退社決定…TBS小林廣輝アナへの「女性たちの怒りの告発」 | FRIDAYデジタル

退社決定…TBS小林廣輝アナへの「女性たちの怒りの告発」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
「告発者」のひとりD菜さんと小林アナのツーショット。海ほたるで撮影されたという

TBSの小林廣輝(ひろき)アナが7月6日に自身のインスタグラムを更新。TBSを“卒業”することを発表した。

〈2022年7月末でTBSを卒業致します!報道現場で取材に協力して下さった皆様、スポーツの現場で取材に応じて下さったアスリートの皆様、未熟な私を支えてくださったラジオ・テレビ番組関係者の皆様、出演者の皆様、出版社の皆様、そして何より日頃から応援して下さった視聴者の皆様、本当にありがとうございました!〉

”卒業”という言葉を使っているが、要は7月末で退社するということのようだ。小林アナは’18年にTBSに入社し、『Nスタ』や『アッコにおまかせ!』を担当。視聴者からの好感度も高く、次代のエースアナとして期待されていた。

そのイメージが大きく変わったのが、’21年6月に本誌が小林アナとテレビ朝日の斎藤ちはるアナとの熱愛を報じたこと。その際に、小林アナには二股疑惑まで浮上した。

すると、本誌編集部には多くの女性たちから、小林アナへの「怒りの告発」が多数届いたのだ。本誌はその証言、証拠写真を『FRIDAY』2021年7月9日号で詳報している。以下に再録する。

’21年6月、斎藤アナとの交際について、直撃に応える小林アナ。おどける場面もみられるなど終始余裕があった

本誌’21年6月11日発売号でテレビ朝日・斎藤ちはるアナ(24)との熱愛を報じたTBS・小林廣輝アナ(27)。斎藤アナとのお泊まりデート翌日に別の美女を自宅マンションに連れ帰ったことで、小林アナには二股疑惑が浮上していた。だが、小林アナの交際はどうやら二股では済まなかったようだ。

出るわ出るわ……。本誌報道後に寄せられた情報提供の数は実に12件。そのほとんどが、小林アナと関係を持ったが、彼の不誠実な態度に不満を持っている女性たちからだった。小林アナの呆(あき)れたオンナ好きぶりを、4人の怒れる〝交際女性〟が証言する。

OL・A子さん(20代半ば)

「フライデーの報道が出た直後、彼から電話がありました。言い訳を聞くと、『君とは別れたつもりだった』と。怒りを通り越して呆れてしまいました」

そう激怒するのは、今年1月中頃から小林アナと交際していた、都内の一般企業に勤めるOLのA子さんである。

「交際のきっかけはインスタグラムでした。ある日突然DMで食事に誘われて。食事の後に彼の家に誘われ、エッチをしました。カラダの関係を結ぶ前に私から付き合いたいと伝えたら、彼はハッキリとOKだと言っていました」

その後は月に一度のペースで逢瀬を重ねたA子さん。しかし、交際中から別の女性の影を感じていたという。

「4月頃に彼の家に泊まったら、女性の生理用品やヘアアイロン、化粧品が出てきて。数日後には茶色の長い髪の毛が付いた木製のクシも見つけました。問い質(ただ)すと、小林アナは『妹のものだ』と主張し、最後まで浮気は認めませんでした」

A子さんは報道直後にも小林アナと会う予定だったが、斎藤アナとの熱愛が発覚したことでドタキャンされたという。

「いきなり電話が掛かってきて『撮られた。A子に迷惑がかかるかもしれないから、俺と知り合いだっていうのは黙っていて』と言われて切れました。1時間後にもう1回掛かってきて、『フライデーがハッカーを雇ってスマホの中身を抜き取るかもしれないから、LINEの履歴を消して!』って言われて。保身しか考えていない姿に、ただただ呆れました」

元モデル・B美さん(20代後半)

小林アナと学生時代から知り合いだったと語るB美さんが交際をスタートさせたのは、’19年夏頃。きっかけはやはり小林アナのインスタグラムだったという。しかし、A子さんと同じく、B美さんも小林アナの浮気癖に頭を悩ませていた。

「交際していた間に、浮気を確信したことは少なくとも5回はあります。『旅行楽しかったよ♡』と書かれた絵葉書、大量の歯ブラシ、化粧落とし、女性の下着……。極めつけはベッドの下から大人のオモチャや目かくしなどが出てきて。ただ、問い質すと『妹のものだ』とはぐらかすんです。結局、それが原因で一度別れました。

でも今年5月末に突然『ヨリを戻したい』と連絡があり、彼の自宅で一夜を過ごしました。報道後、私も『フライデーがハッカー雇って君を狙うかもしれない。だからLINEの履歴を消してくれないか』と言われました。謝罪はもちろん、斎藤アナとの関係についても何も説明はありませんでした」

接客業・C香さん(20代半ば)

’20年7月から年末まで関係を持っていたというC香さん。彼女もやはりインスタグラムでナンパされた。

「家に行くたびに違う歯ブラシがありました。メイク落としや化粧品もあって。他の女性もいる人だと気付いていました。結局、気持ちの区切りをつけるために新年を迎える前に関係を終えました。

あと、一度も避妊をしてくれたことがなくて。なんとなく『大切にされていないんだな』と感じ、それが辛かった。私の存在は忘れているのか、報道後も一切連絡はありません。斎藤アナとの交際期間と重なっているかもしれないのに……」

会社員・D菜さん(20代後半)

時は少しばかり遡(さかのぼ)るが、こんな怒りの証言をしてくれた女性もいた。

「’18年夏頃に、彼から告白されて交際を始めました。小林君から『結婚を考えているからご両親に挨拶したい』と言われ、両親にも会わせました。ただその後に、何度も浮気の証拠が出てきて。わずか3ヵ月で別れました。でもまた今年1月頃、連絡がきて飲み会に誘われました。すでに結婚していたので、既婚者だと伝えると、さすがにビビったのか、それ以降は音信不通です」

ウワサの真相を確かめるべく、仕事帰りの小林アナを直撃。しかし、我々の姿を見るなり目をふせ、完全無視。足早に自宅へと消えていった。

まさに『赤坂のドン・ファン』とでもいうべき女性遍歴を持つ小林アナ。情報提供の多さからも、これらは氷山の一角だと思われる。斎藤アナとの交際だけは、真剣だと思いたいが……。

破局直前にD菜さんへ送られた小林アナからの浮気の釈明ライン。すでに使われていないアカウントのため、アイコンは初期設定になっている
ベッドの下にあった大人のおもちゃと女性用アクセサリー。ほかにコスプレ衣装なども隠されていた
B美さんが提供してくれた寝顔「大切な一枚でしたが、今回の件で愛想が尽きました」と一言
ナンパの際は必ず自身の仕事用のインスタDMを使う。「写真、お綺麗ですね」などと声を掛け、食事へ。C香さんも同じ手口で誘われたという

Photo Gallery6

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事