イチローがちょっとおかしい グラウンドで異常なハイテンション

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

味方が勝利すると、真っ先にマウンドへ行きナインを祝福

「ヘイ! へ~イ!! ナイスゲーム!」

マリナーズのイチロー(44)が試合終了とともにグラウンドに飛び出し、大声を上げながらナイン一人ひとりを指さす。さらにホームに向かい投げるそぶりをして、守護神エドウィン・ディアスのモノマネ。「似てるだろう~」と、ディアスに向かいゲラゲラ笑うのだ――。

球団会長付き特別補佐に就任した、イチローのテンションが異常に高い。スポーツライターの友成那智氏が語る。

「ちょっとおかしいくらいです。明言していませんが、ベンチにいることが多いため『ケミストリー・メーカー』(空気を作る役)に徹しているようです」

ハイテンションは試合前からだ。

「見た、見た!? 今のスゴイっしょ!」

スタンドインした打球の鋭さを自慢するように、周囲に話しかける。

イチローに、今季の出場機会はない。だが試合前の打撃練習ではバッティンググローブをガッチリと装着し、他の選手とともに汗を流すのだ。現地を取材したスポーツ紙記者が話す。

「イチローの打球は、他のどの選手よりも飛んでいます。ほとんどがヒット性のライナー。練習を見ていたサーヴィス監督が、『球団はどうしてイチローをフロント入りさせたんだ? 使わないのはもったいない』とボヤいていたほどです」

前出の友成氏が、イチローが上機嫌の理由を明かす。


「要因は二つあります。一つはチーム内の居心地の良さ。以前マリナーズに在籍していた時(’01年~’12年)はプレーに集中するためチームメイトとほとんど交流せず孤立していましたが、現在は『後輩はかわいい』と息子のような世代の選手たちと積極的に会話しているんです。二つ目は打球の衰えのなさです。周囲からは事実上引退したと思われていますが、本人は本気で50歳まで現役を続けようと考えている。東京ドームで行われる来季の開幕戦で、復活を印象づけようとしているのでしょう」

イチローがテンションの高さを維持できれば、ひょっとすると現役復帰もありうるかもしれない。

ベンチでもハイテンションは変わらず。ヒットを打った同僚に対し満面の笑みで得意の指さしポーズ

試合後にグラウンドで見せるのも指さしポーズ

知り合いのカメラマンを見つけて「いい写真を撮れよ!」

今季の出場機会はないが試合前の打撃練習は欠かさない。毎日午後4時頃からケージに入り安打性の打球を連発する

写真:AP/アフロ、Getty Images

 

Photo Gallary5

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事