木村拓哉 先輩・東山紀之も感じた織田信長を演じることの「覚悟」 | FRIDAYデジタル

木村拓哉 先輩・東山紀之も感じた織田信長を演じることの「覚悟」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
東映70周年記念映画『THE LEGEND &BUTTERFLY』の発表会見に出席した木村拓哉と綾瀬はるか

木村拓哉が6月21日、都内で行われた東映70周年記念映画『THE LEGEND &BUTTERFLY』の発表会見に出席。織田信長への熱い思いを口にして、自信の程を覗かせている。

「その席で木村さんは、『この上ない舞台を用意して頂き、全力でやらさせて頂きました』と前置きした上で、歴史上の人物の中でも、特に信長に魅力を感じていたと告白。

その理由について『織田家の家紋が木村家の家紋と同じ木瓜』であること。さらに現在49歳の木村は、本能寺の変で49歳の生涯を終える信長について『まったく同い年に、この役を演じることが感慨深い』と語っていました」(ワイドショー関係者)

奇しくも発表会見が行われた6月21日は、信長が本能寺の変で最後を遂げたと言われる日。まさに魔王“信長”が、現代に蘇ったかのような演出にも注目が集まった。

「今作は、“尾張の大うつけ”と呼ばれる信長が、敵対する隣国・美濃の“マムシの娘”と言われる濃姫(綾瀬はるか)と政略結婚。桶狭間の戦いを機に次第に強い絆で結ばれ、誰もなし得なかった天下統一の夢に向かっていく姿を描いた総制作費20億円の超大作。実は、『木村拓哉で信長の映画を作る』ことは、東映の悲願でもあったようです」(前出・ワイドショー関係者)

会見の席で、綾瀬が、

「今まで観たことのない信長と濃姫の“夫婦の物語”が描かれている」

と話せば、登壇した脚本家・古沢良太も

「“夫婦の物語”として描けば、いわゆるカリスマのみんながイメージする信長と、その裏側の人間の信長を描けるのではないか」

さらに、

「信長が持つカリスマのイメージの裏側を書いた」

とも話している。

“カリスマ信長の裏側”とは、何を意味するのか。そこも気になるところだが、私はやはり、天下統一を目の前にして壮絶な最期を遂げる信長と芸能界のトップランナーとして走ってきた俳優・木村拓哉を重ねて観てしまう。

「’17年に公開された主演映画『無限の住人』に、木村を抜擢した理由を三池崇史監督は問われ、『(木村演じる)死なない男・万次と永遠にトップアイドルで降りられないところがかぶる。人は殺しはしないけど木村拓哉も“無限の住人”』と説明。

今作では、天下布武を目前にした男のまさかの死。これまでトップを走り続けてきた木村だからこそ演じられる信長には、大きな期待が寄せられています」(制作会社プロデューサー)

今作で木村が信長を演じることについて、ジャニーズ事務所の先輩でもある東山紀之は興味深い発言をしている。

「信長は革命家であったのは間違いないけど、日本の歴史上、最も人を殺している。だからそういう亡くなった方たちの無念とか残された方々の怒りとか、そういう業みたいなものを引き受けないと、なかなか難しい役」

とした上で、

「その覚悟を彼には感じる」

とコメント。数々の時代劇で主役を張って来た東山だけに、このコメントは深い。

近年の木村拓哉が演じる主人公には、大きな特徴がある。それは、いずれも敗れざる者たちの復活劇。例えば、’17年の『A LIFE 〜愛しき人〜』ではかつて日本の病院を追われ、恋人も友人に奪われた医師・沖田一光。’19年の『グランメゾン東京』(共にTBS系)では、パリに自分のレストランを持ち二つ星を獲得するも、店も名声も信用もすべて失ってしまったシェフ・尾花夏樹。

そして今年オンエアされた『未来への10カウント』(テレビ朝日系)では、高校時代に四冠を成し遂げるも網膜剥離で引退。妻とは死別、コロナ禍で焼き鳥店も潰れてしまった元アマチュアボクサー・桐沢祥吾。と、年を重ねるごとに復活劇はエスカレートしているように思える。

そんな中で注目を集めたのが、『未来への10カウント』で脚本を手掛ける福田靖氏の

「今回は、木村さんみずから“月”になりたいと思っていた」

という発言ではないか。

「連ドラにおいて、これまで様々な職業を演じ若者の憧れを体現してきた木村。いわば木村演じる主人公は、燦然と輝く太陽でした。ところが今作で木村が演じたのは、ボクシング部のコーチという、いわば“月”の役。

木村がスパーリングを通して選手たちを鼓舞する姿は、まるで俳優・木村拓哉が次世代を担う若手俳優にメッセージを送っているようにも見えます。そして生きる希望すら失ってしまった桐沢(木村)が、ボクシング部のコーチをすることで徐々に再生していく姿は、コロナ禍に苦しむ幅広い世代に勇気を与えました」(前出・制作会社プロデューサー)

そんな木村の存在に共演した女優・満島ひかりは、

「(木村に)いつも青い炎を感じていた」

とコメント。青い炎とは、クールに燃える内に秘めた闘志。しかし、その燃え盛るパッションは真っ赤に燃える炎よりも熱い。

だが木村は一体いつ、“月になる”ことを決心したのか。

「木村は49年間、まさに信長のように懸命に生き常に時代のトップランナーとして走り続けてきました。その信長役を今回演じきることで、みずからの俳優人生も一区切りついたと考え、リセットする決心をしたのかもしれません」(放送作家)

会見の席で、

「この上ない舞台を用意していただいた」

と発言した木村。奇しくも今年1月にリリースされたアルバムのタイトルは『Next Destination(=次の目的地)』。50歳を前に、俳優・木村拓哉は大きな決断を下したのかもしれない…。

  • 島右近(放送作家・映像プロデューサー)

    バラエティ、報道、スポーツ番組など幅広いジャンルで番組制作に携わる。女子アナ、アイドル、テレビ業界系の書籍も企画出版、多数。ドキュメンタリー番組に携わるうちに歴史に興味を抱き、近年『家康は関ケ原で死んでいた』(竹書房新書)を上梓

  • PHOTO中村 和彦

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事