スクープ!今年の『24時間テレビ』ドラマは「二宮&劇団ひとり」 | FRIDAYデジタル

スクープ!今年の『24時間テレビ』ドラマは「二宮&劇団ひとり」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
今年の24時間テレビのメインパーソナリティを務める二宮。今年4月放送クールでは、TBSドラマ『マイファミリー』で主演を務めるなど絶好調

今年も『24時間テレビ』(日本テレビ系)の季節がやってきた。今年は8月27日〜28日にかけて放送される予定だ。今回は『嵐』の二宮和也(39)がリーダーを務めるYouTubeユニット『ジャにのちゃんねる』がメインパーソナリティーを務めることが早くも話題となっている。『ジャにのちゃんねる』といえば、二宮とともに彼が指名した『KAT-TUN』の中丸雄一(38)、『Hey! Say! JUMP』の山田涼介(29)、『Sexy Zone』の菊池風磨(27)らが昨年4月に配信を始め、すでに登録者数は330万人を超えている。

24時間テレビでは様々な企画が放送されるが、目玉のひとつが「スペシャルドラマ」だ。

「スペシャルドラマは『チャリティーマラソン』と並ぶ24時間テレビの幹のひとつです。過去には、当時まだジュニアだった中島裕翔さんも出演した05年の『小さな運転士 最後の夢』や、亀梨和也さんが主演を務めた17年の『時代をつくった男 阿久悠物語』といった作品が放送されて話題となりました。主演はメインパーソナリティの一人が務めることが多い。ドラマの出来は番組全体の視聴率を左右するので、主演を誰が務めるかは非常に重要です。視聴者の間では『24時間テレビのドラマの出演経験がある山田涼介じゃないか』『サプライズ性を重視して、芝居のイメージがない中丸雄一では』などと話題になっています」(スポーツ紙記者)

そんな今年の24時間テレビのドラマの主演は、二宮が務めるということが本誌の取材でわかった。芸能プロ関係者が語る。

二宮さんはジャニーズJr.の時から『嵐』のメンバーで唯一連続ドラマの主演を務める演技派です。日本アカデミー賞­主演男優賞の受賞経験もある。意外性は薄いかもしれませんが、まさに”鉄板”と言っていいキャスティングでしょう」

’12年にも『24時間テレビ』のスペシャルドラマ『車イスで僕は空を飛ぶ』で主演を務め、視聴率23.8%を記録した

さらに今回のオリジナルドラマにはもうひとつ驚きの仕掛けがあるという。それは、監督を務めるのがお笑い芸人の劇団ひとり(45)だということだ。劇団ひとりといえば芸人業だけでなく、映画監督や作家、そして俳優としてマルチに活動している。

「劇団ひとりさんはノスタルジックな人情劇を撮らせたらトップクラスの監督です。今年配信され話題になった『浅草キッド』(Netflix)や初監督作品『晴天の霹靂』はまさに彼が得意とするジャンルで興行的にも成功しました。今回の24時間テレビのドラマも劇団ひとりさんが得意とする人情系になるのではないでしょうか。二宮さんとの絡みは『ニノさん』(日本テレビ系)などのバラエティー番組で見ることはありますが、俳優としては初めてです。オリジナルドラマは元々毎年恒例の人気コーナーですが、主演と監督にこの2人を持ってきた。『24時間テレビ』は昨年は残念ながら”不発”と言われてしまいましたが、今年は日テレが本気で盛り返そうとしているのが伺えます」(前述・芸能プロ関係者)

日本テレビに今回のオリジナルドラマの主演、監督について取材を申し込んだが、締め切りまでに回答はなかった。

6月にソロとしてカバーアルバムを発売した二宮、そして8月下旬に12年ぶりの長編小説を発売する劇団ひとりと絶好調の2人。ジャニーズきっての演技派アイドルと芸人界きっての才能を持つ彼らが生み出す化学変化が地球を救う、かも?

  • 写真近藤裕介町田ヒモ太郎

Photo Gallery2

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事