井岡戦で大注目…!過激化が止まらない「ラウンドガール衣装」 | FRIDAYデジタル

井岡戦で大注目…!過激化が止まらない「ラウンドガール衣装」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
7月13日に行われた井岡一翔の防衛戦で話題となったラウンドガールのコスチューム。そのバリエーションは多岐にわたる

王道の白ビキニから、布面積の少ない変形水着、さらに着物をモチーフにしたものまで。ラウンドガールのセクシーすぎる衣装に、いま大きな注目が集まっている。

キッカケとなったのは7月13日に行われた、ボクシングWBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔(33)の防衛戦だ。同級1位のドニー・ニエテス(40)との一戦は井岡が3-0の判定勝ちを収めたが、試合以上にインパクトがあったのがラウンドガールたちのカゲキなコスチュームだ。

「黒ビキニの、それも露出部分多めのセクシーな水着姿は、試合当初から話題となりました。ツイッターでも『ラウンドガール』がトレンド入り。中にはSNSのフォロワーが7倍に急増した子もいるなど、大注目となりました。

今回は地上波で放送されたことで大きな話題となりましたが、実は格闘技界ではラウンドガールたちのセクシー衣装は、一つの名物になっているんです。ビキニは当たり前で、露出部分を極端に増やした変形水着などもあります。他にも特徴的なもので言えば、昨年末に行われた井上尚弥選手(29)のタイトル防衛戦もすごかった。着物をイメージした煌びやかなジャケットとハイレグを掛け合わせたユニークなデザインが観客の目を引いていました」(スポーツ紙格闘技担当記者)

ラウンドガールたちの衣装は、どんどん過激化している。それだけ興行側があの手この手で視聴者の目をひきつけようとしているのだろう。

井岡戦の黒ビキニで話題になったラウンドガールたち。波田妃奈さん(25・写真中央)はインスタグラムのフォロワーが約7倍に激増したという
今回のラウンドガールは、過去に準ミスワールド日本代表に輝くなどさまざまなコンテストで結果を出した美女ばかり。グラマラスボディとキュートな笑顔で会場を盛り上げた
今年6月末に発表された「K-1ガールズ2022」たち。爽やかな青い衣装からのぞく抜群のスタイルで観客を魅了した
昨年大晦日に行われた『WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ』では王道の白ビキニ美女が登場。井岡一翔の防衛戦を見届けた
ラウンドの合間を堂々のウォーキングで盛り上げるラウンドガールたち
2021年12月に行われた『WBA・IBF世界バンタム級タイトルマッチ』の井上尚弥の試合では、着物をモチーフにした珍しいデザインがお披露目された
色は金と黒の2パターンある。煌びやかな衣装からのぞくスラリと伸びた足が美しい
数ある格闘技の中でも、シュートボクシングはセクシーな衣装のラウンドガールが多いという。写真は2018年に行われた試合での一枚
ガーターベルトと黒ビキニを組み合わせた変形水着に、多くの観客の視線は釘付けに
このイベントでは、普段はレースクイーンや企業公式キャンペーンガール、モデルなどで活躍する美女たちが集結。激闘に華を添えた

他のラウンドガールたちのセクシー衣装は以下のサイトでもチェックできます。

『イーファイト』 https://efight.jp/roundgirl

  • 写真イーファイト

    日本最大手の格闘技専門サイトとして最新情報を毎日更新中。ラウンドガールページも充実している

Photo Gallery11

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事