尾野真千子 『映画大賞』授賞式で、セクシー大胆ファッション

目撃!ハリコミ24 <紀尾井町 14時40分>

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
’17年、同映画賞で助演女優賞を受賞した尾野はプレゼンターとして参加。スリットからチラリと覗く太モモが艶めかしい

NHKの朝ドラ『カーネーション』で人気を博し、演技派女優としての地位を確立したオトナの女性、尾野真千子(37)。そんな彼女のフェロモンたっぷりのハプニングショットがこちらだ(下の写真)。

薄手のブルーのワンピースを着て、深々とお辞儀をする尾野。彼女の下半身に目をやると、太モモの形はおろか、お尻の形までくっきり透けているではないか。さらに、ワンピースのスリット部分からはパンストの切り替え部分が丸見えだ。

これは’18年12月28日、ホテルニューオータニ(千代田区)で行われた『日刊スポーツ映画大賞』授賞式でのワンシーン。尾野は’17年の受賞者として出席した。

「演技派の印象が強い尾野ですが、実は過去にも数々のセクシーショットを披露してきた、お色気系女優でもあります。’10年1月公開の主演映画『真幸くあらば』では、全裸シーンで世間の話題をかっさらいましたし、’14年の『日本アカデミー賞』授賞式では、胸元に”ポロリ”寸前の大胆なスリットが入ったドレスで参加者たちの目を釘付けにしてましたね」(芸能プロ関係者)

3月放送開始のドラマ『絶叫』(WOWOW)では主演を務めることが決まり、ますます活躍が期待される尾野。さらなるハプニングショットのほうも期待したいものだ。

  • 撮影中村和彦

Photo Gallary2

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事