”消えたグラドル”相原美咲が明かす「山ごもりサバイバル生活」 | FRIDAYデジタル

”消えたグラドル”相原美咲が明かす「山ごもりサバイバル生活」

「ミスヤングチャンピオン」に輝いたGカップグラドルが人気絶頂期に突然の"失踪" 彼女は山中でキノコ、カタツムリ、アメンボを食べて暮らしていた

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
慣れた様子で山へと入っていく相原。サバイバル生活で、一人で生きていく力を培ったという

「よく食べたのはアミガサタケのクリーム煮ですね。竹筒の中に水とドクダミ、それに塩を入れてスープにしていました。アメンボは脚を取って甘露煮に。カタツムリも煮て食べました。絶えず飢餓状態だったからかどれを食べても美味しかったですよ」

今から10年前、グラビア界に彗星のごとく現れたGカップ美少女を覚えているだろうか。相原美咲(27)。弱冠17歳でミスヤングチャンピオンを獲得した矢先、彼女は忽然と表舞台から姿を消した。ファンを騒然とさせた失踪劇――当時を相原はこう振り返る。

人気絶頂だった18歳のときに突如山ごもり。舌に乗せて痺れたら毒キノコと判断。虫は生臭くまずかったという

「仕事のプレッシャーで胃潰瘍(いかいよう)になり、2ヵ月間の入院。新しい人生を歩もうと、入院中に事務所に『辞めます』と伝え、携帯を捨てました(笑)。退院後は着替え2着とノート、最低限のお金だけ持って、伊豆の山に入りました。とにかく一人で生きていける力が欲しかったので、食料はすべて山で調達しました」

たった一人でのサバイバル生活は約3週間続いた。山を下りた後は、魚屋やペットショップなどさまざまな職に就き、22歳のときにグラビア界に舞い戻った。

「ファンへの禊(みそぎ)として行ったイベントが、想像を超えた大盛況で……。『必要としてもらえるなら』と復帰を決めました」

現在はグラビアアートレーベル『SWEET DREAMS』に所属。グラドルの傍ら、自身の経験をもとに後輩の育成にも力を入れている。サバドル・相原が再ブレイクを果たす日は近そうだ。

本誌未掲載カット 相原美咲が語る「山ごもり」壮絶サバイバル生活
本誌未掲載カット 相原美咲が語る「山ごもり」壮絶サバイバル生活

FRIDAY2022715日号より

  • PHOTO小松寛之

Photo Gallery4

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事