裁判長に「後悔するぞ」…工藤会総裁「弁護士全員解雇」戦慄の背景 | FRIDAYデジタル

裁判長に「後悔するぞ」…工藤会総裁「弁護士全員解雇」戦慄の背景

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
工藤会の野村総裁。法廷では裁判長を「後悔するぞ!」と威嚇する場面も(画像:時事通信社)

特定危険指定暴力団・工藤会(福岡県北九州市)にかかわる公判で、衝撃の事実が判明した。

市民を襲撃したとして4件の事件で殺人罪などに問われている同会総裁・野村悟被告(75)とナンバー2で会長の田上不美夫被告(66)が、弁護士全員を解雇したことがわかったのだ。解任されたのは両被告の弁護人計約10人。21年8月に福岡地裁は「首謀者として関与した」と認定し、野村被告に死刑を、田上被告には無期懲役を言い渡している。

「野村被告は、死刑判決を不服としてすぐに福岡高裁へ控訴します。控訴審の日程は未定ですが、野村被告側が控訴趣意書を提出する期限が今年7月下旬に迫っていました」(全国紙司法担当記者)

「ヒドいなぁ、足立さん!」

12年10月、北九州市内の倉庫で対戦車ロケット砲などが発見された事件で工藤会系組事務所を家宅捜索する捜査員

工藤会トップの公判は、ものものしい雰囲気だった。昨年8月に福岡地裁101号法定で下された判決では、両被告の言動が物議をかもす。主文を告げられた野村被告は、証言台近くの長イスから立ち上がると足立勉裁判長を睨みつけ、こう威嚇したのだ。

「公正な裁判をお願いしていたんだけどねぇ。こんな裁判あるんか……。アンタ、生涯このことを後悔するぞ!」

ナンバー2の田上被告は、退廷直後にこう言い放つ。

「ヒドいなぁ、アンタ……。足立さん!」

工藤会トップの発言は重い。同会は地元で特別な存在だからだ。「恐れられている」と、北九州市に住む住民が語る。

「工藤会がらみの傷害事件が起き、被害を受けた関係者に事情を聞いたことがあります。すると彼は私の肩をポンポンと叩き、こう言いました。『オマエのためや。何も知らないほうがイイ。オマエの親も兄弟も地元におるやろ。下手に詮索するとヤバいことになる』と。

問題が起きれば一般人に手を出すこともありました。昔のことですが、北九州市内のバーが、『暴力団お断り』の張り紙を玄関に貼っていたことがあるんです。しばらくすると、そのバーは銃器でメチャクチャに破壊されるような目にあいます。工藤会の倉庫には対戦車用のロケットランチャーなど、自衛隊も驚くような武器が保管されているといわれる」

裁判長を威嚇し、今度は弁護士を全員解任。背景には、何があったのだろうか。暴力団事情に詳しい、フリージャーナリストの鈴木智彦氏が語る。

「工藤会側がクビにしたのか、弁護士側から辞めたいと申し出たのか定かではありません。ただ両者に、なんらかの対立があったと思われます。野村被告と面会した暴力団関係者によると、当人は一審は無罪になると確信していたようです。弁護団も無罪を勝ち取れると伝えていたかもしれない。だが、結果は死刑判決だった。弁護団に不信感を持ったとしても理解できます。

弁護団にも不満はあったはず。法廷での両被告の威嚇ともとれる不規則発言も、弁護士としては頭が痛かったでしょう。裁判官の心証が相当悪くなりますから。野村被告は週刊誌に自身の主張を手記として連載していましたが、これも困惑していたと思います。あれだけ堅気に暴力を振るい殺害までしておいて、世論が工藤会の味方をするはずがない。警察を挑発するような記事を出せば、火に油を注ぐだけですから

弁護士の解雇で、さらに混迷を深めることになった工藤会の公判。控訴審の日程も、再調整される見込みだ。

  • 写真時事通信社

Photo Gallery2

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事