久慈暁子「爽やかすぎるチェックのノースリーブ」にファン歓喜…! | FRIDAYデジタル

久慈暁子「爽やかすぎるチェックのノースリーブ」にファン歓喜…!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

フリーアナウンサーの久慈暁子が、自身のインスタグラムアカウントに「爽やかすぎるチェックのノースリーブワンピース姿」を公開し、話題を呼んでいる。「可愛い」「綺麗」「癒された」といった称賛のコメントが集まった。

故郷・奥州市の田園風景を背景にさわやかな微笑みを浮かべるクジパン(本人のインスタグラム@kuji_akikoより)

久慈は1994年、岩手県生まれ。青山学院大学卒業後、2017年にフジテレビに入社した。1年目から看板番組『クジパン』を担当するなど、頭角をあらわした。2019年4月からは『めざましどようび』でメインキャスターを務めた。しかし、たった5年でアナウンサー生活に見切りをつけ、2022年5月よりフリーになった。

久慈はフジ入社前はモデルとして活動していた。局アナと退社後といえばフリーアナウンサーが定番であるが、彼女の活動の幅はフリーアナウンサーだけにはとどまらなさそうだ。モデル・タレントとしての活躍も大いに期待される。またインスタのフォロワーは46万人もおり、インフルエンサーとしても活躍が期待されている。

そうした中で、NBAトロント・ラプターズ所属の渡辺雄太との結婚も発表した久慈。結婚報告投稿では一緒に大きなバスケコートの真ん中で二人が体を寄せ合っている写真も公開。幸せそうな二人の姿に祝福するコメントが殺到した。その後はずっとアメリカでの様子をインスタであげており、「もう移住したの?」とさまざまな憶測を呼んでいたが、先日日本への帰国を報告している。

この度、久慈が公開し話題を呼んだのは、故郷・岩手で撮影した写真だ。

「ちょっと前の青々とした稲穂。中学生の時の帰り道」(久慈のインスタより)

久慈は田んぼの前でチェックのワンピース姿で登場。とってもノスタルジックな写真にうっとりしてしまう。局アナとして一世風靡したあとに戻ってきた故郷岩手、それも学生時代の通学路に、久慈は何を感じたのだろう……。

Photo Gallery1

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事