バースデー婚のカーリング吉田知那美 新郎と育んだ「ロッヂ愛」 | FRIDAYデジタル

バースデー婚のカーリング吉田知那美 新郎と育んだ「ロッヂ愛」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

 

2月、仲間のプレーに笑顔を見せる吉田。今もきっとこんな気持ちなのだろうか(写真:日本雑誌協会)

出会いは2017年

カーリング女子で日本代表のロコ・ソラーレ吉田知那美(31)が27日、自身のインスタグラムで結婚を報告した。

SNSやネットでは「ちょっと寂しいけれど、おめでとうございます」、「悔しいけれど美男美女カップル。末長くお幸せに」などと祝福の声が相次いだ。

一方でロコ・ソラーレのマネジメントを担当するスポーツビズからの結婚発表のリリースには、「本件に関して会見等は行う予定はなく、コメントなども今回のリリース内容 が全てとなります。本人・関係者への追加取材等はお受けできませんので ご了承ください」という記載がある。

新郎となったアルペンスキーの河野恭介コーチとの出会いなどは謎に包まれたままかと思いきや、「おふたりが出会ったのは2017年だと聞いています」と語ってくれたのは、カーリング取材歴13年のスポーツライター竹田聡一郎氏だ。

「JOC(日本オリンピック委員会)は、2010年のバンクーバー五輪以降、オリンピック選手や候補選手、関係者を対象に合宿形式の研修会を開催しています。平昌五輪に向けての『The Building up Team Japan 2017 for Pyeongchang』が初対面だったはずです」

羽生結弦や高梨沙羅も参加した、日の丸を背負う自覚や責任を強めることを目的にしたこの合宿で同い年のふたりは運命的に出会い惹かれあったのかといえば、竹田氏は否定する。

「せっかくの機会なので競技の垣根を超えて情報交換や交流を続けようという意見が多かったようで、その中心的なメンバーのひとりが河野コーチだったと聞いています。すぐに恋愛に発展するというより、あくまで友人のひとりという感じだったようですね。交際に発展した具体的な時期は分かりかねますが、おそらく河野コーチがオーストリア留学から帰国した後ではないでしょうか

新郎の行動力に惹かれた

オーストリア留学とは、河野コーチのキャリアの重要なパートだ。自身もアルペンスキーの競技者だったが、膝の怪我もあり2018年に現役を引退し、指導者として本場オーストラリアに単身留学を敢行している。

その行動力も知那美選手が惹かれた部分かもしれません。現状を分析し、向上させるのに長けた人物という印象です」と竹田氏。

「河野コーチのご実家は長野県野沢温泉村で『ロッヂまるしげ』という、人気のスキー宿を営んでいます。河野コーチはオーストリアのスノーリゾートで得た経験とインスピレーションを基に、『ロッヂまるしげ』にサウナやトレーニングルームを次々に導入しています。知那美選手のインスタグラムにもそこでトレーニングをする姿がありましたね」

伴侶と共にトレーニング環境、新しい故郷など多くのものを同時に手に入れた吉田。あと欲しいのは世界選手権や五輪といった舞台での史上初の金メダルだ。それに向けたロコ・ソラーレの今季の初戦は9月に地元・北見で行われるアルゴグラフィックス杯だ。新妻のナイスショットを期待したい。

アルペンスキーW杯で滑る現役時代の新郎、河野恭介氏(写真:アフロ)
試合に臨む前の凛とした表情(日本雑誌協会)
ショットを放ち、大声で指示を出す(写真:日本雑誌協会)
モグモグタイム(日本雑誌協会)
鈴木夕湖(右)と並んで真剣表情(写真:日本雑誌協会)
仲間と健闘を称えあう(写真:日本雑誌協会)
カーリング女子決勝  英国戦でスイープする(写真:共同通信)
北京五輪のカーリング決勝で英国に敗れた後、銀メダルを見ながら涙ぐむ。右は藤沢五月(北京=新華社/共同通信イメージズ)
銀メダルはチーム全員で勝ち取った(写真:日本雑誌協会)
末永くお幸せに(写真:日本雑誌協会)

Photo Gallery11

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事