アシストの福田をベタ褒め 世界一の初“競演”はトーレスに軍配

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

天皇杯ラウンド16で、トーレスとイニエスタのツーショットが実現

この夏からJリーグに加入したアンドレス・イニエスタとフェルナンド・トーレスの2大スター。その“競演”が天皇杯のラウンド16でついに実現した。19日のリーグ戦をそれぞれフル出場してから中2日とあって、共にベンチスタートだったが、ひかれ合うように途中出場でピッチに降り立った。

初のツーショットが実現したのはサガン2-0リードの64分。

その8分前にイニエスタは反撃の指揮者としてピッチに送り出されているが、その投入によってヴィッセルの中盤が活性化。トーレスには、再びゲームの主導権を握り、トドメとなる追加点を奪うタスクが課された格好だ。ベストアメニティスタジアムにはポドルスキを含め3人のW杯金メダリストが並び立った。

残った30分弱、イニエスタは個人技と戦術眼、トーレスは推進力と瞬発力。それぞれのストロングポイントを十分に活かしたプレーを披露し、関係者が「平日ではまず記憶にない」と驚いた17361人の観客を大いに沸かせた。

特にイニエスタは、途中出場のアフメド・ヤセルがサガンのGK権田修一を倒し両軍の間で小競り合いが起こるも、積極的に介入してプレー再開を促すなど足技だけでなく高い渉外能力も発揮した。

しかし、この日の主役はトーレスだった。イニエスタが小競り合いを収めた直後の84分、左サイド深くに上がったボールをサガンのMF福田晃斗が完璧なターンでディフェンダーと入れ替わり、そのままペナルティエリアに進入。

「ターンした瞬間、フェルナンドが見えた」

と中央で構えていたトーレスの右足に丁寧に合わせた。トーレスが右足インサイドをコンパクトに振るとボールはポストを叩き、ゴールの内側に転がった。

待望の来日初ゴールと、両拳を握りゴール裏への感謝を伝えるパフォーマンスを眼前で拝んだサポーターは、彼の応援歌「Can’t Take My Eyes Off You」(君の瞳に恋してる)の大合唱で祝った。

トーレスはこれ以外にも、少ない出場時間ながらチーム最多タイの3本のシュートを放つなど攻撃陣をけん引した。イニエスタもギアを上げ、高い位置で常に2-3人のマーカーを引き連れてサガンのディフェンスラインに綻びを探すも、そのままタイムアップ。サガンは3年ぶりのベスト8進出を決めた。

試合後、トーレスは

「アキト(福田)が素晴らしいプレーをしてくれたので、しっかり決めることができて良かった」

と笑顔で振り返り、イニエスタはチームが負けたこともあって

「いいプレーヤーだからこれからもゴールを量産するだろう」

とコメントするにとどまった。

佐賀市内からこの日のために半休を取って来たという40代の男性は、

「最高。トーレス日本に来てくれてありがとう! 次は有給取って神戸に行きます」

と語った。二人の次の顔合わせは11月10日のノエビアスタジアム神戸。リーグ戦のクライマックスだ。イニエスタは来季のACL出場権、トーレスは残留をかけての戦いになるだろう。さらなる美技の応酬に期待したい。

写真:YUTAKA/アフロスポーツ

 

Photo Gallary1

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事