ダル&大谷と同部屋! 日ハム入寮、吉田輝星の「下半身」に注目

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン
学生服の上からでもわかる吉田輝星のガッシリとした下半身。ズボンは今時珍しい裾幅の広いタイプだ

父親の運転する秋田ナンバーの車から降りた吉田輝星(17)を、日本ハムのマスコット「カビー・ザ・ベアー」が出迎える。1月6日、日ハムの新入団選手の入寮日。ファン150人と報道陣50人が見守る中、吉田は緊張した面持ちで千葉県鎌ケ谷市の「勇翔寮」へ入った。

「この日のために、両脇を刈り上げた新しいヘアスタイルにしたそうです。事前告知をしていなかったのにファンがこれだけ集まるとは、予想していませんでした。混乱防止のため急きょ、通常2人の警備員が6人に増員されたほどです」(日ハム球団関係者)

吉田に割り当てられたのは、ダルビッシュ有や大谷翔平らメジャーで活躍する歴代エースが生活していた”出世部屋”の404号室だ。昨年度のドラフト1位、清宮幸太郎の隣でもある。

「(部屋のことは当日まで)知りませんでした。すごいプレッシャーです。ダルビッシュさんや大谷さんのように、しっかり活躍できる選手になりたい」

こう言って吉田は顔をほころばせた。報道陣の目をひいたのは、そのどっしりとした下半身。学生服の上からわかるほど、太モモが盛り上がっているのだ。

「昨夏の甲子園が終わり、吉田は一時体重が86㎏まで増えたそうです。その後は一日約10㎞の走り込みで身体を徹底的に絞り、現在は甲子園出場時と同じ81㎏まで減らしました。元旦には地元・秋田で雪中マラソンを実施。長靴で3時間ほどかけ20㎞を走り切り、下半身を鍛えたそうです」(スポーツ紙日ハム担当記者)

日ハムの元エースで野球評論家の武田一浩氏も、吉田の下半身に太鼓判を押す。

「プロ入りした高校生で、間違いなくナンバー1の投手です。あれだけ球持ち良く投げられるのは、下半身がしっかりしているから。足腰の強さを感じます。課題は上半身の筋力ですね。ストレートより変化球を投げる時のほうが腕の振りが遅くなっていますが、筋力不足が理由でしょう。15勝以上する投手はどんな球を投げても腕の振りは同じ。すぐに一軍で活躍しようなどと焦らず、まず年間通じてローテーションを守れるような体力作りをすることが大切です」

1月9日からは新入団選手の合同自主トレがスタート。甲子園を沸かせた怪物右腕のプロ生活が、いよいよ始まった。

吉田輝星 鎌ケ谷の施設に着くと日ハムのマスコットが出迎え
吉田輝星 大谷もいた「勇翔寮」の”出世部屋”404号室に向かう
吉田輝星 室内練習場では50人ほどの報道陣から質問攻めにあう
球場のバックスクリーンには吉田輝星を歓迎する言葉が
本誌未掲載カット 吉田輝星 鎌ヶ谷の施設に着くと日ハムのマスコットとハイタッチ
本誌未掲載カット 吉田輝星 ダルビッシュや大谷翔平と同じ部屋でプロ生活スタート
本誌未掲載カット 吉田輝星 ダルビッシュや大谷翔平と同じ部屋でプロ生活スタート
本誌未掲載カット 吉田輝星 ダルビッシュや大谷翔平と同じ部屋でプロ生活スタート
本誌未掲載カット 吉田輝星 ダルビッシュや大谷翔平と同じ部屋でプロ生活スタート
本誌未掲載カット 吉田輝星 ダルビッシュや大谷翔平と同じ部屋でプロ生活スタート
本誌未掲載カット 吉田輝星 ダルビッシュや大谷翔平と同じ部屋でプロ生活スタート
本誌未掲載カット 吉田輝星 ダルビッシュや大谷翔平と同じ部屋でプロ生活スタート
  • 撮影会田園

Photo Gallary13

share icon記事をシェアする

  • Facebook シェアボタン
  • Twitter シェアボタン
  • LINE シェアボタン
  • はてなブックマーク シェアボタン

Photo Selection

あなたへのおすすめ記事を写真から

関連記事