誘われた後輩芸人が明かす TKO木本”強引すぎる投資勧誘手口” | FRIDAYデジタル

誘われた後輩芸人が明かす TKO木本”強引すぎる投資勧誘手口”

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
自宅を出て、タバコ片手に友人宅へ向かう木本。投資を始めてから羽振りが良くなったという(昨年11月撮影)

「お前らはよくわからへんやろうから、俺に預けろ。損はさせんから」

お笑いコンビ『TKO』の木本武宏(51)が投資に誘う際の決めゼリフが、これだったという。芸人仲間や業界関係者から集めた7億円ものカネを溶かした責任を取り、木本は7月23日をもって松竹芸能を退所した。実際に木本に勧誘された後輩芸人Aが打ち明ける。

「私は誘いを断りましたが、知り合いの芸人が木本さんに50万円ほど預けていました。ただ、預けたはいいが、どう運用されるのか、本人には知らされていないようでした」

『平成ノブシコブシ』の吉村崇(42)が木本に5000万円もの大金を預けていたと報じられた。他にも『野性爆弾』のくっきー!の名前も挙がっており、被害者は数十人規模にのぼると見られている。Aによれば木本の勧誘は徐々に激しくなっていったという。

「勧誘された時、私はおカネがないと断ったのですが、『カネがない言うても30万円くらいなら用意できるんちゃうか』と引かない。『30万円も出せません』と返すと『なんやねん』と怒っていました。私に投資する気がないと見るや、『誰がバイトをかけもちしてる?』とか『誰がカネ持ってるん?』などと、他の当たり先を聞いてきました。一番嫌だったのは、芸の指導をすると呼び出しておいて、朝まで延々と投資の話をされたことです」

木本が勧誘する芸人には「共通点があった」とAは言う。

「メインターゲットは松竹の10年目以上の中堅芸人。若くても芸歴5年目より下にはいかなかったですね。一人あたりの出資額はだいたい30~50万円だから、ペーペーだと用意できない。松竹の芸人はあまり稼げてないだろうから、数を集めようという発想だったんでしょうね。お金がない芸人たちは当然、出し渋りますが、最悪の場合、木本さんが補填するという話をしていた。『もし運用成績がマイナスになったら、俺が全額出すから』という言い方をしていました」

芸能界を巻き込んだ前代未聞の巨額投資トラブル。全容は解明されるのか。

『FRIDAY』2022年8月12日号より

  • PHOTO小池延幸

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事