々深まるフットサルの世界に身を置く高橋さんは長年、葛藤を胸に秘めてきた。

「これまでセクハラやパワハラ、すごく長い労働時間などについて、改善を求めて内部でずっと訴えてきました。しかし連盟の方々や、さらに上位団体に相談しても、改善の手ごたえを感じられる回答をいただけませんでした。仕事による負担が重なって、数年前に流産してしまったショックは今でも続いています。

『私は死にたい』というタイトルについては、積極的ではないにせよ、そういう感情になったことは何度もあります。私だけでなく、過酷な労働や精神的な圧力によって体調を崩して辞めていった方もたくさんいて、そういった方々への思いもありますし、実際に改善できなければ今後、この業界で働くことを希望する人がまた私と同じような思いをするかもしれませんし、そうなってほしくないと考えました」

高橋さんが告発するきっかけとなったのはかつてJFFの同僚でnoteにも記されたA氏の存在だった。日常的に年齢や見た目、結婚、子供などの話をされていたが、2017年4月、都内で行われた勉強会が決定打となった。

「打ち上げの後、カラオケボックスに行きましたが、そこでAさんから『(高橋さんの)下の毛ってさ~』と非常に直接的で屈辱的なことを言われました。その場にいたのはAさんと男性2人で女性は私だけだったのですが、『ひどいことを言うな』と思いながら、その後も我慢しながら仕事は続けていました」

当時、高橋さんはJFFでは週4日仕事をする契約だった。ただ、当時の連盟のスタッフは高橋さんを含めて6人。平日の業務に加え、試合会場での現場業務をこなそうとすると、休日返上になった。だが、残業代はすべてをつけることはできなかった。改善を求めようにも専用窓口はなく、他の職員も黙って働き続けていた。

そんな状態が1年以上続く中、高橋さんは意を決してA氏に人数を増やすなどの改善を何度も訴えたが、曖昧な返事しかもらえなかった。

noteには記されていないが、2018年冬ごろ、高橋さんはA氏への不信感が最高潮に達する出来事があった。ある物件の購入を希望し、ローンを組むために必要な書類を提出するため、一部A氏にお願いした書類があった。高橋さんはA氏に手元に必要な期日を事前に伝え、途中催促もしたが、期日になっても書類は届かず。そのことが響き、物件が買えなかった。

時間外労働が続き、不動産の一件も起きたため、高橋さんはA氏の上司にあたるB氏に、セクハラ発言も含めて報告。その後、高橋さんとA氏、B氏の3者が顔をあわせ、A氏からは高橋さんへ謝罪もあった。A氏は結局、2019年春に連盟を去り、現在は別のスポーツ団体の幹部だ。

高橋さんがSNS上にあげたnoteの一部。赤枠は「業務改善」を申し入れる大きな引き金となった出来事。A氏は別のスポーツ団体幹部、B氏は現在も日本フットサル連盟に所属する。

「俺に責任をとれというのか」

A氏への処分は下されたにもかかわらず、なぜ蒸し返されたのか。それは高橋さんが、B氏に対しても不信感を拭えなくなる出来事が起きたからだ。

B氏はかつて、JFFの上位団体である日本サッカー協会(JFA)で日本代表チームの代表事業部に勤務。海外とのマッチメークなどの重要な仕事も担った。2010年の南アフリカW杯まで代表強化に尽力し、その後、JFFに出向していた。

A氏が連盟を去る引き金となったのは高橋さんへのセクハラ発言だったが、退任のいきさつについて、B氏は「(JFFの)役員には報告するが、他の職員などには詳細は話さない」と約束していた。にもかかわらず、JFFの外部の関係者からすぐに「A氏が退任した理由は高橋さんへのセクハラだった」という類の発言が高橋さんの耳に届いた。

高橋さんはそれ以前から、B氏から他の職員や関係者のごくプライベートな家庭環境や持病、人権侵害につながる発言も直接耳にし、B氏に対して疑心暗鬼になった。その後、食欲不振やフラッシュバックによる嘔吐、睡眠障害などの症状に陥り、適応障害と診断され、現在も通院中だ。

体調がすぐれない日が続いたため、高橋さんはB氏に「休職をさせてほしい」と相談したが、「人手不足」を理由に却下された。他の職員でもB氏に退職を申し出ながら却下され、しばらく仕事を続けた人もいた。

その後、高橋さんに悲劇が起きる。ある週に新幹線と飛行機を使った出張が続く仕事があった。この2つの出張の合間に2日間の休みがあったが、高橋さんはある職員から急な仕事を頼まれ、休日返上で徹夜で作業し、飛行機での出張に向かった。出張中に骨盤や股関節にひどい痛みを感じた。帰京後に妊娠が分かったが、その数日後に流産してしまったのだ。

<「妊娠がわかったときに一瞬、仕事はどうしようと思ったからこの子はお腹に居続けてくれなかったのでは」と自分を責めて、責めて、責めました>(noteより)

流産が分かって数ヵ月後に適応障害の診断書を提出することでようやく休職することができた。ただ、「自分が休むだけでは根本的な解決にはならない」と、高橋さんはB氏のさらに上司にあたる、JFF上層部のC氏に対し、休職からの復帰後に「B氏の報告を通してではない形で現状を把握し、根本的な組織体制の改善をしてほしい」「他の職員も困っていることがあるはずなので、全員との面談などを実施してほしい」と求めた。C氏はB氏より立場は上だが、自らの仕事の関係で地方に住み、都内にあるJFFには常駐はしていなかった。

復職後、他の職員に聞いても、C氏による面接は行われていなかったことが判明。さらに、高橋さんが長年担ってきた仕事を突然、違う職員の担当に変えられ、メールなどの情報共有からも外された。報復行為とも受け取れる現象に直面した高橋さんは、B氏に「情報共有から外されて困ります」と直談判した。だが、B氏からは「あいつらが勝手にやっていることなのに、俺に責任をとれというのか」と逆に叱責を受けた。

5月25日、都内で行われた日本フットサルリーグのキックオフカンファレンス。4月に日本フットサルトップリーグ初代代表理事に就任したばかりの藤口光紀氏(前列右から5人目)は元浦和レッズ社長。職場の環境改善のためにどんな手を打つのだろうか

訴訟も視野に…

そこで高橋さんは2019年12月、職場環境の改善を求めて、上部団体にあたる日本サッカー協会(JFA)の担当部署に相談。JFAはB氏や高橋さんの職場の同僚に対する聞き込みも行ったが、約3ヵ月後の2020年3月に返って来た結論は以下のような文面だった。

<一部事実であると認められるものの、言い方と捉え方などについて、双方の認識に違いがあるようにも見受けられた>

<お互いの意思疎通が十分ではなかったことも原因であるような印象>

「内部通報の限界」を感じた高橋さんはSNS上で公表する覚悟を決めた。2年以上かけて弁護士を探しながら、今までの経緯を整理。5月11日、SNSで公表したその日に、弁護士を通してJFFに業務改善を申し入れる意見書を提出した。

対するJFFは公式ホームページ上で「本件につきましては、現在調査中でございます」と異例の声明を発表。その後、「コンプライアンス対応チーム」を発足させたが、同チームがどう動いているかということについて、高橋さんのもとに具体的な回答はない。

一方、SNS上で槍玉にあげられたA氏、B氏、JFAはどう受け止めているのか。FRIDAYデジタルは各団体に質問状を送った。

B氏が所属するJFFは「当連盟としても重く受け止めております。つきましては、ホームページでお伝えしているとおり、第三者を交えた対応組織を設置し、現在改めまして調査・検討を進めているところでございます」と回答。

また上部団体にあたるJFAは「本件は当事者同士で対応を協議していると聞いているため、フットサル連盟に直接お問い合わせをいただければ幸いです」と答えた。

ただ、A氏が所属するスポーツ団体は「いただいたご質問につきまして、(スポーツ団体として)本件に対する調査権限がございませんので、回答することができません」と答えた。A氏が質問状に目を通したかについても「前述の回答がすべてです」との返答だった。

高橋さんの代理人弁護士はこう明かす。

「今回の主目的は、残業代や慰謝料といったお金が絡む請求ではなく、何より職場環境の改善です。このまま、こちらが納得いく回答が得られないようでしたら、日本フットサル連盟に対して訴訟をおこすことも視野に入れていますし、日本サッカー協会に対しても意見書を出すつもりです」

覚悟を決めて挑んだ高橋さんの「試合」は、これからフットサルやサッカー界で働きたいと希望する人、同様の職場環境に悩む人たちへの好アシストになるか。「試合」は簡単に終わりそうもない。

2012年、タイで行われたフットサルW杯に出場したカズ(写真:アフロ)
2021年シーズンからフットサルとサッカーの二刀流を続ける松井大輔
松井大輔は本田圭佑(左)とともに2010年南アフリカW杯で活躍。noteに書かれたB氏もこの時期まで代表事業部で活躍していた。

Photo Gallery6

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事