猛暑の車内で2児が死亡…21歳母親「虚偽の供述で向かった場所」 | FRIDAYデジタル

猛暑の車内で2児が死亡…21歳母親「虚偽の供述で向かった場所」

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
2人の幼児を猛暑の車中に放置した長沢容疑者。ウソの供述をしていた

「周囲の迷惑になるので、30分ほどクーラーをつけず窓を開けていました。後部座席に子どもを寝かせ、私は前の席でスマートフォンを操作していました」

当初こう話していた容疑者の供述は、まったくのウソだったようだ――。

8月2日、神奈川県警厚木署は保護責任者遺棄の疑いで同市に住む無職・長沢麗奈容疑者(21)を逮捕した。猛暑の日中に2人の幼児を、クーラーのついていない車内に放置。1歳の長男は、直後に亡くなった。

「事件が起きたのは7月29日の午後です。当日の最高気温は33度を超えていました。長沢容疑者が『子ども2人の具合が悪い』と、119番通報したのは午後5時前。場所は厚木市にある『ぼうさいの丘公園』の駐車場です。

救急隊員が駆けつけると、2人の幼児はぐったりしていたとか。長男は意識不明の状態で、病院に搬送されましたがスグに死亡が確認されます。司法解剖の結果、死因は熱中症だと判明。2歳の長女も、8月2日に亡くなりました」(全国紙社会部記者)

2週間ほど前にも注意されたネグレクト案件

母親と子ども2人の4人暮らしだった長沢容疑者(画像は一部加工しています)

長沢容疑者が同様のトラブルを起こしたのは、今回が初めてではない。7月8日に県中央部・寒川町に買い物に出かけた際、長男を車内に放置。通りかかった近隣住民が泣き叫ぶ長男を発見し警察に通報したため、長沢容疑者は「ネグレクト(育児放棄)」を行ったとして注意されたのだ。

「今回の事件で当初、長沢容疑者は『車の中に子どもたちと一緒にいた』という供述をしていました。しかし意識不明になるまで子どもの体調悪化に気づかなかったことなど、矛盾点が多く発覚。警察が調べを進めると、長沢容疑者は幼児2人を放置したまま車を離れていたことがわかったんです。

向かった先は、知人の男性宅でした。車は男性の家の近くに停められていた。1時間ほどして長沢容疑者が車に戻ると、すでに熱中症で2人の子どもはぐったりしていました。男性のもとを訪れていた事実を隠すためでしょう。長沢容疑者は、車を公園の駐車場まで移動させ119番通報したんです。警察の調べに対し『放置したのは間違いない』と、容疑を認めています」(同前)

元神奈川県警の刑事で、犯罪ジャーナリストの小川泰平氏が語る。

「容疑は保護責任者遺棄ですが、実質的には母親による殺人ですよ。知人男性は、交際相手だったのかもしれません。もちろん、おつき合いする自由はあるでしょう。しかし母親として、責任は果たさなければいけない。子どもの存在が障害になるような相手なら、交際すべきではないと思います。希望通り結婚できても、虐待の可能性が残ってしまいます。

猛暑の中、子どもを車に置き去りにするなどもってのほかです。自分の行動を優先し、子どものケアを怠ったわけですから。虚偽の供述をするなど、容疑者の罪は二重三重に重いと考えます」

長沢容疑者は、母親と子ども2人の4人暮らし。警察は、長女を放置した容疑でも捜査を進めている。

ネグレクトの注意を受けていた(画像は一部加工しています)
  • 撮影蓮尾真司

Photo Gallery3

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事