木下優樹菜 マスコミの「バカでしょ」誤認報道に苦言の深層 | FRIDAYデジタル

木下優樹菜 マスコミの「バカでしょ」誤認報道に苦言の深層

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

先日、自身の発達障害の告白動画をYouTubeで公開した木下優樹菜。「私もADHDで悩んでいたから、優樹菜ちゃんが公表してうれしい」といった好意的なコメントもみられた一方で、「免罪符のように聞こえる」といった声もあがった。

自身のADHDについてYouTubeで告白した木下。反響が大きい中で、とある報道に異議を唱えたのだが……

そうした状態をみて、各芸能メディアが木下の突然の告白を記事にし、話題となった。そんな中、一連の報道に彼女は「一言申した」かったようだ。

<動画について、パッと適当に見て、赤でしょ?をばかでしょ?と私が言っているとする変換をして、あたかもこの症状についてばかにしているかのような悪意でしかないネット記事を出されましたが、一言も言ってません。訂正して頂きたく、皆んなと話し合って今ここに書きます>(木下のインスタより)

一部メディアが、木下が動画で発言した言葉を聞き間違えて記事にしたことを、木下は怒っているようだ。彼女はこうした怒りを表明したうえで、今後、もっとメンタルについて発信していく方針だという。

<メンタルの不調がある方たちに対して何か少しでも、私なりに出来ることをしたい気持ちです。そして私自身もみなさんから『ユッキーナがそうなら私もがんばるから!』という温かいメッセージをたくさん頂き感謝しています。

そしてぜひ発信してください!とのお言葉やDMなどもたくさんいただいたので専門家の方や同じ当事者の方や動画に呼んでお話をしたりする動画も作っていきたいと思っております>(同)

「やっぱり前にたって仕事をしたい」という本格的な復帰を希望する発言をした一方「テレビに出ることはない」とし、YouTubeなどを中心に活動する意向を示している木下。

私生活では現在、サッカーJ2・大宮アルディージャの三幸秀稔と交際中で仲良さそうな様子をたびたびインスタで公開している。

言いたいことは誰に対してでもはっきりと言う。その姿勢が、木下の人気の所以なのかもしれない……!

  • 撮影小川内孝行

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事