性的なお座敷遊びを強要され…元舞妓が「花街の闇」を告発した理由 | FRIDAYデジタル

性的なお座敷遊びを強要され…元舞妓が「花街の闇」を告発した理由

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

<中学卒業の前に飛び込んだ京都・花街。そこでは、信じ難いセクハラ、パワハラが横行していた。【前編】”伝統”を告発した元舞妓独占告白「16歳で受けた壮絶セクハラ」に続き、桐貴清羽(きりたか・きよは)さんが体験した舞妓生活の深い闇、その【後編】をお届けする>

舞妓の衣装を身につけた桐貴清羽さん。このとき、まだ16歳だった

「あの腰使いは処女じゃない」と笑われ…

それでも客には逆らえない。しかも、そういったお客の「蛮行」以前に、お座敷の定番の「遊び」が、まだ16歳だった彼女にはつらいものがあった。

「お座敷遊びは、性的な動きを『楽しむ』ものが多くて。例えば、じゃんけんで負けた人がお座敷に横たわり、勝ったほうがその上にが馬乗りになって腰を上下させる仕草をするものがありました。上になっても下になっても、恥ずかしくてたまらない『遊び』でした。拒否はできません。『舞妓は子どもだから何もわかっていない』という大前提があるんです。だからそれを性的な動きとわかっちゃいけないんです。なにもわかっていない子どもだから大きな反応はしない、だけどなぜか、恥ずかしがっている。そんなようすをお客さんは喜ぶわけです」

言葉から想像すると、いたいけな少女を囲んでいたぶっているようにしか聞こえない。その「遊び」で、清羽さんが上になって腰を上下させたときは、見ていた客に「あの腰使いは処女じゃない」と言われ、周りにいた芸妓さんたちも笑っていたという。

そういった宴席に、まれに女性客がいることもある。その場合、男性たちはそうした「エロ要素」を消す。おとなしく酒を飲み、「ごく普通」のお座敷遊びに徹するそうだ。それでも、お客さんに女子大生がいたときは、その女性客を「下」にして、舞妓が馬乗りになるという場面があった。若い女性ふたりの「遊び」に「お客さんは、たいそう盛り上がっていました…」という。

「あんたが誘惑してんのやろ」

そんなセクハラ行為を人に相談しても「我慢せなあかんえ」と言われる。置屋のおかあさんに至っては「あんたが誘惑してんのやろ」とまで言われた。

「私は、舞妓のうちは未成年だし、芸事が主流だと思っていたんです。お座敷に出ても、せいぜい踊りを披露するくらいだと思っていた。だからお座敷が忙しくなって踊りのお稽古に行かれないのもつらかった。おねえさんにお稽古を頼んでもおねえさんも時間がない。想像とは違った世界でした」

彼女が在籍していた置屋では、着物も新調してもらえなかった。先輩からのお下がりばかり。さらに「舞妓は犬猫以下」であることを気づかされることもたびたびあった。

「あるとき、野良の子猫が家に入ってきてしまったことがあったんですが、おかあさんはその子猫をかわいがって、テーブルに上げてエサを食べさせている。その子猫が食べ終わるまで私たちの食事はお預けです。やっと終わったら、テーブルを消毒もせず、そのまま私たちの食事が並べられた。おまえたちは猫以下だよと言われているような気がしました」

自分のところが特殊なのだとも思った。が、現役時代、他の舞妓から似たような話を聞いた。その置屋では、あるとき飼い犬が残したエサの鶏ささみ肉が、そのまま舞妓の食事になったのだという。しかも犬に三つ指ついて「いただきます」とお礼を言ってから食べろと「指導」されたらしい。

 

「鴨川をどり」の練習に向かうところ。先斗町あたりをこうして歩いている写真はあまり持っていないという

「お風呂入り」の意味

舞妓としてお座敷に呼ばれるようになった清羽さんは、あるとき「お客さんと一緒にお風呂に入るように」と、おかあさんに言われた。「お風呂入り」とは、舞妓の旦那さんになってくれそうな男性と舞妓を混浴させること。それをきっかけにパトロンになってくれることもあるようだ。特定の舞妓のパトロンになりたいと思っている男性から持ちかける話なのかもしれないが、いずれにせよ、年端もいかない少女にとっては苦痛でしかない。お客と旅行に行くこともあった。お座敷より長時間の拘束になるので、「花代」がたくさん稼げるしくみだ。が、それが自分に入ってくるわけではないし、1対1ではないものの、長い時間を「舞妓」として過ごすのがつらかったという。

こういったことが、お金を持っている男性の間では「粋な遊び」とされている。そしてそれが日本の「伝統文化」と言われているのだ。

舞妓として8か月活動していた間に、彼女は2度「脱走」している。何時間もおかあさんに怒鳴られ、説教されて「もう逃げよう」と決め、結った髪をバレないように解いてから、油だらけの髪のまま、浴衣姿で外へ飛び出した。走って四条河原町あたりまで行き、タクシーを止めた。運転手に携帯電話を借りて親に電話をかけたのだが、あとから考えれば、そのタクシーの運転手がやけに手慣れた様子だったという。「京都のあのあたりでは、そうやって脱走する子が珍しくなかったんです」と、清羽さんは言う。

5000万円で「処女を売られそう」になって

彼女が舞妓をやめようと思った大きなきっかけは、「5000万円で売られそうになったから」だ。

「旦那をとれということですよね。いわゆる身請けみたいなもの。旦那がいれば、舞妓はやめてもいいし、お座敷に出て踊りだけ続けてもいい、と。5000万円というのは大きなお金ですが、私という一人の人間の価格と思うと。そのお金は、置屋とお茶屋で山分けするんじゃないでしょうか。いずれにしても私には入ってこない」

そこで彼女は目が覚めた。ここでしか生きていけないと思っていたが、そんなことはないのではないか、広い世の中に出ていけば違う目線で世の中を見られるのではないか。

「私自身、いつの間にか京都が世界の中心だと思いこんでいたんです。東京都、という文字を見ると『ひがし京都、あづま京都』と読んでしまう。あそこにいるとそうなるんです。花街の中だけがすべてになってしまう」

舞妓をやめる、と彼女は宣言した。置屋からは、彼女の親に何百万だか何千万払えと言っていたようだが、そのうち、「お金はいいから出て行って」と言われたそうだ。

京都の「伝統」から脱出した清羽さんはその後、大阪や東京のクラブで働いた。が、20歳になるまでは、店で飲酒は強要されなかったし、店のママや先輩ホステスが守ってくれていると強く感じたという。

「18歳のとき、お客さんがお祝いにシャンパンを入れようといってくれたんです。そうしたらママが『この子は未成年だから、ジンジャエールで』と言ってくれて、歳の数だけ、18本のジンジャエールを飲みました(笑)。うれしかったな」

2年前、彼女は結婚し、昨年出産。ライターとして本格的に活動していこうと決めたとき、舞妓時代の自分と向き合わない限り、前に進めないと感じた。そしてツイッターで、

「この世から抹消されるかもしれんけど、これが舞妓の実態。当時16 歳で浴びるほどのお酒を飲ませられ、お客さんとお風呂入りという名の混浴を強いられた(全力で逃げたけど)。これが本当に伝統文化なのか今一度かんがえていただきたい」

と、「覚悟をもったつぶやき」を書き込んだのだ。

「今でも京都の人にいろいろ言われるのは怖いです。なにを怖がっているのか自分でもわからないけど、私の中にやはり京都がすべてだという意識が残っているんでしょうね。ただ、私は舞妓さんという職業をなくしたいわけじゃないんです。未成年を守り、違法な労働をなくして、舞妓さんが胸を張って生きていけるように、今のあり方を変えてほしい。だからこの話が議論されることに意味があると思っています」

今回の発言をきっかけに、今、京都で同じ思いをしている「後輩」から「助けて」と連絡が入ったりしているという。舞妓の世界の理不尽だけでなく、日本で女性たちが味わっているさまざまな理不尽を少しでも解消したい、という。

今後は、ライターの仕事をしながら、シングルマザーやLGBTQなどマイノリティといわれる人たちの居場所を作れたらいいなと思っているそうだ。

「そのためにも私が頼られる存在にならなければと思います。強く生きていきたい。そして既成の価値観にとらわれずに、いろいろな立場の人が元気になれる基盤を築いていくのが理想です」

まだ23歳。未来はここから作っていける。

インタビューに答える清羽さんは、当時の写真やノートを見ながら淡々と話してくれた 撮影:足立百合
「見習いさん」時代のノート。着物の手入れ、家事の手順、お茶屋さんの地図などが、幼い文字で書かれている。花街の「文化」を覚えようと必死だったのだ
「お座敷遊び」の歌をメモした。ノートには、「おねえさん」たちの好みや手伝いの方法、お客さんへの声がけなど、あらゆる「お作法」が書き込まれていた
「鴨川をどり」に出演したときのパンフレットは、大切にとってある

 

 

ときに笑顔も。「こんなふうに話せる日がくることを、16歳の自分に教えてあげたい」と言う
  • 取材・文亀山早苗撮影足立百合

Photo Gallery7

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事