熱愛スクープ

熱愛半同棲!竹内涼真の新恋人は「ビズリーチ」CM美女・吉谷彩子

超売れっ子イケメン俳優のお相手はドラマ『陸王』で共演した27歳

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
12月中旬、埼玉県の某所で『下町ロケット』のロケに臨んでいた竹内。仕事の合間に、爽やかな笑顔を見せた

11月中旬、都内にある高層マンションのエントランスホール。長身のイケメン男性が周囲を見回しながら素早く迎車タクシーに乗り込んだ。パーカーのフードとサングラスで顔を隠しているが、その姿からは、芸能人オーラが漂っている俳優の竹内涼真(25)である。それから数秒後、同じく警戒度MAXの様子で同じタクシーに駆け込んでくる美女。二人はそのまま、都心方面へと向かった――。

破局に不倫、電撃婚など、今年も数々のスキャンダルが飛び出した芸能界。そんな年の瀬、本誌は超売れっ子の熱愛半同棲生活をキャッチした。

竹内といえば、’17年のドラマ『陸王』(TBS系)で大ブレークを果たした若手№1俳優。185㎝というバツグンのスタイルで、学生時代にはJリーグ『東京ヴェルディ』のユースチームに所属していたという経歴を持つ、まさに天が二物も三物も与えた男である。俳優としての好調ぶりは飛ぶ鳥を落とす勢いで、現在放送中のドラマ『下町ロケット』(TBS系)にも出演している。

気になるのは、相手の女性だろう。当代イチのイケメン俳優・竹内がパートナーとして選んだのは、女優の吉谷彩子(27)。転職サイト『ビズリーチ』のCMに登場して世の男性をトリコにした、”あの美女”である。何より、吉谷は『陸王』にもヒロイン役として抜擢され、竹内と共演しているのだ。

「『陸王』は、マラソンを題材にして大ヒットしたドラマ。劇中、竹内は怪我に苦しみながらも復活を目指す天才ランナー役を演じています。一方の吉谷は、主人公(役所広司・62)が経営する老舗の足袋メーカーに勤める従業員という役どころ。ドラマの中では、竹内と吉谷の直接的な絡みはなかった。ですが、実は吉谷は中高生時代、陸上部で短距離ランナーとして活動していた経歴があるんです。竹内はドラマ撮影の前、実業団チームの練習に参加するほど熱心に役作りをしていました。現場でも”陸上競技”がキーワードとなって、意気投合していましたよ」(テレビ局関係者)

そんな二人が、医師や弁護士などのセレブ家族が多く暮らす高層マンションで、”超厳戒態勢”の中、愛を育(はぐく)んでいたのである。

一瞬の間の合流劇

冒頭のシーンに戻ろう。揃(そろ)って竹内の自宅マンションからタクシーに乗り込んだ二人は20分ほど走り、永田町(千代田区)で一時停車。ほどなくして後部座席から竹内だけが降り、スタスタと歩き出した。行きつけのジムが入ったビルへと向かったようだ(下写真1~2)。一方、吉谷だけを乗せたタクシーは途中、銀行やコンビニに立ち寄りながら世田谷区内にあるマンション前で停車した。ここが彼女の自宅マンションなのだろう、吉谷はタクシーの支払いを済ませると、中へと入っていった。

二人が再び合流したのは、それからおよそ2時間後のことだった。

吉谷が世田谷の自宅マンションからタクシーに乗り込んだ直後、ジムで汗を流した竹内がビルから姿を現した。竹内はしばらくビル横のコンビニ前で彼女を待っていたが、周囲を警戒してか別のワンボックス型タクシーをピックアップ。スマホでやり取りをしていたのだろう、それぞれのタクシーは赤坂の日枝神社付近で急接近し、前後につけた。次の瞬間、前に停車したワンボックスタクシーから竹内が姿を現し、後ろの吉谷のタクシーから荷物を運び出す。竹内が作業を終えて自分のワンボックスタクシーに乗り込むと、吉谷も時間差でそのタクシーに乗り移った(下写真4)。そうして首尾よく1台のタクシーに同乗した二人は、そのまま20分ほど走り、再び竹内の高層マンションへ。メインのエントランスとは違う入り口から、人目を避けるように中へと入っていった。

タクシー合流の際、彼女の荷物を次々と運び込んであげていた竹内。その紳士的な振る舞いからは、竹内が彼女をリードしている関係性が窺(うかが)える。実際、竹内は過去の女性誌インタビューでも、

「年下であっても、リードさせて欲しい。いつも恋愛においては100%全力なんです。年上女性なら笑って受け止めてくれそうな気がします」

「もし駆け引きする恋愛に疲れた年上の女性がいたら『安心してください!』と言いたい。だって、僕みたいな年下の100%男が意外に身近にいるかもしれませんから(笑)」

と、恥ずかしげもなく語っている。可愛げのあるルックスと「飼い主(彼女)」に一途なキャラで”犬系男子”とも呼ばれる竹内。なるほどその言葉通り、年上彼女の吉谷にゾッコンのようだ。

カレ氏の家に入り浸り

本誌が二人の半同棲生活の様子を目撃したのは、この日だけではない。

それから数日後。夜になって竹内のマンションから出てきた吉谷は、迎車タクシーに乗り込んで表参道へ。そこで友人らと落ち合って約2時間の飲み会を楽しんだ後、竹内と暮らすマンションへと戻っていった。

さらにその数日後にも、吉谷は竹内のマンションから外出。茶封筒とスマホだけという軽装で、コンビニへ。用事を済ませると、わずか20分で高層マンションへと帰った。

「『陸王』で意気投合した二人は、すぐに急接近しました。お互いアスリート気質なところにも惹(ひ)かれあったのでしょう。竹内は’17年にモデルの里々佳(23)との交際が取り沙汰されましたが、すでに破局しています。いまでは吉谷は竹内の自宅に入り浸り状態で、世田谷のマンションにはたまに荷物を取りに行くだけの状態。竹内のマンションで一緒に暮らし始めてからは、もう半年ほど経つと聞いていますよ」(竹内の知人)

人気絶頂のNo.1俳優と『陸王』ヒロインの恋。’19年は、このビッグカップルがさらなる注目を集めそうだ。

12月上旬、竹内の自宅から外出して近所を散歩していた吉谷。20分ほどで竹内のマンションへ戻っていった
【1】竹内のマンションからタクシーに乗った二人は都心方面へ。
【2】永田町で竹内がジムに行くために降車。
【3】タクシーに残った吉谷は銀行などをハシゴして一旦自宅へ。
【4】それから2時間後、二人が合流。別々に乗ったタクシーを前後につけて、吉谷が竹内の車に乗り込んだ
ジムで汗を流した竹内はハーフパンツで吉谷と合流。何気ないシーンからもモテ男の雰囲気が伝わってくる
本誌は外出後、竹内のマンションへと帰っていく吉谷の姿を連日にわたり目撃。交際は順調そのもののようだ
本誌未掲載カット
本誌未掲載カット
本誌未掲載カット
本誌未掲載カット

 

  • 撮影川上孝夫

Photo Gallary12

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事