平成の大横綱はどこに向かう? 貴乃花一族ファミリーシークレット

河野景子さんと離婚、息子・優一まで攻撃し始めた! 

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
12月18日、東大での講義を終え車に乗り込む貴乃花。ナンバープレートには第65代横綱にちなみ65の数字が

東京・本郷の住宅街―。道端に立つ男性は、閑静な街とは明らかに異質の雰囲気を漂わせていた。オールバックにした長い髪、真っ黒な革のコート、鋭い眼光を隠すサングラス……。ナンバープレートに「65」と書かれた車が現れると、男性は軽く手を上げて乗り込んだ。第65代横綱の元貴乃花親方(46)である。

貴乃花の支援者で、龍神総宮社(京都府宇治市)祭主の辻本公俊(よしとし)氏が語る。

「その日(12月18日)は(本郷にある)東京大学で、相撲界の組織改革についての講義を行っていたんですよ。東大に懇意にしている先生がいるんです。その先生の勧めで、12月20日には国会議員によるスポーツフォーラムに出席しました。現状に忸怩たる思いはあるでしょうが、いろいろなことを勉強中なんです」

’18年は、貴乃花にとってトラブル続きの年だった。10月に河野景子さん(54)との23年間に及ぶ結婚生活に終止符を打つと、12月には息子の花田優一氏(23)も離婚を発表。父親や兄と同じ運命を歩むことになったのである。平成の大横綱は、どこに向かおうとしているのか。以下は、貴乃花一族のファミリーシークレットだ―。

家族崩壊の発端は、父親の元大関・貴ノ花が亡くなった’05年にさかのぼる。

「貴乃花は、先代から続くタニマチとの関係の多くを切ってしまったんです。タニマチは、おカネも出しますが口も出しますからね。うるさく感じたのでしょう。ただ支援金なしに部屋は運営できない。そこで景子さんが、一門の女将さんたちとの食事会で提案したのが『サポーター制度』です。タニマチから集めたおカネを、一門でシェアするというシステムです。さすがに女将さんたちの反発で、実現しませんでしたが」(元支援者)

資金に困った貴乃花は東京・中野新橋にあった部屋を売却。’16年に江東区の物件で部屋を再スタートさせた。

「見るに見かねた一門の親方衆は、’17年の春に自分たちのタニマチを招いて貴乃花のために資金パーティを開いたんです。場所は帝国ホテルで300人ほどが集まった。親方衆は当然、貴乃花が腰を低くしてタニマチに礼を言うものと思っていました。それが、あろうことか貴乃花は途中で帰ってしまったんです」(同前)

貴乃花と景子さんの関係にヒビが入り始めたのも、この頃だという。

「勝手な行動ばかりとる貴乃花に、ついていけなくなったのでしょう。部屋が移転してからは、景子さんをほとんど見なくなりました。そのため2階のちゃんこ場は汚れ放題。女将さん不在で、力士たちの炊事洗濯が疎(おろそ)かになったんです。ただテレビの密着取材などがある時は、仲のいい夫婦を演じるために部屋に来ていましたが」(相撲協会関係者)

現在、貴乃花に従うのは今年5月に引退した貴輝鳳(たかきほう)という元弟子ぐらいだ。貴乃花は、かつて弟子たちを指導した広い部屋で単身生活を続けている。(文中一部敬称略)

1月4日発売のFRIDAY最新号では、元貴乃花親方が「花田を名乗る資格なし」と攻撃する長男・優一氏の近況や離婚した景子さんへの直撃取材、家系図などを掲載し、貴乃花一族のファミリーシークレットを詳報している。

詳細の書かれた本誌記事はコチラ

  • 撮影坂口靖子

Photo Gallary1

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事