秋山ゆずき 映画『カメラを止めるな!』大ヒットで帰宅中も超警戒

目撃!ハリコミ24 渋谷 18時55分

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
イベント会場へ移動する『カメ止め』の面々。右より、秋山、吉田美紀、濱津、細井学。話題の映画だけにすぐに人だかり

今年、大ヒットを記録した映画『カメラを止めるな!』。製作費わずか300万円の本作が、観客動員数220万人、興行収入31億円を突破したことは大きな話題になった。

ヒットに伴い、ほぼ無名の存在だった出演者たちも一躍脚光を浴びることに。12月上旬、渋谷のレコード店では、本作のBD&DVD発売記念イベントが開催されていた。夜7時のイベント開始を前に、上田慎一郎監督(34)、主演の濱津隆之(37)、ヒロインの秋山ゆずき(25)らが会場に入ろうとすると、すぐさまファンに取り囲まれるほどだった。

約2時間半のイベントが終了すると、ほどなくして秋山はスタッフらとともに外に出てきた。スタッフと別れた途端、帽子を深くかぶり直し、俯きながら早足で渋谷駅へと向かう。さらに駅構内に入ると、彼女の警戒度はMAXに。マスクを装着し、常に周囲を気にしながら電車に乗ったのだった。

「秋山はジュニアアイドルに始まり、グラビア、舞台役者、グループアイドルと10年間にわたりさまざまな下積み経験を重ねてきた。その間に芸名を変えたこともあり、相当な苦労人なんです」(芸能プロ関係者)

突如として人気者になったからなのか、相当神経を尖らせている様子の秋山。だが、これまでの苦労を思えば、人目を気にしなければならないことは、ある意味幸せなのかもしれない。

イベント前にタバコを一服する監督の上田慎一郎。映画のヒットを受けて、今夏はバラエティ番組などに引っ張りダコだっ
本誌未掲載カット 長屋和彰
本誌未掲載カット 上田慎一郎
本誌未掲載カット 秋山ゆずき
本誌未掲載カット 秋山ゆずき
  • 撮影西原秀、高塚一郎

Photo Gallary6

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事