自民党と旧統一教会”ズブズブ関係”報道激化が「参院選後」の謎 | FRIDAYデジタル

自民党と旧統一教会”ズブズブ関係”報道激化が「参院選後」の謎

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
7月の参院選で大勝した自民党。岸田文雄総理の顔も思わず緩んで…

7 月8日、安倍晋三元首相が無職・山上徹也容疑者の凶弾に倒れた。

直後の10日に行われた参院選は自民党が単独で改選過半数となる63議席の圧勝。与党勢力で改憲に必要な3分の2の議席を持つことに成功した。

安倍元首相は9月27日に国葬で弔われることが決定しているが、このところ永田町で大問題になっているのが、自民党と旧統一教会の「深すぎる関係」だ。

山上容疑者の動機にあったのは旧統一教会への激しい憎しみ。実母がのめり込み、資産という資産はすべて投げ出し、家庭は崩壊した。同容疑者の行為は決して許されるものではないが、ネット上では旧統一教会のカルトぶりに関心が集まっている。

「安倍元首相が亡くなった8日の時点で、山上容疑者が特定の宗教団体に恨みを持っていたという供述は出ていた。大手新聞社はすぐにそれが旧統一教会を指すものだと把握していたが、団体名を出したのは参院選後。

選挙に配慮したのか、教会側が認めるのを待ったのか。それはわからない。どちらにせよ一般紙の対応は不可解だった。仮に統一教会と自民党の“密な関係”が参院選前にめくれていたら、(選挙の)結果は違っただろうと思わざるをえない」(永田町関係者)

それほど自民党と旧統一教会の関係は深い。安倍元首相の実弟・岸信夫防衛相は26日の記者会見で、

「付き合いもあるし、選挙の際も電話作戦などボランティアでお手伝いいただいたケースはある」

と述べ、

「選挙だから支援者を多く集めることは必要だ」

と開き直った。

‘18年に旧統一教会の友好団体が岡山県で主催したというイベントで、来賓代表として祝辞を述べたのは自民党の逢沢一郎議員。

「(韓鶴子氏)総裁より本当に高額な多額な心のこもったご奉仕を頂きましたこと、ご寄付をいただきましたことを、私からも心から厚く感謝御礼を申し上げます。誠にありがとうございました」

とスピーチした。細田博之衆院議長は約3年前、韓鶴子氏も参加していた会合に出席。

「きょうの盛会を、会の内容を安倍総理に早速、ご報告致したいと考えております。韓鶴子総裁の提唱によって実現した、この国際指導者会議の場は、大変意義が深いワケでございます」

とにこやかに語った。

一連の問題を追及する共産党『しんぶん赤旗』のホームページでは“安倍チルドレン”の杉田水脈衆院議員や稲田朋美元防衛相、萩生田光一経済産業相も旧統一教会と接点があると報じている。

さらに衝撃なのが、公安トップが旧統一教会との接近を見せていたことだ。

二之湯国家公安委員長は‘18年に関連団体が主催したイベントの実行委員長として名前を貸し、あいさつ。二之湯氏は

「政治家はいろいろなお付き合いがある。平和の祭典、運動を起こすので、ちょっと名前を貸してほしいというので貸した。それ以上の付き合いはない」

と語ったが、イベント当日には集まった人たちの前でスピーチしたことも認めた。

「実は安倍元首相が銃撃された際、公安は旧統一教会との関連よりも、山上容疑者=国家転覆を狙ったテロリストの線で調べていた。

意図的に情報もリークしており、マスコミ界隈では『自民党との関係を深堀りされるとマズイから、別のストーリーを作ろうとしている』とウワサされていました」(全国紙社会部記者)

日本の最大与党に深く食い込んでいた旧統一教会。山上容疑者の狙い通り、団体はここから一気に勢力を削がれることになるだろう。一方で、岸田政権は衆院を解散しない限り向こう3年間は普通国政選挙の洗礼を受けない「黄金の3年」に突入した。

「3年もあれば、この問題も風化する。つくづく岸田首相は運がいい」

とは与党関係者。やはりこの問題は参院選前に明るみに出るべきだった――。

  • 写真代表撮影/ロイター/アフロ

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事