田村淳 ガーシー本で暴露された「関東連合との因縁」が及ぼす影響 | FRIDAYデジタル

田村淳 ガーシー本で暴露された「関東連合との因縁」が及ぼす影響

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
ガーシー(右)の著書に関東連合との関係を暴露された『ロンドンブーツ1号2号』の田村淳(左)

じわじわと影響が出てくるかもしれない――。

暴露系ユーチューバーであるガーシーこと東谷義和氏の著書『死なばもろとも』(幻冬舎)が話題となっている。初版はこのご時世、異例とも言える5万部だ。

YouTubeチャンネルを“BAN”(アカウント停止)された『ガーシーch』で有名人の爆弾ネタを投下してきただけあって、同書は過激な内容になっている。なかでもネットニュースで報じられている『ロンドンブーツ1号2号』田村淳との“関係”はこれまで語られてきたことがなかった。

簡単に言ってしまえば、淳はガーシーの“育ての親”なのだという。淳は様々な芸能人人脈をガーシーに紹介し、自分も美女をアテンドしてもらう“ウィン・ウィン”の関係を築いていたと本書には記されている。

淳は‘13年に元モデル女性と結婚。現在は二児の父である。本に書かれていることは、結婚前の話ではあるが、過去の“業”が今になって降りかかってきているようにも見える。

「もともと淳さんは芸能界きっての“遊び人”で有名でした。夏になると、後輩芸人を引き連れ海でナンパ対決していましたね。女性を車に連れ込んで口説くのですが、淳さんは喋りも面白いからモテたようです」(スポーツ紙記者)

淳はこれまで藤崎奈々子や坂下千里、さらに“歌姫”安室奈美恵など、そうそうたる著名人と浮名を流してきた。業界では「1000人斬り」の異名まで飛び交ったが、ガーシーのアテンド分を含めると、あながち間違ってはいないかもしれない。

と、ここまでは結婚前の若気の至りで何とか済みそうな話だが、ガーシー本では『関東連合』と淳の“関係”についても触れられている。

それによると、淳が関東連合筋の女性に手を出し、大問題に。車で拉致されて、それ相応の報いを受けたという。しかも1度ならず、2度までも関東連合関係者の女性に“お手つき”したそうで、ガーシーも本の中で呆れている。

「ガーシー本の内容が真実とは限りませんが、業界では以前から淳さんと関東連合の話は知る人ぞ知る話だったんですよね。それがガーシー本によってついに表に出てしまった、という印象。淳さんが関東連合の関係者に詰められ、最後は土下座して謝ったとか、恥ずかしい写真を撮られたとか、様々な話がウワサされていました」(同・スポーツ紙記者)

ただ、オンナ遊びはともかく、日本一有名な半グレ集団との“いざこざ”は「過去の話」として、切り捨てられるかと言ったら、そこはわからない。

淳はテレビ朝日系『ロンドンハーツ』のようなバラエティー番組のMCであるのと同時に、情報番組『ポップUP!』(フジテレビ系)や『報道ランナー』(関西テレビ)にコメンテーターとして出演している。

さらに、テレビ以外でも前田敦子やウエンツ瑛士らとともに『中小企業からニッポンを元気にプロジェクト』のアンバサダーとしても活動している。

「近年の淳さんは政治について語ったり、社会貢献に関心を寄せるなど、パブリックイメージを変えてきています。そこへ過去の話とはいえ、関東連合との一件が明るみに出たのだから、イメージには多少なりとも影響を及ぼすかもしれませんね。それでも、多くの視聴者は『昔の話だから』と問題視しないとおもいますが。ガーシーさんも、そのあたりの距離感が分かったうえで書いている部分もあるのでは」(ワイドショー関係者)

思い返せば、ガーシーが世に放たれた今年2月。周囲が腫れ物に触るような反応をしたのに対し、淳だけはガーシーをいち早く受け入れた。恒例のユーチューブ生配信では『セカンドチャンス』なる対談企画を立ち上げたが、これについて淳ははっきりと「ガーシーに出てもらうため」と公言している。

「誰とも分け隔てなく付き合う淳さんの性格なのでしょう」(同・ワイドショー関係者)

淳にとって“ガーシー本”は想定内なのか、本人が語ることはあるのだろうか…。

  • 写真アフロ(田村淳)、オフィシャルチャンネルより(ガーシー)

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事