”伝統”を告発した元舞妓独占告白「16歳で受けた壮絶セクハラ」 | FRIDAYデジタル

”伝統”を告発した元舞妓独占告白「16歳で受けた壮絶セクハラ」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

<中学を卒業したばかりで、住み込みで「奉公」して厳しく躾けられ、飲酒を強要されたり混浴を促されたり、性的なサービスを求められる。彼女の告白を聞いて、これが現代日本で起きていることなのかと唖然とする。SNSで”花街の実態”を告発して大きな話題を呼んだ桐貴清羽(きりたか・きよは)さんが、舞妓としての日々を語ったロングインタビュー「前編」>

桐貴清羽さんは、現在23歳。FRIDAYデジタルの取材に答え、「私が経験したようなことは、もう終わりにしてほしい」と語った 撮影:足立百合

6月26日、突然のツイートだった。

〈この世から抹消されるかもしれんけど、これが舞妓の実態。当時16歳で浴びるほどのお酒を飲ませられ、お客さんとお風呂入りという名の混浴を強いられた(全力で逃げたけど)。これが本当に伝統文化なのか今一度かんがえていただきたい〉

「Kiyoha」と名乗る元舞妓のこの発言はたちまち13万を超えるリツイートをされ、「いいね」は31万を超えた。その後も彼女はツイートを続け、ことの次第がだんだんにわかってくる。

彼女は中学を卒業する直前、置屋に「仕込み」として入り、11月、16歳で舞妓「市駒(いちこま)」としてデビューした。その後、8か月にわたって舞妓として仕事をするが、16歳の少女はそこで、「伝統」という名の下、客からも在籍する置屋からも、さまざまなセクハラやパワハラを経験した。

どんなに「文化だから」と擁護しようとも、労働基準法に違反しているし、彼女の言を信じるならば、置屋の仕打ちは未成年に対する「虐待」である。

16歳のとき「舞妓」としてデビューした桐貴清羽さん

日本舞踊に夢中だった子どもが…

目の前に現れた清羽さんは、絽(ろ)の着物をまとった楚々とした女性だった。現在、23歳。童顔に見えるが、溌剌とした表情としっとりした雰囲気を併せ持つ、色気ある女性だ。

そもそも彼女が舞妓になろうと思ったのは、大好きな日本舞踊を続け、芸を磨きたかったから。

「子どもの頃から何をやってもあまり褒められたことがなかったのに、知り合いに教えてもらった日本舞踊だけは褒めてもらえたんです。私は小柄なので、ダンスだと体を大きく見せるのは大変だったけれど、日本舞踊は体の内側からわきおこってくる心情をにじませることで表現できる。自分の解釈で自分の世界を作り出し、観ている方に共感してもらえる。それが楽しかったんです。初めて師匠の舞を観たとき、師匠が動いているのではなく、床が動いているように見えた。美しかったんです。そこから舞の世界にのめり込みました」

両親は再婚同士、母が前夫との間にもうけた姉との4人暮らしだった。山口県で生まれ、和歌山などで暮らした。いちばん長く住んだのは大阪だ。その後、両親がそれぞれ好きな人ができたりして離婚。母はその後、何度か結婚しているという。さては複雑な家庭に育って…と考えるのは早計である。離婚はしても家族は今も仲がよく、両親の再婚相手やその子どもたちとみんなでバーベキューをするような関係。

「母はいつも楽しそうに生きていました。自分のしたいことをする。そういう大人になりたいと思っていた。でも私、小学生のころクラスでいじめられて、自己肯定感を高めるために小学2年生で自己啓発本を読んでいたんですよ(笑)。恋愛小説も好きでした。内面的にはけっこう早熟だったかもしれません」

いじめは友だちのみならず、担任教師からも受けた。

4年生のとき、彼女の嫌いなところをクラス全員に書かせ、それを板書して写真に撮ったものを、教師から渡された。「子どもらしくしたほうがいい」と教師に言われた。だが、彼女には彼女の個性がある。それを無理矢理つぶすことはできない。心配した親は何度か転校させた。

「あんまり学校に行っていなかったから、母の仕事場についていって雑誌や本を読みふけっていたんです。ファッション誌のモデルさんは輝いて見えた。いいなと言っていたら、母がタレント事務所に応募してくれたんです」

オーディションに合格して事務所に所属、ミュージカルや舞台に子役で出演するようになった。このあたりから自分を表現することが楽しくなっていったようだ。

しかし、東京での仕事の際、仕事先の芸能関係者に廊下でいきなり襲われる。壁際に追いつめられてキスされ、舌を入れられた。必死で振り切って非常階段を使って逃げた。11歳のときだ。被害届を出し、常習だったという加害者は、その後逮捕された。

ショックを受けたが、芸能活動は続けた。姉が地下アイドルとして活動していたのでそのバックダンサーとして舞台に立ち、自らも地下アイドルとなった。ご当地ヒーローショーに出演したりもした。けれども、「ボイストレーニングを受けても歌はイマイチだったし、小柄なので、ダンスも見栄えがしなかったんです…」、なかなか自分を表現する場に恵まれない。

地下アイドル時代の清羽さん。「歌うことは楽しかったけれど、もっと表現したいという思いがありました」という

迷いながらも飛びこんだ

そんな彼女がようやくたどり着いたのが、日本舞踊だったというわけだ。これこそ自分のやりたいことだと思った。母は、「中学を卒業したら、自分の力で生きていってね」と、早い自立を求めた。ちょうどそんなとき、京都先斗町で舞妓になるなら紹介してくれるという人が現れた。

「本当は高校に行きたかった。だから、迷いました。芸事に精進して、日本舞踊を現代化させたパフォーマンスができないかと考えてもいたんです。母は、学校にあまりなじめなかった私が苦労しないように、私のためを思ってその道をすすめてくれていたし、先斗町への推薦状もある。親も私もあとには引けない感じでしたね」

中学3年生のとき、舞妓の「仕込み」体験をしてみた。がんばれば報われる世界だとも言われた。置屋のおかあさんはやさしかったし、芸には厳しいのは当たり前だと感じ、彼女はその世界に飛び込んだのである。

「見習いさん」から舞妓デビューまで

8か月ほどの仕込み期間を経て、16歳の10月に「見習いさん」となった。見習いになると、半だらりの帯を締め、ねえさん芸妓と茶屋で修業をする。そして1か月後、置屋の女将、お茶屋組合の許可がおりて初めて、舞妓としてデビューするのである。

「そのとき置屋のおかあさんと、組合長と、ねえさん芸妓などと固めの杯を交わしました。金屏風の前で、結婚式の、三三九度みたいな感じで。もう家族みたいなものだから、そう簡単には裏切れない。そう感じました」

だが清羽さんは、見習いさんとしてお座敷を見ながら、すでに「私はここでやっていけるのだろうか」と嫌な予感にとらわれていたという。

お座敷に出るため、身支度を整えているところ。白塗りに日本髪。衣装を身につける

舞妓になるとき、契約書などはいっさい交わさない。口頭で「6年奉公、お小遣いは月に5万円」と聞かされただけだ。その中から仕事用の化粧品から身の回りのもの、普段着の洋服までまかなわなければならない。

お座敷は18時から21時が先口(さきくち)、21時から1時が後口(あとくち)。先口はお茶屋のお座敷、後口は割烹やお茶屋系列のバーなどでお客様をもてなす。16歳といえども、舞妓になればお酒を一緒に飲むことになる。

16歳ですからと断ったこともありますが、『舞妓がそんなことを言ってはいけない』とお客様に怒られました。そういうとき、ねえさん芸妓も、周りの大人も誰も守ってくれません。他の置屋では未成年には飲酒させないところもあるようですが、私は飲まされました」

「今日会ったばかりだけど、好きになっちゃった」

さらに、女として性的な目で見てくる客がほとんどだったという。

「かわいいねと手を握られて、『今日会ったばかりだけど、好きになっちゃった』と親より年上の男性に触られるわけです。酔ってくれば、もっと接触が激しくなる。身八ツ口(和装の脇のところ)から手を差し込んで胸を触ろうとする人も多い。舞妓は帯を高く締めているので胸を触ることはできないんですが、それでも手を入れてくる。で、鎖骨のあたりを撫で回すんです。着物の裾を割って手を入れられたこともありました。着物のときには、下着をつけていないのをわかっていて、そういうことをするわけです」

それでも客には逆らえない。しかも、そういったお客の「蛮行」以前に、お座敷の定番の「遊び」として、性的なことを強要される。まだ16歳だった彼女にはつらいものがあった。

<「【後編】性的なお座敷遊びを強要され…元舞妓が「花街の闇」を告発した理由に続く>

衣装、かんざしなどは、先輩の「おさがり」。白塗りの化粧用品は、自分の「小遣い」から買っていたという
一度結った髪は、1週間そのまま。週に一度だけほどいてシャンプーする
  • 取材・文亀山早苗撮影足立百合

Photo Gallery6

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事