女優・森七菜17歳 『君の名は。』監督新作の主人公声優に大抜擢

今年ブレイクするのは、こんな人!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
’16年に行定勲(ゆきさだいさお)監督のネスカフェWebCMに出演し芸能界に

2000人の応募から選ばれた現役女子高生

「マネージャーさんから『合格したよ』と伝えられた時には、自分の耳を疑いました。もう嬉しくて嬉しくて! 『本当?冗談じゃないですか』と、何回も聞き直してしまいました」

こう話すのは女優の森七菜(なな)(17)だ。今年7月公開の新海誠監督のアニメーション映画『天気の子』に出演予定。約2000人の応募の中から、ヒロイン・陽菜(ひな)役の声優に抜擢された。新海監督の前作『君の名は。』は、邦画歴代2位の興行収入250億円を記録している。

「正直、なんで私が選ばれたのかわかりません。声優は初めてのお仕事のため、今は滑舌をよくするなどボイストレーニングに励んでいます。ちょっと、地元の訛りが残っているんです」

大分県出身の森が、芸能界入りしたのは中学3年生の時。家族で食事している時に、スカウトされたのだ。

「幼い頃から女優さんに憧れていたんですが、まだまだ勉強中です。気合いを入れて長い撮影に臨んでも、夜まで集中力が続かない時があるんです。いつも撮影が再開するまでに、気持ちをリセットするようにしています」

現役の女子高生だが、実力は折り紙つきだ。デビュー作は、園子温(そのしおん)総監督のAmazonプライム・ビデオ『東京ヴァンパイアホテル』。’19年1月にスタートするドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)や、’20年公開予定の岩井俊二監督の映画『Last Letter』にも出演する。

「私の取り柄は負けん気が強いところ。重圧で逃げ出したくなることもありますが、『負けてたまるか』という気持ちで演じています」

夢は、満島ひかりのような美しい演技派女優になることだという。

取材で差し入れた好物のチョコレートを食べ笑顔に
本誌未掲載カット
本誌未掲載カット
本誌未掲載カット

 

Photo Gallary5

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事