「食事も吐いて…」安倍元総理を失った高市早苗が“向かう先” | FRIDAYデジタル

「食事も吐いて…」安倍元総理を失った高市早苗が“向かう先”

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
安倍晋三元総理という大きな後ろ盾を失った高市早苗氏。政界は「一寸先は闇」というが…

《殆ど眠れず、食事も吐いてしまい…》

安倍晋三元総理の突然の死去に、こう綴ったのは自民党の高市早苗政調会長だ。

安倍氏が山上徹也容疑者の凶弾に倒れてから1週間。7月12日には港区増上寺で葬儀・告別式が営まれた。

高市氏は葬儀を終えると、ツイッターに連続投稿。

《安倍晋三元総理の御葬儀が終わりました。先週金曜日の事件発生以来、殆ど眠れず、食事も吐いてしまい、両親を亡くした時にも経験しなかった心身衰弱状態でした。今日からは懸命に働かないと、安倍元総理に申し訳ない》

と決意表明。続けて、

《金曜日は九州出張を取り止め、翌朝まで、安倍元総理が搬送された奈良県立医大との連絡役を続けました。昭恵夫人が病院に到着するまで生命維持処置をお願いしたことが正しかったのか否かと苦しみ抜きましたが、御葬儀で昭恵夫人の喪主挨拶を伺い、救われました。元総理が最期に手を握り返したと》

と明かした。その上で、

《安倍元総理が他界されたという現実を受け入れるまでには大変な苦痛を伴いましたが、今後は、多くの同志議員と力を合わせて、安倍元総理の御遺志を引き継ぎ、懸命に働くことで恩返しをしてまいります》

と締めくくった。

高市氏の緊迫したリポートに感銘を受ける声も多い一方、安倍氏との“近さ”をやんわりアピールするような内容に、一部では疑念の声も上がった。

そんななか、永田町ではポスト安倍をめぐる動きが活発化している。故人は自民党の党内最大派閥・安倍派(94人)の会長であるのと同時に“象徴”だった。安倍氏を失った今、安倍派は分裂の可能性を秘めている。

後継候補として名前が挙がっているのは、萩生田光一経産相、下村博文元文科相、世耕弘成参院幹事長、西村康稔元経済再生相、福田達夫総務会長など。政界関係者は、

「いずれも一長一短で現時点では“抜けている人”がいない。仮にこの中の誰がなっても、混乱することは目に見えている。そのためしばらく安倍派の会長職は空位になるようだ」

と話す。それほど安倍氏の存在は大きすぎたのだ。

前出の高市氏に至っては、昨年の自民党総裁選に立候補し、予想以上の健闘を見せたが、すべては安倍氏が後ろ盾になっていたからこそ。その安倍氏がいなくなったとなれば、

「ただの“いち議員”に戻りかねない。彼女は無派閥で、安倍派にも入れてもらえなかった。このままでは埋没しかねない」(同・政界関係者)

という。

そんななか、急速に支持を広めているのが菅義偉前首相だ。昨年の総裁選不出馬で岸田政権となって以降、“冷や飯”を食わされてきたが、ここにきて「菅グループ」が勢力を強めつつあるという。

「菅さんはこれまで無派閥を通してきましたが、参院選後にも独自の勉強会を立ち上げると宣言してきました。さすがに安倍元首相が亡くなった直後なので、一旦は白紙に戻しましたが、腹の中は違うでしょう。

すでに無派閥の議員ら20~30人が行動を共にする見込みで、その中には派閥を解散した石破茂氏ら大物の名前も取り沙汰されています」(永田町関係者)

大きな特徴は無派閥であることを強みに、誰でも参加できる点だ。選挙区のある神奈川つながりで、河野太郎氏(麻生派)や小泉進次郎氏(無派閥)、二階派次期会長と目される武田良太氏も参加する可能性がある。前出の高市氏もそこへ向かうのか…。

「二階派と合体すれば、その数は70人規模で安倍派に変わる一大勢力になるかもしれません。菅さんはこのところ精力的に動いていると言います」(テレビ局関係者)

一寸先は闇の永田町。安倍氏の急死によりパワーバランスが崩れ、大きなうねりが起きていることは間違いない――。

  • 写真代表撮影/ロイター/アフロ

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事