選挙応援中に散弾銃で銃撃 安倍晋三元総理「衝撃の流血写真」 | FRIDAYデジタル

選挙応援中に散弾銃で銃撃 安倍晋三元総理「衝撃の流血写真」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
銃撃直後の安倍元首相(画像は一部加工しています)

路上に仰向けに倒れる男性。スタッフとみられる人物が心臓マッサージをしているようだが、表情は真っ青だ。白いシャツの胸の部分からは、血のような赤い染みが見える――。

安倍晋三元首相(67)が銃撃された。7月8日午前11時半ごろ、奈良県奈良市の近鉄「大和西大寺」駅北口前で参議院選挙の自民党候補者への応援演説中、背後から散弾銃で撃たれた。

「『バン! バン!』という銃声のような音が、2回聞こえたそうです。1発目で大きな煙が上がり、2発目が安倍元総理の背中から胸部あたりに命中したとか。安倍元総理は、その場に倒れ込みます。スタッフがすぐに119番通報。現場は騒然となりました。

安倍元総理がドクターヘリで奈良県立医科大学病院に搬送されたのは、銃撃から数十分後です。銃撃直後は意識があり問いかけにも答えていましたが、その後意識不明に。心肺停止状態だといわれます(7月8日午後2時現在)」(全国紙社会部記者)

安倍元総理を銃撃したのは、奈良県内に住む山上徹也容疑者(41)だ。元海上自衛隊員という情報も出ている。目撃者によると山上容疑者は発砲後、逃亡することなく、その場で脱力するようにへたり込んだという。すぐにSPが取り押さえ身柄を確保。殺人未遂の疑いで逮捕された。犯行に使用した銃は、手製だった。

事件直後、松野博一官房長官は次のようなコメントを発表している。

「いかなる理由であれ今回のような蛮行は許されるものではない。断固非難する」

選挙期間中に、総理大臣経験者が銃撃されるという前代未聞の事件。警察は山上容疑者の経歴や犯行動機について、詳しく調べている。

衝撃の現場(撮影:有村拓真)
衝撃の現場(撮影:有村拓真)
衝撃の現場(撮影:有村拓真)
衝撃の現場(撮影:有村拓真)
衝撃の現場(撮影:有村拓真)
容疑者自宅周辺(有村拓真)
容疑者自宅周辺(有村拓真)
6月22日に参院選候補の生稲晃子氏を応援した安倍元首相(左)
6月22日に参院選候補の生稲晃子氏を応援した安倍元首相
6月22日に参院選候補の生稲晃子氏を応援した安倍元首相
6月22日に参院選候補の生稲晃子氏を応援した安倍元首相
  • 画像共同通信社 鬼怒川 毅 有村拓真

Photo Gallery12

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事