ほんこん唱える「安倍元総理の銃撃犯が別にいる説」がネットで波紋 | FRIDAYデジタル

ほんこん唱える「安倍元総理の銃撃犯が別にいる説」がネットで波紋

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
自身のYouTubeチャンネルで、お笑い芸人のほんこんは、安倍元総理の銃撃事件について自身の考えを述べたが…

《5m近づいてあの手製の銃でほんまに心臓を撃ち抜けんのかな?》

タレントのほんこんが8月3日、自身のユーチューブチャンネル『ほんこんちゃんねる』に

『消えた弾丸!なぜ検証番組をやらないのか?』

という動画を投稿。安倍晋三元総理を銃撃して殺害したとされる山上徹也容疑者の事件自体に疑問を呈した。

ほんこんは安倍元総理を打ち抜いた銃弾が体内からも見つかっていないことを指摘。さらに山上容疑者の手製の銃に対しても、殺傷能力や散弾について懐疑的なようだ。

「ばらけて飛ぶような銃やったら2発目警護の人(手を挙げた)、こないやったで。それに当たってないやろ。

色んな角度で出てると思うねんけど、画像や動画がね。せやけど、1個のところしか出てけえへんやろ。後ろから撮ってる人もおったやん」

散弾のように飛び散るのに警護には当たらず、安倍氏にしか当たっていないことを疑問視。さらに映像を一つの角度しか出していないことに違和感があるという。

「前からのビルあるやん。そこの防犯カメラとか全部見ろよ。

これ絶対に後世に残るで? ケネディ大統領もそうやったやん。ほんまに陰謀論も出てくると思うよ。グルちゃうかと」

ほんこんはさらに持論を展開。

「俺はね後ろからちゃうと思うねん」

というと、その場にいたスタッフも

「確実に山上容疑者じゃないと」

と相槌。

「うん。あれだけの音なんで出すねん。目を引くためちゃう? 後ろに気を持たして」

と山上容疑者は音だけを出して、前から別の人物が狙撃したのではと推測したのだ。

「検証番組もいまだになく、ニュースでも狙撃や銃の専門家などが登場しないのがおかしいと言っていました。さらに安倍さんが応援しに行っていた候補者も1発目に銃撃音が鳴ったあとにすぐに安倍さんに覆いかぶさるなどして助けなかったことにも腹を立てているようでした。

“安倍さん応援来てくれてるねんからあんたも応援せいよ”と責めていましたね。どちらにしてもテレビでは言えないような内容を話しており、波紋を広げるような発言ですね」(ワイドショー関係者)

コメント欄を見てみると、彼のYouTubeチャンネルのファンらしく、ほんこんに賛同する人が大半だ。

《誰かが意図的に隠蔽しているような雰囲気を感じます》
《絶対犯人は上方から打ったと友人が力説してる!!》

しかし一方で、

《山上が撃ったタイミングに完全に合わせてライフルで狙撃するなんて、絶対に不可能です》

といった反対意見もある。

山上容疑者の思惑通り、ワイドショーなどでは統一教会をバッシングするニュースで持ち切りになっている。警察は威信をかけて事実や動機などを検証しているだろう。果たして、どんな真相が法廷で明らかになるのだろうか…。

  • 写真 産経ビジュアル

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事