進退決意の羽生結弦 秘蔵写真で振り返るレジェンド「栄光の軌跡」 | FRIDAYデジタル

進退決意の羽生結弦 秘蔵写真で振り返るレジェンド「栄光の軌跡」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
今年5月に千葉の「幕張メッセ」で行われたアイスショーで圧巻の演技を見せた羽生(写真:共同通信社)

4歳でアスリートとしてのスタートを切ってから23年ーー。

フィギュアスケート男子・金メダリストの羽生結弦(27)が、7月19日午後5時から、都内のホテルで会見を行う。自身の言葉で、今後の進退についての決意を表明するという。

「羽生は今年2月に開催された北京冬季五輪(中国)で、自身の代名詞でもある『クワッドアクセル(4回転半ジャンプ)』に挑戦しました。しかし、残念ながら転倒し4位に終わります。引退も噂されましたが、競技直後に開いた会見で『大好きなフィギュアスケートを究めたい』と前向きなコメント。今後も現役を続けると思われていました」(スケート連盟関係者)

だが、微妙な発言もあった。北京五輪最終日のエキシビジョンでは、報道陣へこう話していたのだ。

「フィールドは問わないと、自分では思っています。『羽生結弦のスケート』を、もっと納得できる形にしたい。それがアイスショーなのか競技なのか……。いろいろ考えた上で結論を出したいです」

今後の「大いなる夢」

羽生の人気は日本だけでなく世界中で高い(写真:共同通信)

複数の関係者によると、羽生に今後、プロに転向する意向があるという。

「将来の夢は、自身が座長を務めるアイスショーを創設することだそうです。着々と準備は進めているとか。気になるのが、10月からスタートするグランプリシリーズにエントリーしていないこと。来年3月に日本(埼玉県)で予定されている世界選手権にも、出場しない意向だといわれています」(同前)

羽生は14年に開催されたソチ五輪(ロシア)で、アジア男子初の金メダルを獲得する。続く18年の平昌五輪(韓国)でも連覇。世界選手権や四大陸選手権など、国際大会の場で優勝を飾った数は10以上にのぼる。18年には史上最年少の23歳で国民栄誉賞を受賞した、スポーツ界のレジェンドである。

「会見を開き自分の言葉で今後の決意表明をしようとする姿勢は、ファンを大切にする羽生らしい。羽生は数々のケガを乗り越え、一人で闘い続けた孤高のメダリストでもあります。日本のフィギュアスケート界への功労は、はかり知れないほど大きい。どんな決断をするにしても、ファンは心から敬意を表するでしょう」(スポーツ紙担当記者)

羽生の今後の歩みで、きっとまた新たな伝説が生まれるだろう。

北京五輪のフリー演技終了後。神々しい表情が印象的だった(写真:日本雑誌協会)
東日本大震災からちょうど1年後の12年3月11日、荒川静香さんとともに地元・仙台のリンクで黙とうをささげる(写真:共同通信)
12年12月、グランプリファイナルで初優勝を果たし、笑顔を見せた高橋大輔(右)と2位に入った羽生(写真:共同通信)
ソチ五輪で金メダルを獲得した直後の14年4月、春の園遊会にて
ソチ五輪で羽生が獲得した金メダルをかけ、笑顔を見せる安倍元総理。右は浅田真央(写真:共同通信)
17年、オーサーコーチに師事していた頃。傍らにはラッキーチャームと言われるくまのプーさんが(写真:共同通信)
2018年平昌五輪で金メダルを獲得した直後
逆転での金メダル獲得をかけた北京五輪。リンクに入場する直前(写真:日本雑誌協会)
転倒しても、転倒しても、なお挑み続けてきた(写真:日本雑誌協会)
フリーの演技が終わった直後。どんな思いが駆け巡ったのだろうか(写真:日本雑誌協会)
得点を待つ羽生。他の選手は傍らにコーチが座ったが北京五輪では羽生の隣には誰も座らなかった(写真:日本雑誌協会)
羽生は今後、どんな道を選ぶのだろうか(写真:日本雑誌協会)
「羽生ファン」を公言するロシアのメドベージェワと
メドベージェワが京都の晴明神社に奉納した絵馬。「私と、私の大事な人の願いがかないますように」との願いが
  • 画像小川内孝行 日本雑誌協会 共同通信社

Photo Gallery16

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事