経済評論家・横川楓28歳 連載9本かかえる超売れっ子美人評論家

今年ブレイクするのは、こんな人!

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
マイナンバー管理アドバイザーなど多くの資格を持つ。2月には著書『ミレニアル世代のお金のリアル』を出版

「現在の連載は7本、さらに今年から2本担当します。忙しくて一日の睡眠時間は3時間ほどです」

こう言って笑うのは、平成生まれの経済評論家・横川楓(かえで)氏(28)だ。

明治大学大学院のグローバル・ビジネス研究科を修了した横川氏は、24歳の時に取得した経営学修士(MBA)を始め、ファイナンシャルプランナーなどの資格を保有。ファッション誌『FINEBOYS』や『CanCam』などで、若者向けに経済の仕組みやカネの流れをわかりやすく解説している。

「祖父が会計事務所を経営していて、子どもの頃からおカネに興味があったんです。おもちゃの紙幣を使って、母親と”銀行ごっこ”をしたりしてね。だから、経済の勉強も苦ではないんです」

専門の一つが行動経済学。人間の行動の影響について考える学問だ。

「例えば女性に好かれようと思ったら、最後にマイナスのことを言うのはタブーです。『食事は美味しかったけど高かったね』とか。相手にネガティブな人だと思われます。逆に人を動かそうと考えたらマイナスなことを言う。『早起きは身体にいいよ』ではなく、『スグ起きないと遅刻するぞ』とね。人間の行動は損得に大きく影響されますから、自分にマイナスだと感じると対応しようとするんです」

学生時代には地下アイドルの経験も。今後はグラビアにも挑戦したいと語る。

本誌未掲載カット
本誌未掲載カット

Photo Gallary3

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事