旧統一教会で思い出す桜田淳子ら芸能人が参加「合同結婚式」騒動 | FRIDAYデジタル

旧統一教会で思い出す桜田淳子ら芸能人が参加「合同結婚式」騒動

芸能リポーター・石川敏男の芸能界”あの出来事のウラ側は……”

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
歌手を辞め、統一教会へ入信した桜田淳子。合同結婚式にも参加するなど、騒動になったが…

《芸能リポーター・石川敏男の芸能界”あの出来事のウラ側は……”》

久しぶりに統一教会(現『世界平和統一家庭連合』)と言う言葉を聞いた。リポーターになったころだから30年ほど前の話だ――。

安倍晋三元総理が、奈良県大和西大路駅前で参議院選挙活動中に銃殺された事件。現行犯逮捕された無職の山上徹也容疑者が奈良県警の取り調べに、

「母親が宗教団体にのめり込んで多額の寄付をし、家庭が崩壊。団体に恨みがあった。団体と安倍氏がつながっていると思ったから狙った。当初は団体幹部を狙撃しようとした」

などと供述している。その宗教団体が統一教会だということが明らかになり、連日ニュースなどではその実態が報じられている。

統一教会といって思い出すのが、国民的アイドル歌手の桜田淳子さんや元体操選手・山﨑浩子さん、超有名作家の娘などが名を連ねて入信した騒動だ。

印鑑や壺、数珠などを高額で売り付けていた団体の手法が明るみに出されることになるが、当時、芸能人は広告塔として利用されていたと感じた。

超有名作家の娘さんは父親の努力で抜け出すことに成功するが、山﨑さんは一度は合同結婚式を拒否したが、翌‘92年8月に韓国のオリンピックスタジアムで行われた合同結婚式に参加することになる。

だが、最初に教団に不信感を持ったのは山﨑さんだった。

「マインドコントロールされていた」

と1年で離婚。その後、元夫とは全く会っていないという。

歌手を辞めてまでのめり込んだのが桜田さんだ。約3万組のカップルが参加した合同結婚式に出席。彼女の新婚生活を取材するため、当時住んでいた福井県敦賀に何度も通った。

何とかインタビューを取ろうと思ったが、一度も会うことはできなかった。桜田さんが霊感商法に関与したということで民事訴訟を起こされたことはなかったが、

「関与していたのではないか」

と言う疑問は付いて回っていたからだ。所属事務所の社長に壺を売りつけたという話もあった。

社長は桜田さんの親族を通じて200万円の壺を買ったことを認めていたし

「淳子の純粋な気持ちは分かっている。彼女のためにと思い私が買った」

と、話していた。

その桜田さんが芸能界に戻りたいという話を元の所属事務所社長に相談したことがあった。これももう、15~16年前の話だ。

社長はデビュー時から彼女に期待していたこともあり、何かと相談に乗ってあげたいと思っていたようだが、無理だった。桜田さんが教団と切れていなかったし、夫は教団の幹部になっているという報道もあったからだ。

エッセイ集を出版したり、月刊誌のインタビューに答えていたのもこの頃。そして元所属事務所社長の死をきっかけに、桜田さんは公の場所に登場することになる。

デビュー40周年を記念したベストアルバムの発売や、銀座博品館で行った「ファン感謝DAY」など。それから4年後の‘17年4月に、再び銀座博品館で33枚目のシングル『化粧』を発売、披露もしている。

突然芸能界から消えた桜田さんのファンはたくさんいる。博品館のチケットは、数分で売り切れてしまうという人気ぶりだ。

翌年には『桜田淳子プロジェクト』を発表し、着々と芸能界に戻る準備を始めていたが成功しているとは言えない。それは元事務所が一切、手伝っていないからだ。

亡くなった元事務所社長は桜田さんが、

「脱会しない限り、絶対に所属に戻すな」

と言っており、今も事務所はその遺言を守っている。テレビなどのマスコミはそれを知っているから、積極的に彼女を取り上げることはしない。

いくらファンがいても、教団に残っている状況では、芸能活動はこれからも難しいだろうな…。

  • 石川敏男(芸能レポーター)

    ‘46年生まれ、東京都出身。松竹宣伝部→女性誌記者→芸能レポーターという異色の経歴の持ち主。『ザ・ワイド』『情報ライブ ミヤネ屋』(ともに日本テレビ系)などで活躍後、現在は『めんたいワイド』(福岡放送)、『す・またん』(読売テレビ)、レインボータウンFMにレギュラー出演中

  • 写真共同通信

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事