ホテルでメイド絞殺…37歳男「歪んだ思い込みの呆れた犯行動機」 | FRIDAYデジタル

ホテルでメイド絞殺…37歳男「歪んだ思い込みの呆れた犯行動機」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
思い込みから18歳の女性を絞殺した宮城容疑者

「首を絞めて女性を殺害してしまった……」

7月11日の明け方、そう言って男がJR池袋駅(東京都豊島区)近くの交番に自首してきた。交番にいた警官は、スグに捜査を開始。数百m離れたラブホテルの客室からは、浴槽の中で倒れている女性の遺体が見つかった――。

殺人の疑いで警視庁池袋署が逮捕したのは、埼玉県さいたま市の自称コンビニ店アルバイト・宮城祐太容疑者(37)だ。ホテル内で、新宿区に住む職業不詳・山口ふうかさん(18)を絞殺したとされる。

「宮城容疑者と山口さんがホテルに入ったのは、事件前日の10日です。警察の調べに対し宮城容疑者は、『両腕を使って(山口さんの)首を10分くらい強く絞めた』と供述しています。不可解なのは、宮城容疑者が犯行後12時間もホテルに滞在していたこと。警察には『自首しようか迷っていた』と話しているそうです」(全国紙社会部記者)

事前にナイフも用意

思い込みから18歳の女性を絞殺した宮城容疑者(画像は一部加工しています)

2人が知り合ったのは1年ほど前だ。メイドカフェのイベントに参加した宮城容疑者が山口さんを気に入り、その後3回ほど会っていたという。

「突発的な事件ではなく、計画的な犯行のようです。宮城容疑者は、事前にナイフを用意していましたから。山口さんの首には、強く絞められた痕だけでなく切られたようなキズが残っていました」(同前)

呆れるのは犯行動機だ。宮城容疑者は、警察に対しこうも明かしている。

「自分は(山口さんを)彼女だと思っていた。(山口さんの)スマートフォンを盗み見て、他の男の存在を知って怒りが爆発した」

供述通りなら、身勝手な思い込みで山口さんを殺害したことになる。元神奈川県警の刑事で、犯罪ジャーナリストの小川泰平氏が語る。

「最近、思い込みによる犯罪が増えている印象を受けます。直接対話せず短いメッセージでやりとりする、SNSが影響しているのでしょう。新型コロナウイルスの感染拡大で、直に会ってコミュケーションをとる機会が減ったのも要因です。LINEなどの短文では相手の本意がわからず、自分に都合よく解釈しがちですから。おそらく今回の事件の容疑者も、女性とのやりとりで『自分に好意がある』と思い込んだのだと思います。

犯行後12時間も事件現場に残っていたのは、歪んだ愛情の表れでしょう。亡くなった後も、そばにいるよと……。ただ長時間遺体を放置すれば、当然異臭も出ます。いたたまれなくなり、自首したのだと思います」

殺意を持ってホテルに入った宮城容疑者。屈折した愛情により、10代の女性の命が奪われてしまった。

思い込みから18歳の女性を絞殺した宮城容疑者(中央。画像は一部加工しています)
  • 撮影蓮尾真司

Photo Gallery3

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事