安倍昭恵さんが夫の葬儀のあとに「涙目で見つめていたもの」 | FRIDAYデジタル

安倍昭恵さんが夫の葬儀のあとに「涙目で見つめていたもの」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
葬儀が終わり、昭恵さんは涙目で「あるもの」を見つめていた

7月12日、東京都港区の増上寺で安倍晋三元総理の葬儀が執り行われた。近親者による「家族葬」という形だったが、岸田文雄首相など、政財界から多くの要人が出席した。安倍氏の「盟友」である麻生太郎副総理が弔辞を読み、

「あんたが私の弔辞を読むことになっていたんじゃないのか」

と故人の死を悼んだ。喪主を務めたのは妻の昭恵さん。夫の衝撃的な死からわずか4日、彼女もまた現実を受け止めきれていないようだ。

「昭恵さんは喪主の挨拶で安倍さんについて『これほど優しい人はいなかった。いつも私のことを守ってくれた』と語ったそうです。参列者が花を手向けるときには、昭恵さんが別れを惜しむように、安倍さんに数分間、頬擦りをしていたそうです」(自民党関係者)

予定より少し遅れ、14時半すぎに出棺となった。昭恵さんは棺を乗せた霊柩車の助手席に座り、車は永田町の自民党本部、衆参議員会館、総理官邸と順に回っていった。夫の位牌を抱いた昭恵さんは憔悴した様子で、うつむいていることが多かった。

すると、ある地点で昭恵さんがふっと何かに目をやった。車の助手席から、じっと国会議事堂を見つめていたのだ。その目には涙が浮かんでいるように見える。国会議事堂を通りすぎると、またうつむいたり、沿道の人に頭を下げるようになった。国会議事堂を見つめていたのは、ほんの一瞬だったが、昭恵さんは何を思っていたのか。

「この日、霊柩車が巡った場所は、もちろんどこも安倍さんとゆかりが深いところです。ただ、昭恵さんはよく安倍さんが総理時代に国会で野党などからの質問攻勢にさらされていることを心配していたようです。もちろんそれは総理として、絶対に果たさなくてはいけない責務ではありますが、本人の体力的、精神的負担を気にかけていた。国会での夫の姿が『辛くてテレビが見られない』と冗談交じりに話していたこともあったそうです。そんな記憶がふと頭をよぎったのかもしれません」(前出・自民党関係者)

今はただ安倍元総理の冥福を祈りたい。

目を伏せる昭恵さん
後日、お別れの会が開かれるという
  • 撮影鬼怒川毅

Photo Gallery3

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事